好奇心の賜物。
「エジプトはナイルの賜物」


そう聞いたのは確か中学校の社会の授業でのことである。
文明が栄えるには必ず河が必要であり、
そしてピラミッドや象形文字などなどを創り出した偉大なエジプト文明は、
ナイル川があったからこそ生まれたのだ、というお話。



さて。
歴史音痴の私が歴史について語れるはずはなく(笑)
言いたいのは、私の行動は好奇心の賜物であるということ。

カッコつけて書いてみたが、つまりは
「えーー?何それ〜?(ワクワク)」
と思ったら、
自分で見てみないと、確かめてみないと気が済まない
ただそれだけのことである。

これまでの海外渡航も留学も、ひいてはネイルや鍼灸、スムージーやサプリも、
全て好奇心故なのである。



今回、確かめずにはいられなくなったのが、
「お寺で修行」。
ついでに言うと
「断食修行」・・・


そもそもは仕事の都合上、今月は休みが多く、
「じゃあ前々から興味があった瞑想道場に行こうかな〜」
と思ったのが事の発端である。
こちらは千葉にある、ヴィパッサナー瞑想センターというもの。
ほら、私インド好きだし。
初回は10日間のプログラムなのだが、日程が合わず今回は断念した。


でも休みだし、何かしたい!!

と調べまくり、行き着いたのが断食修行である。

断食に関しては以前からたまーに個人的にやってるので抵抗感は露ほどもないのだが、
今回はお寺。
真冬の寒さ厳しい中まだ暗いうちに起きて掃除をし、お経を唱え、夜は9時に寝る
という生活が不安(笑)
でもそれが醍醐味であろう。


ケータイやPC、テレビとおさらばし、
お寺に身を置いて修行をしたら、
この煩悩だらけの私が少しはマシになるんじゃないか、
小さなことに心動かされることがなくなるんじゃないか
なーんて思って、
ついでに断食したら痩せるんじゃないか(これこそ煩悩。)
などと修行という観点からは有るまじき淡い期待を抱き、
今はまだかまだかと、期待にこの貧弱な胸を膨らませる日々なのである。


あぁぁぁ、楽しみ。
待ち遠しい。


念の為言っておくと私は無宗教ですが仏教は好きです。
スピリチュアルなものに興味はありません。
スポンサーサイト

テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

【2015/01/09 01:58】 | 雑談 | トラックバック(0) | コメント(7)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog