スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
「壊れ物注意」
よく、宅配便に貼られているあのシール。
あれが人間にも応用できたらいいのにと、たまに思う。


今の私は壊れやすい、薄氷。
段々厚みを増してきて、割れにくくはなっているけれど、
それでも衝撃を加えられたら

 「パリン」

と音を立てて割れてしまう。

一度割れてしまうと、また元に戻すのは、なかなか大変なんだ。
だから割れないように、溶けて薄くならないように、
自分でも気をつけながら生きてるんだ。


私は今、嬉しいことに好調をキープしてる。
けれどそれは、あくまで「鬱病」である中での好調
毎日10錠もの薬を飲んで、
物忘れしないように、大切なことはメモするようにして、
自ら傷付かないように気をつけて、
それで好調をキープしてるんだ。



 鬱病だから守ってください。
 鬱病だから優しく接してください。
 鬱病だから傷つけないでください。
 鬱病だから厳しいコト言わないでください。
 鬱病だから、
 鬱病だから・・・・・。

そんなことは言うつもりはない。
皆無だ。
私は腫れ物に触るように扱われたくはない。
同情だってされたくない。


でも、わざと傷付けるようなことはしないで欲しいと切に思う。
これは病気だからじゃなくて、人として。



前にも書いたけれど、
人は無意識のうちに他人を傷付けてしまうことがある。
だから、意識して人を傷付けてはいけないと私は思ってる。

でも、私がそう思ってるってだけで、
そうじゃない人もいるのが世の中なんだ。




前書きが長くなったが。
今日、このブログを始めて2度目の中傷?を頂戴した。


「お願い」として、

 「管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。」

と一応書いてあるけれど、そんなものはあまり通用しない。

私は、相手の顔が見えないインターネットという特殊な世界で、
不特定多数の方が見るブログというものを書き、
また、ブログランキングなんぞにも参加している。
嬉しいことに、かなり訪問者数が増えてきた。

私が書いていることに「共感します」と言って下さる方もいるが、
一方で、理解できない方もいるのは当然だと思ってる。
病気自体に理解できない方もいると思うし、
また生意気なコトを書いているので、私に反感を持ってる方もいるだろう。


それは十分わかってる。
わかってる上で、ブログを続けてる。
それでも、やはり・・・傷付くのだ。



1度目は、コメントだった。

コメントの内容は尤もだと思った。
申し訳ないけれど、そのコメントは削除させて頂いて、
その旨をコメレスさせて頂いた。


今回は、メールフォームからメールを頂いた。

詳しい内容は伏せるけれど、

 「自慢ばっかり」

だと言われた。


確かにそういう目で見れば、そういう風に読めば
ここ最近の投稿は、特にそうかもしれないと、自分自信頷いてしまった。

気分を害された方々、本当に申し訳ありません。




私は、このブログで自分が病気でどれだけ辛いか、
どれだけ苦しい思いをしたか、
あまり書いてこなかったように思う。

ブログを始めた頃は、ある程度マシになっていたし、
その頃は毎日更新していたわけではなかったから、
落ちている日は更新しなかった。



今だから書くけれど。

本当に酷かった頃は、
何度も何度も死にたいと思った。

この世の全ての人から、icoという人間の記憶を消し去って、
私はいなくなってしまいたいと思ってた。
自分が存在してるだけ無駄だと思っていた。
死んで、この世から消えることばかり考えてた。
マンションの13階から飛び降りることばかり考えてた。

とにかくベッドから出られない毎日で、
ご飯も食べたくなくて、トイレに行くときだけベッドから出る日々。

映像も、音楽も、些細な物音さえたまらなく苦痛だった。

何もしていないのに、疲れが抜けなくて、
毎日怠くて、身体が動かない。
肩こりが酷くて身体が痛い。

そして意味もなく不安になり、涙が溢れてとまらなくて。
泣いても泣いても、涙はとまらなくて。

皮膚描画症が痒くて痒くて、眠れなくて。
逆に、起きると掻き壊して血が出てたり。

腸炎を起こし、毎日お腹が痛くてトイレと友達になったりもした。

過食嘔吐を繰り返したこともあった。
逆に食欲が無くなって、まったくご飯を食べる気にならなくもなった。

胃酸過多で、どこにいてもいきなり吐き気がこみ上げ、
「ウプッ」と思いながらトイレに駆け込んだりもした。

この世に、自分だけ、ひとりぼっちになってしまった気がした。
友達も、家族も、誰もいないような気分というか、
誰一人私のことなんて気に掛けてくれないというか、
わかってくれてないというか、
なんとも言い難い、猛烈な孤独感ばかりあった。


夢も、目標も、希望も、未来も、何もないと思ってた。
とにかく、毎日時間が過ぎていくことが苦痛だった。
全てが苦痛だった。




そんな状態から、なんとか私は立ち直ってきた。

幸いなことに、家族、特に母の理解と愛に支えられ、
周囲の人間も温かく接してくれて。
会社の方々も何一つ嫌なことは言わないでくれた。

そして、このブログ読者の皆様にも
同じ病気を共有し、辛さがわかるもの同士として、いっぱい元気をもらって、
私はなんとか、ここまで快復してきた。
そして、このまま治して、社会復帰するんだって思ってる。
苦しみを味わった分だけ、優しい人間になるんだって思ってる。



私は、自慢するつもりでブログを書いているわけではない。
人を傷付けるつもりでブログを書いているわけでもない。
誰かを嫌な気分にさせるためにブログを書いているわけでもない。


ただ、
99%の自己満足と、
1%の鬱病への理解、誰かの役に立てたらという傲慢な気持ちで書いている。
それだけなんだ。



感情的になってしまい、申し訳ありません。
今日は要点もわからずめちゃくちゃな文章ですが、ご協力よろしくお願いいたします。

     ↓          ↓          ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ FC2ブログランキングrankingバナー
スポンサーサイト

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2007/12/22 01:36】 | うつ病の話 | トラックバック(0) | コメント(32)
<<溢れたコップ  28 | ホーム | 海へと流れる川。>>
コメント
>トマト様
はじめまして。
コメントを残していってくださってどうもありがとうございます☆

うつは、絶対に治ります。
その証拠に私がいます。
どん底だったあのときから、今では普通に生活を送れるようになってます。
もう少ししたら、社会復帰もできると思ってます。
だから大丈夫。
あまり悲観しないで、自分を責めないでください。

こんなブログでよければ、いつでも訪問してください。
私としては嬉しい限りですから♪
トマトさんが快方に向かわれることを心よりお祈り申し上げます。
【2008/02/03 16:33】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
icoさん、はじめまして☆
うつ病のことでブログを書いておられる方を探して、たどり着きました。
私もicoさんと同じ24歳。
今日も一日布団の中で泣いたり、イライラしたり、ご飯も食べず・・・そんな状態でした。
icoさんと同じ状況に、私だけじゃないんだって思えて少し楽になりました。
私もブログを書いてみようかなと思ってます。

回復することを願って、これからも遊びにこさせていただけると嬉しいです。
【2008/02/02 18:09】 URL | トマト #-[ 編集]
>ぽんた様
こんにちは☆
コメント&応援どうもありがとうございます☆

あまり傷付いてはいないんですよ。
その中傷も尤もだなーと思う部分も多々ありますし。
ただ、良い気分がしないのは確かですね。苦笑

我が子の成長って・・・・
あまり歳かわらなじゃないですかーw
楽しみにしてくださってる方がいる限り、極力続けていくつもりですので、
今後ともよろしくお願いいたします。
【2007/12/24 11:55】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
icoさん、こんばんは。
そうですか。誹謗・中傷のメールがあったのですか。
誹謗・中傷なんて気にしないでください。もしもその人がうつ病で闘病中の方でしたら、同じ病気を抱える人間として恥ずかしい限りです。
でもなかなか気にするなっていわれてもそれが難しいのですよねー。お気持ちわかります。
確実に言えることは、私はicoさんのブログを楽しみに読ませていただいているということ。(まるで我が子の成長を楽しみに見ている親のような気持ちです。まだ私も20代独身ですが。)
icoさんファンの一人としてこれからも応援しております☆
【2007/12/23 20:56】 URL | ぽんた #-[ 編集]
>やのじ様
おはようございます。
川平風の力説、どうもありがとうございます☆

仰っている意味はよくわかります。
それでも自分ながらに反省する点はあるかな・・・と。
でも心強いサポーターの方々がいるので、
これからも私の文を書いていこうと思っています。
どうもありがとうございます。
【2007/12/23 10:04】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
ico様、おはようございます。やのじです。

申し訳ありません、混乱させてしまって。
違うんです。
自慢話といっても、「私って凄いだろ」という嫌味のような高慢さのある自慢と、「仲間に私の元気を分けてあげたいから、私の元気の素を紹介するね」という勇気付ける為の自慢(松井選手が子供達に、自分の子供の頃の話を聞かせてあげているような感じ)とあって、ico様は後者なんです。
あーもう、自分の表現力のなさに腹が立つ。
決して悪い意味じゃないんです。イチロー選手や松井選手が「こんな苦労があったけど、諦めなかったから、メジャーリーガーになれました。」というのも一種の自慢ですが、高慢ではないですよね?
上手く伝わらないかなあ・・・ico様も、頑張った人であり、苦労のあった人だから、高慢じゃないですよって事なんですけど・・・。
とにかく、反省する事なんかありませんから。
調子のいい時に、調子に乗らないと、いつ乗るんですか(笑)。調子のいい時は、ガンガン調子に乗っても、いいんです!!(力説する川平風)
確かに、どう書いていい解らないときもありますよね。私の「がむしゃら」の方の先日、一昨日の記事がそうでした。考えに考えて、悩んだ挙句、感情のみで書き殴ってしまいました。でも、後悔も反省もする気はないです。全身全霊をかけ、魂を込めて、思いのたけをぶちまけた、むしろ「コレを読め、こんちくしょー」って自慢げです(笑)。
言葉足らずで、惑わせてしまい、申し訳ありませんでした。これからも、自由奔放に書き綴っていただけるよう、心から切に願っております。

せんせー、後で反省文を提出しときまーす。
【2007/12/23 09:57】 URL | やのじ #WG2aBvnQ[ 編集]
>やのじ様
こんばんは。
コメントどうもありがとうございます。
やはり自慢話に見えていましたか・・・・
調子に乗ってたようで、本当に反省してます。
正直、今はこれから何を書いていいのか、少しわからなくなりつつあります。
小心者ですから。苦笑

拍手コメントまで頂き、本当にどうもありがとうございます。
やのじ様、ありがとうございます。
【2007/12/23 02:48】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>抑うつ父さん様
こんばんは☆
仰るよう、調子がよかったことが裏目にでてしまったようです。
ついつい調子に乗ってしまった自分に反省しております。

私自身も、しょうがないなーとは思ってます。
あとは父さんさんの仰るとおりの気持ちでこれまでやってきました。
でもまぁこれも一つのキッカケなんでしょうね。
自分のブログを見つめ直すための。

色々とどうもありがとうございます。
【2007/12/23 02:43】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>翔貴様
こんばんは☆
翔貴さんの記事、確か「fragile」でしたよね。
あのときはわざわざメール頂いてありがとうございました。

十人十色で、やはり色々な受け止め方があるのだなと
改めて思いました。
自分が情報を発信している、このことを忘れずにいようと思いました。

でも仰るよう、あくまでマイペースでのんびりいきたいと思います。
どうもありがとうございます。
【2007/12/23 02:37】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>Kei様
こんばんは。
コメントどうもありがとうございます。

正直、今回はあまり傷付いていない私がいます。
いや、全く傷付いていないといったら嘘になりますが、
悲しいというか、怖いというか、そういう気持ちと、
言われたことが尤もだなーと納得してしまってる自分がいるのです。
あまり反駁する気持ちも無いのです。

こうして、色んな事を学んでいくんだなって。
仰るように頑張らないように頑張ります。
【2007/12/23 02:32】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
ico様、こんばんは。やのじです。

うーん、これぞまさに「活きた文章」って感じですね。
正直に言うと自慢話と感じた記事もありましたが、不快ではなく愉快痛快に読ませて頂きました。そこが、ico様の文章の魅力のひとつですね。

ここは、ico様のブログです。例え自慢だらけでも、中傷するのはマナー違反であり、スルーしてico様のブログに来なけりゃいいだけの話しです。私のブログでも少し書きましたが、最近のマナーの悪さは異常ですね。

ico様、何も言わなくても、とても辛い時期があったことぐらい察しがつきますよ。それぐらい解らない人は、来るべき場所ではありません。
マナー違反者に煽られて、辛い時期を思い出しながら記事にしなくとも良かったと思いますが、書かずにはいられなかったのでしょうね。タイピングしながら思い起こし、涙が滲む所もあったでしょう。ご胸中をお察し申し上げます。

ここは、ico様のブログです。誰かに惑わされる事もなく、思う存分ご自由にお書き下さいませ。
【2007/12/23 02:12】 URL | やのじ #WG2aBvnQ[ 編集]
こんばんは。
確かに自慢的に感じようと思えば、そんな感じにも思える内容がここ最近は調子が良かったせいもあり、そんな事態になってしまったのかなぁ。
まあ、いずれにせよネットに出ている以上、何か不本意な事を受けるのはしょうがないですよね。しかも、人気ブログですし。
99%の自己満足と1%のうつ病で悩む人への支援。それでいいと思います。
絶えられなかったら、止めればいいだけの話し。
私は、多くの人にうつを知ってもらいたいし、うつになりそうな人に、ならないようにしてもらいたい気持ちでブログを始め、ランキングで上位を目指したいと思ってます。何故なら多くの人に見てもらいたいから。
ランキング登録って、誰だってそう思いますよね。
あとは、本当の意味での日記です。忘れっぽいので。ついでにってノリですね。
上位の人は仕方ないっすよ。だって桁違いだもの。
と、とりとめも無く書いてしまいました。
すみません。ではでは。
【2007/12/22 23:44】 URL | 抑うつ父さん #-[ 編集]
icoさん、こんばんは!
アクセス数が増えて、色んな人が見るようになるとこういう事も自然と増えて来る物なんでしょうねぇ。
それと同時に「そんな風に受け止める人もいるんだ~」と思いました。
そう言えば自分も以前同じような記事を書いて、icoさんにコメントを頂いた事がありましたね。
「自慢ばかり」だなんて思った事もなかったのでビックリ!
きっとその人は卑屈な人なんでしょうね。
お互い気にせずマイペースでいきましょうね!
【2007/12/22 22:02】 URL | 翔貴 #-[ 編集]
icoさんこんばんは。
お気持ちがよくわかります。
ボクも死にたいと思ったことが何度もありました。そこからやっと回復してきているのです。
知り合いからの誹謗。中傷もありました。でも、自分のブログに書いていることが真実でしたから、反論はしませんでした。でも、正直、傷つきました。本当に傷つきました。同じ病気の人からだったのもショックでした。
そんなこともあるこを学びました。でも今は大丈夫です。頑張らないように頑張ってます。
【2007/12/22 20:09】 URL | Kei #-[ 編集]
>みぃ様
こちらこそ初めまして。
コメント頂きどうもありがとうございます。

病院、最初は私も行く勇気がでなくて、敷居が天ほど高くて、
なかなか行けずにいました。
でも、一度行ってみると、フツーなものです。
案外普通の病院よりキレイで、落ち着けたりします。
だからほんのちょっとだけ勇気をだして、行かれることをオススメします。
病気じゃなかったら、それはそれでいい話ですし、
もし鬱だと言われたら、お薬を飲んで、ゆっくり休めばいいんですから。
治療は、早ければ早いほど良いそうですよ☆
お仕事をお辞めになる前に、病院へ行ってくださいね。
(押しつけがましくてすみません。)

応援、どうもありがとうございます。
本当に、ありがとう。
【2007/12/22 18:18】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>小玉米様
こんばんは~☆
人それぞれ悩みはありますよね。
もちろん病気の人じゃなく、
普通の人だって悩み、苦しみ、
大変な思いをしながら生活してる・・・それは十分わかってるつもりですが・・・・

応援、とても心強いです。
どうもありがとう☆
【2007/12/22 18:10】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>鍵コメ様
こんばんは。
辛いお話まで書いてくださって、
本当にどうもありがとうございます。

私は大丈夫です☆
ほんとうにどうも、ありがとう。
【2007/12/22 18:07】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
icoさん、初めまして☆
ちょっと前からブログを読ませてもらっています。
わたしは自分がうつ病じゃないかってずっと思っていますが、なかなか病院へ行く勇気がなくて・・・
最近では仕事に行くことがつらくなって、辞めようと考えています。
だからicoさんが病院へ行って、仕事に区切りをつけて今、生きていることにとても勇気をもらいました。
更新、楽しみにしています。
どうか、中傷なんかに負けないで下さい。
ここにはicoさんを応援している人がいっぱいいますよ☆
【2007/12/22 16:57】 URL | みぃ #-[ 編集]
負けないでください。
人それぞれ悩みはあるんですもん。
これからも影ながら応援してます。
【2007/12/22 16:01】 URL | 小玉米 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/12/22 15:55】 | #[ 編集]
>LiGuang様
こんにちは☆
最初のコメントの時、助けて下さったのもLiさんでしたね。
あの時はどうもありがとうございました。

私自身、匿名性を利用してブログを書いている、
そういう意味ではお互い様だと思っています。
また、同じ意見ばかりではそれこそ偏った世界になってしまうので、
中傷もある意味で貴重な意見だと解釈しています。
それでも簡単に挫けない様になったのは、
仰るように強さが戻ってきたのかもしれませんね☆

一ファンとしての応援、とても心強いです。
どうもありがとうございます。
【2007/12/22 13:25】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>リフェン様
こちらこそ初めまして。
コメントを残していって下さり、どうもありがとうございます。
魅力的だなんて・・・お恥ずかしいですが、嬉しい限りです。

リフェンさんのブログ、拝見させて頂きました。
紅葉の写真、とてもキレイですね☆
私も写真撮るの大好きです。(ド素人ですが・・・)
わたしもリフェンさんの写真、楽しみにしています。
【2007/12/22 13:25】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>tsubasa様
こんにちは☆
コメントどうもありがとうございます~

薬10錠は・・・・
低血圧の薬を一日3回ってのがありまして、それで増えてます。
薬を飲んでる割には、「微妙に」しか血圧上がってないんですけどね。苦笑

注意書きなんて無用の長物ですよ。w
【2007/12/22 13:24】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>Bulb様
こんにちは。
随分お早い時間ですが、お身体は大丈夫でしょうか。
わざわざこんな長いコメントどうもありがとうございます☆

私もネット社会での誹謗中傷は無くなることはないと思ってます。
「匿名性」故に中傷しやすいというのもありますし。
一方で、匿名性があるからこそ、
私がこういったブログを書き続けられているというのもあり、
お互い様なのかな、とも思ってます。
また、価値観が違う人間が存在するからこそ社会が成り立っているのであり、
中傷も、ある意味貴重な意見だと思ってもいます。

Bulbさん始め、みなさんには本当にいつも元気をもらってます。
感謝してもしきれません。
どうもありがとうございます。


死に関することですが・・・
私は近親者が自殺で亡くなた経験があります。(この病気ではありませんが)
残された側の言い難い気持ち、それは絶対に忘れられません。
【2007/12/22 13:23】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>tomo様
こんにちは☆
「fragile」というELTの歌ありましたね~
当時私の十八番でした。w

私は死にたいと思うこと、
今はほとんど無くなってきました。
私は、産まれてきたからには天命を全うしなければならないと思ってます。
自分で自分の命を絶つこと、これは許されないことと思ってます。
ちなみに死にたいと思ったとき、いつも踏みとどまっていたのが家族の存在でした。
悲しむだけでなく、自分たち自身を責めてしまうだろうと。
そんなことはできないと、私は思ってました。

そして、
「自由」とは「責任」を追うことであり、「孤独」なことだと思ってます。
やはりこの世は地獄よりも地獄的なのだと・・・。
それでも生きていれば楽しいこと、幸せなことも沢山あります。
お互い生きていきましょ☆
【2007/12/22 13:22】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
こんにちは。
心無い読者はさっさと退場してくたらいいのに・・匿名性を悪用して、何をしても構わない、自分の気が済めば良いと勘違いしている輩が何と多いことか・・嘆かわしくも、ままならない世界ですね。
そんなままならない世界で、誹謗中傷を受け流して、情報発信を続けてみようという姿勢はとても立派で尊敬に値します。簡単には挫けない強さが戻ってきているのでは・・?
限られた紙面(?)で、私というものを理解して頂こうとすれば、情報発信もテーマ毎に小出しにせざるを得ず、一面だけを捉えて偏った感想を持つ読者が出てくるのが残念ではあります。ブログの趣旨を理解して、共感を得るためには、icoさんご自身の観察を詳細に記述されるのは至極当然だと私は感じます。その観察がどんなものであれ、自分の内面を見つめて曝け出すのは時に苦痛が伴うものだとご理解が深い読者様が増えることを願って止みません。
私も一ファンとして応援させて頂きます。
【2007/12/22 11:15】 URL | LiGuang #-[ 編集]
はじめまして。1,2週間前からひそかに読ませていただいてますが、コメントするのは初めてです。
私はicoさんのブログが自慢ばかりだとは一瞬たりとも思ったことありません。それよりicoさんの文章に何か惹き付けられるものがあって、まだ少ししか読んでいないけど魅力的な人だなぁと思ってました。
他人を中傷・批判する人は、自分に自信が無いからこそだと思います。要するに妬みですね。人を傷つけることでしか、自分を慰める術を知らない人もいますから、できれば慈悲の心で受け止めてあげてください(^^)
これからもicoさんのブログの更新を楽しみにしています。では。
【2007/12/22 08:29】 URL | リフェン #-[ 編集]
icoさん、おはようございます☆
薬10錠!多いですね、大変でしょう。
わたしは3錠+粉薬です。
うつの中では多分少ない方に入るのかなと思います。

誹謗中傷についてですが、うつの人は本当に「壊れ物」のようなものだと思います。
icoさんはプロフィールに注意書きをしているのにも関わらずわざわざメールまでしてくるなんて…。
許せないですね。

わたしのブログも自己満足+傲慢な気持ちかもしれません(笑)
【2007/12/22 05:59】 URL | tsubasa #-[ 編集]
icoさん
おはようございます。
少し長くなるかも知れませんが、お許し下さい。
ネットでの誹謗・中傷。
これは決して無くなるものではないと思っています。
1つ目に価値観の違い。
2つ目にストレス社会によるストレスのはけ口。
3つ目に羨望・嫉妬。
4つ目に根本的に嫌な奴の存在。

まぁ、これ以外にもありますが、こういったものが存在し続ける限り、誹謗・中傷は無くならないんでしょうね。

icoさんが仰るようにあって当たり前と思い、心がけておく事で、落ちる危険性は低くなるとは思います。
でも、それが存在し続ける限り嫌な気持ちになるのは当然ですし、普通にむかつきます。
でも、結局、そう言った事をする人のコメントやら発言やらって、決してロジカルではなく、客観性にも乏しい人間だと、経験上感じています。
だから、そんな人間の事は放っておけばいい。
そう思いますよ。
それに、もしそれが気になるようならそれを記事にしてしまって良いと考えています。

icoさんには、顔は解らないけど同士が沢山居るじゃないですか。
傷の舐めあいかも知れません。
弱虫の集団かも知れません。

でも、それで救われる人間がいるのだから、そこに意味はあります。
少なくとも、私はicoさんの記事、好きですよ。

死に関する事。
おそらく患者にしか解らないかと思いますが、先日、近親者をこの病気で亡くされた方。また、それに近い方を目の当たりにしてきました。
その人達の様に残された側の人間の気持ちを考える事で少し歯止めになると良いですね。

ちなみに、私は自分の死語の姿の汚さを考えると、絶対に出来ませんw

長文・散文かつ勝手な意見の押しつけで失礼致しました。
【2007/12/22 04:03】 URL | Bulb #-[ 編集]
icoさんこんばんわー。
うん、僕も確かにfragileです。
死ねるなら死にたいって今でも思いますよ。
体調よくなったようには感じては居ますけど、それはicoさんの言うように相対論での話ですし。
誰の手も煩わせず、誰をも悲しませずに消えられれば、それは至高の薬かも知れません。
でもそんなことは出来ないんですよね。
消えることの「自由」には、消えていくことへの「責任」をも負わなければいけません。
それが出来ないと感じたときに、生きる一つの理由が出来上がるんではないでしょうか。
芥川龍之介の言うように、この世は地獄よりも地獄的だと思います。
でも生まれてしまったからには天寿を全うしましょうよ。
大事な人がこの世に居るなら。

どうしても悩んだら、「樹海のおとしもの」というサイトを見てみてはどうでしょう。
自分が犯そうとしていることの重さを教えてくれます。

鬱病人が言うのも変ですし、本来は言ってはいけませんが、こうしか僕には言えません。
「結構しんどいけど、なんとか一緒に生きましょうよ。」
【2007/12/22 03:09】 URL | tomo #-[ 編集]
>yumyum様
こんばんは。
コメント&ご心配頂きどうもありがとうございます。

私は大丈夫です。
勿論見た瞬間ガクっとしましたし、悲しくもなりましたが、
これで落ちてはいません。
多分今後も同じようなことがあるだろうと思いますが、
仰るよう、忘れるように努めて、傷付かずにいきたいと思ってます。
【2007/12/22 02:59】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
何を書いても的外れになりそうなのですが……。

ネット社会での、中傷や喧嘩で自分が傷つくのは
とてもとても、不毛なことだと思います。
だから、どうか、忘れてください。
忘れることは難しいのはわかってるけれど……。
そのことで、せっかく良くなってきた調子を落とさないように……。
それだけを伝えたかったです。

【2007/12/22 02:15】 URL | yumyum #JalddpaA[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://utsubiyori.blog109.fc2.com/tb.php/159-fdf2ebcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。