なんだかね。
なんで、という理由はわからないのだけれど、
「実家に帰りたいな〜」
と思い続けている。
実家に帰ったとこでホント田舎だし、
出かける場所も楽しいこともないのだけれど、それでも…。

この先ずっと向こうで暮らすつもりもないので
出来るなら、数ヶ月帰りたいというのが本音。
現実的に長期で帰っても、
それこそ仕事もないしバイトすら見つけるのが大変だと思うし。
バイトしても都内と違って最低時給700円代だしね…


毎日家にいるならお金もかからないけれど、
実は去年の語学学校やら海外放浪で貯金をはたいてしまっているので、
働かないとどうにもならず。
ここだけがネック。
ちょうど良いバイトがあるなら今すぐにでも帰りたいくらい。


今まで、こういう風に帰りたいって思ったことはなかったのに。
どうしたんだろ。
スポンサーサイト
【2017/02/26 22:10】 | ヒトリゴト | トラックバック(0) | コメント(0)
恥を忍んで…
恥を忍んで書くけれど…


昨夜、というか今朝、おねしょをした…



トイレに行く夢を見ていて、
トイレ…出てる…
え???
出てる???
えーーーーーーっ!?

っと飛び起きたら出てた(涙)
自分に呆れたし苦笑。
天気が良かったのが救い。


実は、大人になってからのおねしょはこれで2度目。
(ちなみに子供の頃はおねしょをしない子だったそうな)
1度目は数年前のことで、
その時は物凄くショックで愕然とした。
屈辱的だった。
いや、もちろん今回だってショックなのだけれど、1度目ほどではない(笑)


前回も今回も、原因を調べて考えての答えは
「極度の疲労とストレス」。
間違いないと思う。


ここ数日、疲れと緊張とストレスがピークなのは自分で実感していて、
今日はやっと休みだからゆっくり休もうと思っていた。

新しい仕事を始めて慣れない環境で気を遣いまくり、
仕事上、日々緊張の糸を張り詰めていて、
組織の中で働くのが苦手な私が、その中で首に縄を繋がれがんじがらめにされ、
甲状腺悪化?と思いたくなる位に体力的にも疲れ動けなくなっていて、
覚えることが山ほどあるのにさらに英語と中国語で脳味噌フル回転させて…

マズイなぁ〜
と思ってた矢先の出来事がコレ。

やっぱり、疲れてたんだね。
休まなきゃダメだよ!!っていう身体からのイエローカードだ。


必要以上に責任を背追い込み、頑張りすぎ、自分を追い込んでしまう自分自身を変えないと、
私はいつまでたっても生きづらいままだし、
やっぱり何よりは、
自分に合った生き方や生活や環境や仕事を本気で探さないと、
またいつか苦しくなるんだろうと思う。

忙しいのが落ち着いたら、ちゃんと考えなきゃ。


アタマが壊れるよりおねしょの方がいいけれど(笑)
でもおねしょもしたくない…
【2017/02/13 03:28】 | ヒトリゴト | トラックバック(0) | コメント(0)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog