スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
断食修行
大分時間が経ってしまったが、断食修行の話を。



寒い寒い1月某日のこと。

朝5時に起きて身支度をし、海外旅行に行くかの如き大荷物を引いて電車に乗った。

バッグの中身に電子機器や食品は無い。
勿論タバコも無いし、薬も無い。
(ちなみに今更ですが、最近はほとんど精神科の薬は飲んでおりません)。
お風呂にも入れないので着替えもあまり無い。
入ってるのは僅かな身の回りのものと、大量のホッカイロに防寒具・・・・
寒いと噂に聞いていたからだ。


さて現地に着き、まずは指定の病院にて健康診断を受けた。
尿検査に血圧、聴診、問診のみという至ってシンプルな検査である。
そしてそこで誓約書を書かされた。

断食は人体にとってストレスであり、体調不良を起こす可能性がある。
全て理解し、自己責任で行う。

といった趣旨のもの。

お会計を済ませると、「頑張ってくださいね〜」と受付の方。
はい、頑張ります。邪念の塊ですが(笑)


お寺へと歩き、豪華な総門をくぐる。
これから5日、ここで断食修行と思うと、流石に煩悩と邪念の塊の私も、若干気持ちが引き締まる。


管理人さんのところへ行き、ここでもまた誓約書を書き、修行中の注意や説明を伺う。

そして案内され女子寮へ行くと、先客2人。
私と同日の入寮者1人で計4 人。
先客2人は布団にくるまり、寝ていた。
この時はわからなかったが、その後彼女達2人の気持ちが痛い程わかることとなる・・・・・


荷物を整理し、自分のスペースを確保すべく布団を敷く。
この布団、かなりパンチの効いた煎餅布団である。
一応"布団というものを敷いてます"程度のもの。
毛布も1人2枚までと言われたので2枚セットし、掛け布団はまさに修行。
とにかく重いのである。
いや、私は重い布団の圧迫感は好きなのだが、これは重過ぎである。
寝返りがうてないのではなかろうかと思うほどである。


ここまででまだ10時。
外へ出て(ちなみに修行中は境内の外へは出てはいけない)、地図を片手に境内を一通り散歩。
かなーり広く、公園まである境内。
ぐるっと散歩すると結構時間がかかる。

それでも半日かかるはずはなく。
暇なのだ(笑)
寮へ戻り、本を読もうとするも、とにかく寒い。

そう、とにかく寒い。
折しも1月下旬の一番寒い時期。
寮は昭和の香り漂う木造建築で、木の引き戸は隙間風がピューピュー。
勿論障子も隙間風。
10畳2間続きの部屋には、申し訳程度の小さな電気ストーブ2つ。
給湯器はなく、水は冷たい井戸水。


たまーに自分でも断食をやってる私としては「食べない」ことへの抵抗感は皆無であり、
辛さもほとんどないだろうと踏んでいた。

確かに、その点は全く問題なし。
(慣れてない方は、気持ち悪くなったりするようで。
事実、私と同日の入寮者は、夜中、トイレに駆け込み吐いていた。)

しかし、とにかく寒さが辛い。
着込んで、カイロを貼りまくって、布団を被っても寒い。
だから布団に潜り込み暖をとる。
ひたすらじっと耐えることとなる。


18時〜19時にもなると、することもなく寒いので、みんな寝始める(笑)
私も例に漏れず、寝る。
21時消灯だが、それを待たずに寝ていた。
寝られない〜と言ってる普段の私は一体何なのだろうか。


朝は5時起床、5時半の点呼、そして6時に朝のお勤め。
普段5時に起きることなんてないが、流石にいっぱい寝てるせいか、寒いせいか、さっさと起きる(笑)

この朝のお勤めだが、これまた寒い。
板張りの大きな本堂の床に小一時間座ってると、足やお尻が冷え切る。

明るくなり始めた7時にお勤めが終わると、あとは基本、一日中フリー。
夕方のお勤めがあることもあるが、これはお坊さんの都合によって。
私は3日目に夕勤に参加した。
夕勤は朝とは違い、自分達の為にお坊さんが来てくださり、一緒にお経をあげる。
そして疑問や質問があれば答えてくれる。
なかなか興味深いお話だった。


さて。
朝のお勤めが終わり外が明るくなったとはいえまだ朝の7時である。
よって部屋に戻り、また布団を被る。
布団を被ればウトウト(笑)
外が暖かくなるお昼前までこんな調子である。


あまりに寒いのでパジャマに着替える余裕なんて無く、
ずっと同じような服で過ごした私・・・。
勿論すっぴん。マフラーぐるぐる、ニットの帽子にマスク。
でも周りも似たようなものなので、全く気にならず(笑)

どうにか朝晩顔は洗ったが、井戸水で冷え切ってしまい、
洗顔後はストーブから離れられない始末。
1日1回はなんとか気合いを入れてシャンプーシートで髪を拭き、清拭シートで身体を拭いた。


最終日は朝のお勤めの後シーツを返却し、感想文を提出すればおしまい。
希望者は、前以てお願いするとお粥が頂ける。


断食修行(寒さに耐える修行?)の流れはこんな感じ。
長くなってきたので続きはまた次回。
スポンサーサイト
【2015/03/30 03:50】 | | トラックバック(0) | コメント(6)
予想外の。
なんだか疲れるなぁとは思っていたのだ。


思い返せば昨年の9〜10月頃から。
とにかく疲れるし、身体が怠い。重たい。
疲れで眩暈がする程なのである。
家へ帰って一度座り込めば、動けない。動きたくなんてない。
「お腹空いた」「ご飯食べたい」と思いながら、座ったまましばらく動けない・・・
寒いので、首までコタツに入りゴロン。
休みの日は、文字通り「一日寝てる」状態である。
「昼まで寝ちゃった〜」というレベルではなく、夕方まで寝てるし、動きたいけど動けない。
なんとか昼過ぎにベッドから這い出たとしても、今度はコタツでウトウトの繰り返しである。

掃除や片付け、お買い物・・・やりたいことややらなきゃいけないことは沢山あるのに、
あまりに怠くて、仕事と日々の最低限のことしかできない。
とにかく寝ていたい。
そして、寝たところで回復はしないのである。
だからサウナに通っていた。
少し疲れがマシになる気がして。

相変わらず浮腫みが酷く、身体が強張っている感じ。
ギッシリ詰まっている感じ。


おかしい。
なんかおかしい。

でも、歳かな。もう30過ぎだし二十歳の頃とは違う。
ただ疲れてるのかな。生活も不規則だし。
立ち仕事だし浮腫みはしょうがない。
もともと寝るの大好きだし。
私は怠け者だし。


などと思いながら、それでも違和感があり、自分で調べてみると
「もしかしたら」という病気が思い当たった。

甲状腺機能低下症。

症状も全て当てはまる。


でも。

寒がり もともと寒がりだし。冬だし。
低体温 もともと低体温だし。
疲れる いや、歳だし。
眠い もともといっぱい寝るし。寝るの大好きだし。
気力が湧かない 元来、怠け者だし。
浮腫み 立ち仕事だし
太った 食べてるし。
肌や髪がカサカサ 乾燥肌だし
声がかすれる タバコ吸ってるし
便秘 何を今更(笑)
言葉がもつれる 顎痛いし
思考力・記憶力の低下 最近頭使ってないから

などという感じでなんだかピンとこない。
当てはまると言えば当てはまるが、どれもこれも、他に思い当たる節がある。

でも悩むなら病院行ってハッキリさせよう、
違ったらそれでいいんだと言い聞かせ、甲状腺専門の病院を探したのだった。
いつもの病院でも良かったのだが、鬱の過去を知ってる所だと
これら症状を話したところで「うつ気味」と言われて終わりそうだったから。
そういう先入観無しに診てほしかった
から。



さて。
病院で喉の触診とエコー、血液検査をして1週間後。
結果を聞きに行くと

「橋本病ですね」

えぇーーーー?

びっくりした。
甲状腺機能低下症かもとは思ってたけど、喉の腫れはないし
身内に甲状腺疾患もいないから橋本病は疑ってなかった。

今すぐ薬を飲まなきゃいけないホルモン値ではないらしいけど、症状が辛いなら飲んでもいいかもと。
何れにしても定期的に検査に通うようにと・・・・

今回は薬無しで、また次回の結果を見ることになった。



病気といっても大した病気ではないし、
甲状腺ホルモンの薬は、体内で合成できない分を薬で補うってだけだからどうってこともない。
でも、毎日疲れるのは地味に辛いし、QOLは著しく低下する。

薬飲んでマシになるなら嬉しいなーとは思うが、人間の身体はそんなに単純ではないように思える。
薬飲んでもいいけど、飲むならしばらくは高頻度で病院通いだし、
ホルモン値が高くなり過ぎる心配も出てくる。(つまりパセドウ病)


あぁ、悩ましい。
そして健康第一。

そしてそして、欲深き女性としては、首が腫れて太くなり、
これ以上太ったらどうしようと恐々とする日々なのである。
また医療費がかかるかと思うと、本気で悲しいのである。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

【2015/03/03 01:52】 | 病院 | トラックバック(0) | コメント(12)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。