スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
「さんねんねたろう」
金曜の午後に実家に帰り、また今日の夜、東京に戻ってきた。

たった2泊3日だけど、やっぱりホッとした。
大好きな両親が歓迎してくれて、
猫たちと遊んで、寝心地の良いベッドで寝て。
なんだろ。
特別何もなく、することもないのだけれど、
そこには「安心感」があるのだと思う。


いつも実家に帰ると、結局寝て過ごしてしまう。
それから、無駄に食べる・・・・。
普段ちゃんとご飯食べてないから、
「あぁーーーご飯っておいしいなぁ」ってしみじみ思ったり。
毎回牛になる。

起きて、食べて、寝て、食べて、寝て、お風呂入って、寝る

の繰り返し。笑
私自身も、そして両親も、
今のところはそれでいいと思ってるから構わないのだけれど・・・。



でも、今でこそ「それでいい」と思ってるけれど、
当然ながら気に病んでいた時期もあった。

なんで毎日毎日こんなに眠いのだろう。
なんで寝てばっかりなのだろう。
今日が何月何日何曜日なのかもわからなくなっちゃって、
私は頭がおかしくなってしまったみたいだ。
一体いつまでこんなことしてるのだろう。
どれだけ時間を無駄にすれば気が済むのだろう。
普通は働いてるのに、何で私は寝ているのだろう。
世間様に申し訳が立たない。

なんてね。


ある時、泣きながら母にそんな話をしたら、

 「いいじゃない。眠いんだから寝てれば。
  病気だから休んでるんでしょうが。
  病気だから、薬飲んでるから、眠くなるんでしょ。

  それにやらなきゃならないことがあるわけでもなく、
  お父さんもお母さんも、気にしてないんだからいいじゃない。
  好きなだけ寝てればいい。
  夜寝られなくたって、昼間寝てればいい。

  それだって、別に困らないでしょ?」

と、また納得させられた上に、次のような話をされた。

 「日本の童話に「さんねんねたろう」(三年寝太郎)っていうのがあるよね。
  お母さん、寝太郎もウツだったんじゃないかと思うんだよ。
  だって3年間も何もしないで食っちゃ寝してさ。
  しかもお爺さんとお婆さんが働いて、寝太郎はただ寝てただ食って。
  でもある日、『よっこいしょ』って起きあがって、
  田んぼに水を引いたんだっけ?
  とにかく偉業を成し遂げちゃったわけだよね。

  お母さんは、icoがずーーっとこのままだとは思ってない。
  半年や1年、食っちゃ寝してたっていいじゃない。
  さんねんねたろうみたいに、いつかちゃんと起きあがれるよ。
  そういう意味では、お母さん、icoに期待してるからね☆」


寝太郎がウツだったかどうかは、定かではないけど。笑
でもそんな昔話があることは確かなわけで。

他の誰でもなく、私の親がそう言ってくれて、
寝て過ごしていることを咎めないでくれて、
私はとてもありがたかった。嬉しかった。


周りから見たら、甘えてるって言われてもしょうがない。
いい年して、なにやってんのって思われたってしょうがない。

でも、1年や2年ここで足踏みしてたって、
その先のことなんて誰にも分からない。
未来なんて、誰にも見えない。
予測も付かない。

だから、いいじゃない。

今は、ちゃんと休むとき。
ちゃんと休んで、私も『よっこいしょ』って起きあがって、
また歩き出せばいいだけなんだ。
スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

【2007/10/29 01:48】 | 備忘録 | トラックバック(0) | コメント(16)
<<なぜ私は実家に帰るのか。 | ホーム | 溢れたコップ  24>>
コメント
> 通りすがり様
こんばんは〜

波…ありますね。ありました。
その波に翻弄され続けてたように思います。
今思うこと…そんな時期もあったなぁという遠い昔のような思いと、
遠い昔のことなのに、今でもハンデを背負わされてる苦しさと…複雑です。
長い時間を無駄にしたと思ってるわけでもないのですが、それに似た感情もあります。
鬱になったのも自分、治ったのも自分、治したのも自分。
今はそう思ってます。
周りのせいにする気は無いですが、日本社会独特な閉塞感や暗さ、生きづらさ、どうにもならないという諦観が漂う空気、
そういうものを呪いたい気持ちもあります。
このままじゃ、もっともっと鬱に苦しむ人が増えてしまう。

脈絡なく申し訳無いですが、今思うのはそんなところです。
ただ1個言えるのは、
どん底だったし、泣きながらもがき苦しんで生きてたけど、
もがいて足掻いて良かったな〜ということでしょうか。
あの時、消えちゃわなくて良かったと思ってます。

寒くなってきましたが、風邪など召されませぬようご自愛ください。
【2016/12/11 01:11】 URL | 管理人 #-[ 編集]
お返事いただけて嬉しいです。
こちらこそありがとうございます。

精神疾患はやはり波がありますから、直線状に綺麗に治っていく方は少ないと思います。現に私も様々な症状と付き合いながら、はや6年になります。その年月の長さ、重みに最近絶望感を感じ始めました。icoさんはどん底を乗り越えて今、何を感じられていますか?
【2016/12/10 02:45】 URL | 通りすがり #-[ 編集]
> 通りすがり様
初めまして。
コメント頂きどうもありがとうございます。
そして返事が遅くなり申し訳ありません。

以前の記事を読みコメントくださる方がいるのは大変嬉しいです。
どうもありがとうございます。

大丈夫!
よっこいしょ!出来ます。
ヘタレの私もちゃんと立ち上がれましたから。
休む時は休んで、英気を養ってください。
【2016/11/26 01:54】 URL | 管理人 #-[ 編集]
はじめまして。
今の自分と全く同じ状況のことが書かれていたのでついコメントしてしまいました、
投稿は…2007年。3年どころか9年前ですね。
一つの事をこんなに続けられていることも凄いです。
私もよっこいしょ出来るでしょうか。
しなくちゃいけない気持ちはどこかにありながらも今は生きることを考えるのが辛く、また自己嫌悪に陥って。永遠ループにはまっています。
この記事を読んで寝ててもいいのかなって少し思えました。
【2016/11/08 12:25】 URL | 通りすがり #-[ 編集]
>tomo様
こんばんは☆
エヴァ、懐かしいです・・・・
劇場版見に行こうと思いつつ、結局行かず終い。笑
DVD出たら借りてきます☆

ねたろうは・・・よくわかりませんが、
プラス思考で行きたいと思ってるので、ねたろうも鬱だったということで。苦笑
「よっこいしょ」って起き上がれるときが来るんだよー
っていうお話だと解釈しましょう・・・
ニートね・・・あながちありえない話ではないので・・・
うぅーむ。
【2007/10/30 02:49】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
icoさんこんばんわー。
今日は久しぶりにエヴァンゲリオンを後半半分一気見して夜更かし気味です・・・。
久しぶりに見ると中々面白かったですわ。
小学校以来久しぶりに見ましたよ。

三年ねたろうはどうなんでしょうねえ。
今で言うニートってやつじゃないのかい?って思いもするんですが。(笑)
どう考えても流石に3年は寝すぎです!
でもicoさんは現時点で「動かなければ」という意識があるだけマシですよ。
あとはそこにちょっとしたきっかけが必要なだけですから。
ニートにならないようにだけ気をつけてください☆
【2007/10/30 00:45】 URL | tomo #-[ 編集]
>抑うつ父さん様
はじめまして。
お名前は何度も拝見させて頂いてます☆
コメント頂きありがとうございます。

私も将来、親になることがあったら、果たして母のようにできるのか・・・
あまり自信はないですが、でも母の血が私に流れてると思うと心強いです。笑
まだ若い、そう思いつつあっという間に歳をとってしまいそうでちょっと怖いですが、
のんびり行こうと思います。
そちらにもお邪魔させて頂きますね♪
【2007/10/29 23:31】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
始めまして。
だいずさんのコメントのとこから飛んで参りました。
8/24のお母様のお話しと言い、今回のお話といい、とても素晴らしいお母様がいらっしゃって、羨ましくもあり、また自分も親として、同じように子供達に接してあげられるだろうか、などと考えてしまいました。
icoさん、まだまだお若いですから、何でもできますよ。きっと。
私なんか40歳過ぎても寝てばっかりですよ(笑)
またお邪魔します。応援ポチ♪
【2007/10/29 23:13】 URL | 抑うつ父さん #-[ 編集]
>だいず様
こんばんは。
懐かしいですよね、三年寝太郎。
『よっこいしょ』できるまでねたろうでいいんですよ。
私もしばらくねたろうをやって、
それでここ最近少し動けるようになってきましたし☆
ねたろうをすることが、今は一番の治療なんです。
【2007/10/29 23:09】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>akatokikudachi様
こんばんは。
うちの母も、色んなことを乗り越えて今があるのだと思います。
だから私も「よっこいしょ」って起きあがった後は、
少しは母を見習えたらいいなーなんて。笑
akatokikudachiさんも、いつかちゃんと起きあがれますよ。
今はそのための準備期間だって言い聞かせて休みましょ☆
【2007/10/29 23:05】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
さんねんねたろう…そんな昔話、ありましたね。
まさか『うつ病』の文脈ででてこようとは…です。

お母さま、やはりすごいですね。
私まで『よっこいしょ』できるまで、ねたろうを決め込もう…なんて思ってしまいました。
でも、それでいいんですよね。
【2007/10/29 16:52】 URL | だいず #-[ 編集]
こんにちは。
お母様すてきですね。なんだかココロが明るくなるようです。三年寝太郎を、こういうたとえ話にできるなんてスゴいですね~。うん。すごいです。
私も、いつか「よっこいしょ」っておきあがります。
【2007/10/29 14:42】 URL | akatokikudachi #-[ 編集]
>rose様
こんにちは☆
私もまだまだ寝太郎の状態です・・・・。
でも、ちゃんと休めば起きあがれると信じてます。
roseさんも、今は休むときなんですよ。
休み終わったら、「よっこいしょ」ってちゃんとまた立ち上がれます☆
roseさん始め、ここのみんながまた立ち上がれることを祈ってます。
【2007/10/29 11:52】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>Bulb様
こんにちは。
今日もお早いですね・・・・大丈夫ですか?

ねたろうはオヤジ化していたのか、
はたまた相当身体が重たかったのか・・・
ってオイ!!

でもたまに、気づくと私も立ち上がるときに
「よっこいしょ」とか言ってたりします。笑
【2007/10/29 11:46】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
icoさん、おはようございます。

本当ですね^^
>ちゃんと休んで、私も『よっこいしょ』って起きあがって、また歩き出せばいいだけなんだ.
とても良い言葉聞かせていただきました。私もまだまだ「よっこいしょ」まではいっていませんがいつの日か「よっこいしょ」が来る事を願っています。
さすがicoさんのお母様ですね。良い事おっしゃる☆
【2007/10/29 09:37】 URL | rose #n08XGfOg[ 編集]
icoさん
こんばんわ。いや、おはようございます。かな?
さて、ねたろうのお話ですが、よっこいしょ。って起き上がるってことは、軽くオヤジ化してたってことですよねw
くだらないコメントですみません(苦笑)
【2007/10/29 05:12】 URL | Bulb #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://utsubiyori.blog109.fc2.com/tb.php/109-2de8fd1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。