スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
認めるということ ~自分のものさし~
海外で生活をしていて、
もちろん楽しいこと、嬉しいこと、感動することが沢山あった。
その一方で、辛いこと、嫌なこと、悲しいことも沢山あった。

自国を出て、外から眺めることで、
改めて日本という国を見つめ直すキッカケになり、
日本の良いところを再認識し、
日本の悪いところにも気がついた。
結局私は日本人で、そして日本を愛してることも気がついた。
(この辺の話はそのうちまた書きます。)


海外生活で一番苦労したのが「文化の違い」。

こう文章にしてしまうと簡単だけれど、
実際に体感すると簡単ではない。

私は大学生の頃、色々と旅をしてきたからある程度は大丈夫だろうと
自分自身に対して変な自負があったのだろう。
その自負は、見事にも崩された。

旅と生活は全く違う。



挨拶一つ、謝り方一つ違う。
食事も、買い物の仕方も違う。
道を歩いていて見る風景も違う。
人々の表情も違う。
何もかもが日本とは違う。

そしてそれら全ての根底には「文化の違い」というものが存在する。


当然、文化の違いは”違い”であり、
どっちが正しくてどっちが間違っているというものではない。


それでも日本で生まれ育ち、日本の文化を身に付けている私には、
「なんで?」と思ったり、イライラしたりすることもあった。


そして結局、私が考えて、最後にたどり着いた結論は、

 「認める」

ということだった。
自分の”ものさし”を捨てて、相手の文化を認めること。
自分が受け入れられるかどうかはまた別として、
認め、尊重することが必要なんだとつくづく思った。


国際交流やら、外交やら、とにかくそういうもの全てに於いて、
まずは自分の自分たちのものさしを捨て、
相手を認めることから始めなければならないのだと痛感した。



さて。
日本人と外国人が交流=communicateする上で、自分のものさしを捨てて
相手を認めることから始めることが必要だと書いたが、
日本人同士ではどうだろうか。


私は日本人同士でも、communicateしていく上でものさしを捨てるというか、
ある程度そのものさしを緩める必要があるのではないかと思う。
相手を認める為には、それは必要不可欠なのではないかと思う。

人はそれぞれ、全く違う遺伝子を持っている。
産まれ育ってきた背景が違う。
親の教育も違う。
学校での教育だって違う。
育ってきた時代も違う。
場所だって違う。
見てきたモノ、感じてきたモノが違う。

そしてなにより、
価値観、priority、感性は人それぞれだ。

全く同じ人間なんて存在しない。
むしろみんながみんな同じだったら世の中が画一的でつまらない。
感動を受けることや感性を刺激されることだって無くなってしまう。
だから違いがあって良いのだと思ってる。


友達や恋人を作るとき、
無意識にこの違いが少ない人を選んでいるのか、
はたまた違いを面白いと思い、選んでいるのか。

その辺はよく分からないけれど。

(ちなみに、とある人から、
 「結婚するなら、限りなく価値観が近く、
  何か一つでも相手に尊敬出来るところがある人と結婚すればなんとかなる」
 と昔言われたことがある。
 それは、ホントにその通りかな、と思う。)


違いがあるからこそ、時に衝突だってある。

子供の頃、
 「人間だから好き嫌いがあって当然だ。
  嫌いな子がいたって当たり前だと思う。
  でも嫌いだからっていじめてはいけない。
  それは差別だ」
と繰り返し母に言われたが(小学校低学年の子に言う台詞か?と今になって思うけど。笑)
大人になった今だって、そうだと思う。


communicateしようと思ってもできない相手、
したくない相手だっている。

私は聖人君子じゃない。
むしろその逆。
嫌いな人は沢山いる。
自分のものさしを捨ててみても、理解不可能な人だっている。

それでも、受け入れることは不可能でも、認めることはしようと思ってる。
尊重する努力はしようと思ってる。

あぁ、こういう人もいるんだな。
なるほど、こういう風に考える人もいるんだな、と。



生きていく上で色々な人と関わり、communicateしていくわけだけれど、
その人と人の間には必ず違いがあり、
そして違いを乗り越えたり、はたまた乗り越えられなかったり。

でもそれでいいじゃない、と私は思う。

乗り越えられなくたって、違うんだって認識することで十分だと思う。
違いを非難する必要は、どこにもなくて、
そんなことをして、そんなことをされて、気分がいい人なんていないと思う。


違いは個性。
十人十色。
世界60億の人間は60億の色がある。

そういうこと。


だから、私は、
鬱病という病気を受け入れられない人がいるのも当然だと思ってる。
他人から理解されなくても、しょうがないと思ってる。
例え、それが家族であっても。

でも、理解はできなくても、受け入れられなくても
「そういう病気があるんだ」「病気=大変な思いをしているんだ」
と、もう少し、世の中全体が鬱病を認識してくれたっていいじゃないって思う。


   *   *   *


皮肉にも、コレが階段を突き落とされる直前に下書きしていた記事。

伯母は、鬱病という病気も、そして病気の私も認めてくれている。
それでも、伯母のpriorityやらで、私は時々突き落とされる。
そんなもんだ。


幸いながら、私の両親は、
「病気のicoも、icoという人間の一部分」として認めて、
さらにちゃんと受け入れてくれている。

さらに母に至っては、本を読んで勉強したりして、
どうしたら私にとって居心地が良いのか考えてくれている。
私が傷付くこと、負担となることはしないでくれている。


病気の私も、私として認め、受け入れてくれている人がいる私は、
とても幸せだと思う。
これ以上の高望みなんてしない。
これで、十分だよ。



読んで頂きどうもありがとうございます☆
私の原動力にご協力お願いいたします。

     ↓          ↓          ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ FC2ブログランキングrankingバナー
スポンサーサイト

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2007/11/23 02:33】 | 雑談 | トラックバック(0) | コメント(14)
<<溢れたコップ  26 | ホーム | 24歳、無職の女性。>>
コメント
>HARU様
こんばんは。
コメントどうもありがとうございます。

HARUさんはまだご家族にカミングアウトしてないんですね・・・
私も最初は言えなくて、自分一人の秘密にしておくつもりでした。
でも、うちの母なら大丈夫、そんな思いがあったので話し、今に至ります。

HARUさんもいつか、ちゃんとご家族に理解され、
受け入れられてもらえることを祈ってます☆
【2007/11/23 21:38】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>翔貴様
こんばんは☆

私も偉そうにこんなことを書きながら、
仰るように、言うは易し・・・・です。苦笑
あまり気を遣いすぎるのはどうかとも思いますが、
自分の負担とならないようにしながら、
常に頭に入れて生きていきたいですね☆
【2007/11/23 21:34】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
こんにちわ。お久しぶりです。
私も毎日、親に話そうかどうか、迷っています。
受け入れられるかどうか、余計な心配をさせてしまわないかどうか・・・そんなことが気がかりで、話したいと思っても、まだ、話すにいたっていません。
icoさんは、お母さんから理解され、協力されているのですね。うらやましいです。
私もいつか話せたら、そんな関係になりたいです。。
【2007/11/23 21:33】 URL | HARU #ir4DAfrc[ 編集]
>LiGuang様
こんばんは。
コメントどうもありがとうございます☆

「あなたは、あなただから、かけがえがない」
たしかにそうですね・・・・
世界に一つだけの花みたい。w
でも仰るとおり、例え私にとっては理解が出来ない人でも
誰かにとってはかけがえの無い存在なのでしょう。

皆が人を認め、心を病む人がいなくなることを切に願うばかりです。
【2007/11/23 21:30】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
icoさん、こんばんは~♪

全く同感です!
最近良く人付き合いの事を考えるんですが、
お互い認め合い尊重し、時には譲歩する。
言うは易しで中々出来ませんけど、
これを常に頭に入れて人付き合いをしたいな…と思ってます。
【2007/11/23 20:47】 URL | 翔貴 #-[ 編集]
icoさん、こんばんは。
「あなたは、あなただから、かけがえがない」という言葉があります。何かの標語みたいですが、僕の回復途上を支えてくれた言葉です。
他人の違いを理解する。自分には無関係でも、嫌な奴でも、誰かから見れば「かけがえがない」存在かも・・。
違いを認めずに、自分に同化させようとしたり、無理に従わせようとする人間が皆無なら、この世は平和で、心を病む方もいなくなるのでは、と思うくらい、人を認めるって大事ですよね。
>それで十分だよ。
僕もまったく同感です。
【2007/11/23 20:46】 URL | LiGuang #-[ 編集]
>tomo様
こんにちは~
アメリカから日本へ。
やはりそこにも文化の違いがあり、戸惑いますよね・・・。
日本人は自己主張ができないと言われますが、
日本はそういう文化であり、
また世界を台頭している国つまりアメリカが自己主張をする国で、
彼らにはその辺の「違い」を認める努力をして欲しいなーなんて。w

話が逸れちゃいましたが。
たしかに鬱病は、経験したことがある人しかこの辛さはわかりません。
だから「そういう病気があって、辛い思いをしている人がいる」
と認めてくれる人がいてくれるだけでいいと思ってます。
私も経験者が増えることは望んでませんから・・・苦笑
【2007/11/23 14:29】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>小玉米様
こんにちは☆

最初、留学先が嫌いになったというご経験、とてもよくわかります。
私も同じでした。
それでも周囲は「留学いいなー」「楽しいでしょ?」と言う。
結構辛かったですね。
私も同じように、これじゃいけないと思って、
「認める」ことを始めようと思い立ちました。

>自分の心身を守るのは自分しかできないんだ
仰るとおりです。
自分を一番理解しているのは自分。
やっぱりココロに正直に、自分で自分を守らなきゃいけませんね・・・
【2007/11/23 14:23】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>Kei様
こんにちは☆
今日は私も比較的スッキリ起きられました。
快復に1週間、そんなペースです。w

共感頂けて嬉しい限りです。
受け入れられる人もいるし、受け入れられない人もいる。
受け入れられなかったら、あーーこういう人もいるんだなって割り切る。
でもその割り切りがなかなか難しかったり・・・苦笑
やはり人間関係って難しいですね。
【2007/11/23 14:17】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>Bulb様
こんにちは。
随分早起きのようで・・・・
寒くなってきたので身体にお気をつけくださいね。

円満な人間関係とものさしの加減、難しいですね・・・。
仕事であったり、どうしても付き合っていかなければいけない人の場合、
そういう人もいるんだ~って割り切れなかったりしますし。苦笑
【2007/11/23 14:12】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
icoさんおはようございまーす。
えーと、物心ついた頃からアメリカに住んでた人間としては、確かに日本に帰ってきた時(小5くらい)は色々と文化の違いに戸惑いました。
二年に一度は夏休みに日本に遊びに来てはいたんですが、主に学校や友達づきあいの文化に戸惑いを感じた記憶があります。
まあそういう経験があったからこそ今まで多少のことでは動じなかったのですが、今回はおそらく自分が「自分自信の変化の容認」に失敗したのだと思っています。

鬱病のことは、経験した人ではないとこの絶望感やら独特の抑うつ感は到底理解できないと思います。
なので、例えばicoさんのお母さんのように、「分かろうとしてくれる」ことにありがたく思うようにしています。おそらく経験しなければ理解できないでしょうし、あまり「理解できてほしくない」のもあるので。(苦笑)
【2007/11/23 10:00】 URL | tomo #-[ 編集]
理解する受け入れるというのはとても難しいことなのかもしれませんね。
わたしも短期で中国に滞在して(わたしも旅行が大好きでどこに行っても適応力があるので大丈夫って思っていました)最初の3ヶ月は中国が大嫌いになり、そのあとは「こんなんじゃなんか損した気分」って思い楽しく過ごそうと考えを変えました。
きっと、病気も痛みも辛い事も経験しないとわからない事なのかもしれませんね。だからわたしは無理にいやな事、いやな付き合いはしなくってもよいと思います。自分の心身を守るのは自分しかできないんだって思います。その自分の精神がどれだけ弱ってるかもわからない時があるんだもん・・・。だからicoさんも無理だけはしないでね。
【2007/11/23 09:59】 URL | 小玉米 #-[ 編集]
icoさんおはようございます。今朝もスッキリ起きられたKeiです。
今日の文章、すごく共感いたしました。

>世界60億の人間は60億の色がある。

そうだと思います。例え日本人でも、それぞれの環境で育ってきたのだから。同じ環境においても兄弟でも性格は違う。だkら、個人の違いを受け入れる(認める)ことって必要なんだと思います。icoさんが言われた、ものさしを緩めることはまさにそういうことなんだと思います。あぁ、こういう人もいるんだぁぐらいでいいのではないでしょうか。
少し回復されたようで、嬉しいです。
【2007/11/23 07:10】 URL | Kei #-[ 編集]
icoさん
相手に対してものさしを緩めると言うこと。
仰るとおりですね。
円満な人間関係を築く上では、重要だと思います。
譲ってはいけない部分もあるとは思いますが、やっぱり加減次第なんでしょうねw
生きるって、難しいですねぇ~
【2007/11/23 04:17】 URL | Bulb #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://utsubiyori.blog109.fc2.com/tb.php/132-1f0245a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。