外国語が話せるというスキル
アルバイトの契約更新で、上司と話し合いをした。

提示された時給は、周りと同じもの。
私は今回は交渉すると決めていて、またそれを宣言していたので、
「これは…決定ですか?交渉は出来ませんか?」
と伺い、
「えっ…それはどういうこと?」
という上司に話をした。


かいつまんで言うと以下の通り。

お客さんの7割は外国人である環境。
日本人で中国語が話せるのは私一人。
もちろんネイティヴでないので中国人スタッフ程は話せないが、中国語で一通り業務はこなせる。
中国語で電話も取るし、メールも返信してる。
中国人スタッフは電話が鳴っても取らないし、内勤業務はしない一方、
日本人スタッフである私は当たり前電話も取り、内勤業務もしてる。
シフトの融通もきかせてる。(中国人スタッフは曜日や時間が限られてる)
英語だって然り。
英語に関しては帰国子女がいるので彼らには敵わないが、普通には困らないレベル。
(ちなみに職場のオヤジ共は英語が全く話せない。日本語のみ。
更に言うと社員で英語がまともに話せるのはたった1名。
アルバイトスタッフも、皆が英語が話せるわけではない)
言葉ができることで、その分仕事は増える。
呼ばれれば自分の仕事の手を止め、対応してる。
お客さんだって通じなければ諦めるけれど、通じると分かれば文句を言うこともある。
矢面に立たされることもしばしば。
面倒な話が降ってくることもしばしば。

ハーフでなく帰国子女でない私たちは、自分自身の時間、お金、労力…
そういうものを投資して語学を身につけている。
努力して、大変な思いをして話せるようになった。
朝起きたらある日突然話せるようになっていたわけではない。

必要な環境で、実際に必要で…だから評価をして欲しい。対価を払って頂きたい。


そんなことを話して…
ちょっと上と相談させてくださいということで保留になった。


日本で働いていると、外国語が出来ても給料は変わらないというのは普通のこと。
今の会社は特別じゃなく、どこもそう。
「外国人が多いから助かるよ〜」
などと言われ、都合よく使われて…以上。

でもこれ、おかしいと思うんだよね。

ベースにはみんな一緒、それが平等、公平
っていう日本式社会主義と島国的感覚があるんだろうけれど、
じゃあ努力した人もしない人も同じだったら、誰が努力するの?
低きに流れる人間は…努力しなくなっちゃうよね?
若者が海外に行かないって嘆いてるけど、海外行くって楽しいことばかりじゃないもん。
お金掛けて大変な思いをする…そりゃ行きたがらないよね?
(まして新卒で若者でなければマトモに就職できない社会だから尚更)
アジアの他の国の人は英語が話せて、日本は話せないと言うけれど、当たり前じゃない?
話せることが給料に直結する国としない国。

語学に限らず、他のスキルも学歴も…往往にして。
フラッシュメモリを開発した東芝の技術者が、SAMSUNGに行ったのも当たり前。
日本の技術が韓国中国に流れたのも当たり前。


だから私は、日本に未来を見出せなくなる。
期待できなくなる。
この国にいたいと思えなくなる。


タイトルに戻って。
日本に於いては、外国語が話せるというスキルは、なかなか評価されない。

ただ外国語が話せると楽しいのは確かだから。
あくまで自分の趣味として勉強して、自分の楽しさの為に使うだけ。
スポンサーサイト
【2017/09/18 03:44】 | バイト | トラックバック(0) | コメント(4)
ランニング、その後。
気合を入れて始めたランニングのその後を。


最初の数日は見事なまでの筋肉痛で太ももがガクガク、プルプル。
もう何が辛いって、トイレ!
トイレに座るのが辛い!


それでも週3〜4ペースで走り…
いや、歩き…

実は体が重すぎて走れないのよ(呆)
重くて重くて走れない。
幾ら何でもウエイト落とさねばと思いながら、歩く日々。


と思ってたら靴が壊れ、
まぁ10年も前に買ったニューバランスだからしょうがないな〜
買うのもったいないな〜(←ケチ)
とついついケチって普通のスニーカーで走って(歩いて)たら…

見事に足痛めまして(涙)

泣く泣くアシックスのランニングシューズを買いました。
あぁ…諭吉が飛んで行った…


ここまでお金をかければ更に気合いも入るのが貧乏性のワタクシ。
新しいスニーカーってなんて走りやすいんだろう♪
とルンルン走ってたのですが…


風邪ひきました(涙)


普段、あまり風邪を引くことがないのだけれど、
熱出すし鼻は詰まるし、鼻水ズルズル、ひどい咳。
鼻水と咳が治るまでに2週間…

いやー、実はかなり疲れてたんですよね。
相変わらずの激務だし、休みがあんまりなくて。
おまけに仕事は基本夜勤だし。

そんなだから風邪が治らない治らない。



やーーっと風邪が落ち着き、先週からやっとランニング再開です。

筋肉痛再来!
しなくて良かった〜〜(笑)


とりあえず、歩かず走れるようになりたい。
この重たすぎる身体、なんとかしたい…
【2017/09/01 03:35】 | 日々つれづれ | トラックバック(0) | コメント(4)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog