スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
恐らくGAD。
全般性不安障害(Generalized Anxiety Disorder、GAD)。


1週間くらい前。

なんで私はこんなに不安でいっぱいで、いつも考え事をしていて、
暗い地獄から手が伸びて、その手に引きずられている感覚がして・・・
でも、その不安の原因ってなんだろうと考えてみても、
あまりに漠然としている。
漠然とした不安と、小さな不安のはけ口が「仕事」や「現状への不満」になっている。
ふとそう思った。

私が不幸かと言われてみればそうではなく、
恵まれていると自覚しているけれど、
でもこの不安はどうにもならず、頭から離れず、
毎日、夕方や夜になるとひどくなり、
そして日によっては夜泣きをする。
泣きながら眠る。


うつ気味だから、
今調子が悪いから・・・・と思っていたのだけれど、
よくよく思い返してみれば、
半年前も、一年前もそうだったなぁ、と。
まてよ、4年前だってそうだった・・・と。

それで、
「もしや全般性不安障害なのでは?」
と思い当った。

調べてみれば、ことごとく当てはまる。
精神症状も、身体症状も。

もういつからか、
怠いとか、疲れるとか、不眠とかだけでなく
急に全身の汗が噴き出したり、
ビクっと反応して身の毛がよだつ思いがしたり。

4年前の鬱が原因で、そのせいだと思っていたけれど、
その4年前(もしくはその前)からGADなのではと。



昨日ドクターにGADかもと話すと
「GADの患者さんは、
 例えば20年来の友達に会った後で、
 なんでああ言っちゃったんだろう、もう嫌われたかも。
 もう一生会えないかも。
 なんて考えたり。」
「後で一人反省会をする」
そんな人が多いと言われ、私もそうだと思った。

私も毎日が一人反省会。

余計なこと言ったかも、言い過ぎちゃったかも、
嫌われたかも、変だと思われたかも・・・・
あれで嫌われたらどうしよう、
もう終わりだったらどうしよう・・・・

そんなの日常茶飯事。

日常茶飯事だから、別段おかしいとも思うことなく、
それが私にとっての普通で。
おまけにずっとずっと前からそうで。
だから病気ということも考えなかった。

ところが今になってふと気づいて、思い当たってしまった。


「患者さんを見ていて、だいたい3割くらいはGADも持ってる」
「GADの方は、一つのことに関して、
 山ほどのことを考え、沢山のエネルギーを使う。
 鬱は言うなればエネルギー不足の状態だから、
 GADを持ってる方が鬱になりやすいのはある。」

とドクターは言った。

そして
「まだわからない部分も多い」
とも。

そりゃそうだと思う。


私は、鬱が先かGADが先かはわからないけれど、
(恐らく不自覚のGADが先だろう)
鬱になり、そして今になり、たまたま気が付いた。
でも、鬱にならなかったら気が付かなかった。

「考えすぎ」に近い部分もある。
度を越しているけれど。
身体症状があるのも確かなんだけれど。
もともと私は考えすぎだし、良い子でいたい人間だから。

考えすぎに近いから、
「考えすぎだよ」
と一笑に付して終わりになってしまうだろうし、
だから気が付かないのだろうと思う。

そして、自分のものの考え方、思考回路のクセに因るものも大きい気がする。
私なりに論理的に考えているのだけれど、
たぶんその論理を、頭を公開したら、
「えぇ!?」
と思われ、突っ込みどころ満載なのかもしれない。

でも私にはその論理が筋道が通っちゃっていて、
道が出来上がっちゃっているから、
そうせざるを得ないというか。

うまく説明が出来ずにもどかしいのだけれど、

何かがあり、
馬鹿みたいに山ほどのことを考え、心配し、
一人反省会を繰り返し、
沢山のエネルギーを消耗し、
結局は疲れてる自分がいる。


それが私で、
でもそれは私にとって今に始まったことでなく、
昔からそうで、
私と言う人間の一つのクセであり個性みたいなものかと思う。




「レクサプロを20mgに増やせば少し楽になるかもしれない。
 楽になったらもうけもの、という位のモノだけれど」

と言われたけれど、断った。
いまは下手に状況を悪くしたくないというのもあり。
一方で、これは薬では根本的に治らないと思ってるから。
(ドクターも身体症状は薬で抑えられるけれど、
 頭の中は・・・・と言っていた。)

なんとか「私はいつもこう考えてしまう」と自分で気づき、
「こう考えてしまうのは考えすぎだよ」と思えるようになるしかない。


GADになりやすい傾向があるということと一緒に
「病気」にはならないように、上手く生きていくしかないように思ってる。

だってそれが私だから。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

【2011/10/18 23:51】 | うつ病の話 | トラックバック(0) | コメント(2)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。