スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
女三界に家なし
 〔補説〕 「三界」は仏語で、欲界・色界・無色界、つまり全世界のこと
 女は三従といって、幼い時は親に従い、嫁に行っては夫に従い、
 老いては子に従わなければならないとされるから、
 一生の間、広い世界のどこにも安住の場所がない。女に定まる家なし。


                                        (大辞林)

   *   *   *

留学していた頃、一時帰国して日本に帰ってきた際に、
「私の居場所は一体どこだろう」といつも思っていた。

留学先の、自分で借りたマンションが居場所なのか。

東京の伯母の家が居場所なのか。

実家が私の居場所なのか・・・。


どこが一番居心地がいいかと聞かれてもよくわからなくて、
それぞれ一長一短で。


留学先は、そこに骨を埋めるつもりなんて無いし、
東京の家はあくまで伯母の家であり、
実家は実家だけれど、家を出て今現在では7年が経っている。

実家は自分の家だけれど、こうも離れていると、
どこに何があるのかとか、多少の勝手がわからなくなっていたり、
自分の部屋に知らないものが置かれていたり・・・。


なんだか不安というか一抹の淋しさみたいなものがあった。


そんな話を母にすると

「女三界に家なしって言うからね~」

と言われ、自分がいる場所が自分の場所なんだとその時思った。



日本に帰ってきて就職した。
伯母の家に住み、毎日通勤していた。

でも自分の居場所という感覚は無く、
ある程度の目処が立ったら独り暮らしをするつもりでいた。
(まぁその前に自分が潰れてしまったのだけれど。苦笑)


休職して、実家に帰ったけれど、
実家もまた居心地の悪さというか、なんとなくしっくりこないものを感じた。

自分の居場所なのか、よくわからなかった。


 「自分の居場所ってどこなんだろう」

私はずっとそう思い続けていた。
病気がもたらす不安感や孤独感が、より一層その思いに拍車をかけていた。



正直な話、
ここ最近になって、やっと実家の居心地がとても良くなった。

それは、自分自身が自分の居場所を作る努力をしているから。


ミノムシで寝ている日もあるけれど、
それでも母の負担が減るように、お風呂掃除や食器洗いをしたり、
母の愚痴を聞いたり。
父のご機嫌を取るために、一緒に出かけたり、話をしたり。

そうやって、楽しい空気を作るようにして、
そしたら毎日がなかなか楽しく、居心地が良くなった。


今、私はハッキリ断言できる。

 「居場所は、自分で作るもの」

自分がそこに居れば居場所になるわけではなくて、
居場所にするべく努力というか、気持ちが必要なんだと思う。



さて。
今、私は実家にいて、居心地は良いけれど、自立はしていない。
社会人として生きていく上で自立しなければならない。

この先どうなるのか、今のところ分からないけれど、
それでも私は自立しなければならないし、
また自分の居場所を作っていかなければならないのは確か。

そしてその「居場所」は、自分の為にも周りのためにも、
少しでも居心地の良いものにするべく気遣いが必要なのだと思う。


例えば、東京で独り暮らしすることになったとして。

ゴミ出しをした時に近所の人に遭って、
「おはようございますー」
「今日は寒いですねー」
そんな単純な会話をするだけで楽しくなったり。

近所にお気に入りのカフェを見つけて常連になったり。

自分の部屋を、自分好みのスタイルで統一したり。

お気に入りのカップでコーヒーを飲みつつ一服したり。


そんな簡単な努力で、自分の居場所って作れるんじゃないかと思う。
もちろん、人は一人では生きていけないから、
「人と接する」ということが前提だけれど・・・。



ポチっと原動力にご協力お願いいたします☆
     ↓          ↓          ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ FC2ブログランキングrankingバナー
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

【2008/01/14 04:26】 | 雑談 | トラックバック(0) | コメント(16)
<<溢れたコップ  29 | ホーム | 溢れたコップ  28>>
コメント
>rose様
こんばんは☆

そうなんですよね・・・
やはり「実家」と言えど、一度家を出てしまうと何だかしっくりこないんです。
でも病気がある以上、自分が持ってる選択肢の中で今ベストなものを選ぶしかなく、
そしてそれが私も、roseさんも「実家」なのでしょう・・・
どんなことも焦らず、お互いゆっくり行きましょうよ♪
【2008/01/15 01:53】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>muro様
こちらこそ初めまして。
コメント頂きどうもありがとうございます☆

さっと拝見させて頂きました。
今度時間があるときに改めてお邪魔させて頂きます。
よろしくお願いします。
【2008/01/15 01:52】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>やのじ様
こんばんは。
耳の痛い話でしたか・・・すみません。苦笑
でも私自身、ちゃんとこれを実行できているかというとそうでもなく、
逃げている部分もあります。
自分への戒めで書いているという意味もあります。

仰るように何某かの努力ができるのは、余裕があってこそだと思います。
それこそ流行の「KY」であり、
鬱の波がきている時はそんなことに構っちゃいられませんからね・・・
【2008/01/15 01:52】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>翔貴様
こんばんは~☆
そうですか・・・お母様と二人暮らしをされていたんですね。
お母様が翔貴さんの独り暮らしを嫌がった気持ちもわかりますが・・・
一度独り暮らしをしてみるのも良い経験だと思いますよ。
お母様の為にも、翔貴さんの為にも。

でも今はまず退院すること、そしてご実家に戻られることですから、
ご実家に戻られたら、ちょっとだけ気遣いしてみてください。
多分、そのちょっとだけが大きな変化になると思います☆
【2008/01/15 01:52】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>抑うつ父さん様
こんばんは。
確かに父さんさんの場合、自宅が居場所でも、
なかなか自分にとって居心地の良い環境を自分で作るのは難しいかもしれませんね・・・
うーーん。
でもお子さんも、あっという間に大きくなっちゃうんでしょうし、
時間が解決してくれる部分もあるかもしれません・・・
なんだか生意気にすみません。
【2008/01/15 01:51】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>tsubasa様
こんばんは☆
同居人さんのこと、そして家のこと、
お仕事の関係上ある程度想像ついてました。苦笑
私の友達も同じ仕事をしている子が数名いるので・・・。

居心地が良い方にいる、それでいいんだと私は思いますよ。
敢えて居心地の悪い場所に居る必要なんてどこにもありませんし。
安息の場所でゆっくりすること、今はそれが一番ですから♪
【2008/01/15 01:51】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>tomo様
こんばんは~
進歩というか、なんというか・・・
ただ思ったことを書き留めてる程度に受け止めて下さい。苦笑

強くなること、勿論大事だと思います。
でも一方で、ずっと戦い続けることは不可能だとも思います。
なのでtomoさんにもいつか安らげる居場所が見つかることを願ってます。

ちなみに、我が家系は男の薄毛はいませんが、
女の薄毛の家系です・・・
事実私も髪の量が少ないですし、母を見ると・・・
将来はヅラが必要かもしれません。笑
【2008/01/15 01:50】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>Bulb様
こんばんは。
相変わらず早起きなようですが、お身体は大丈夫ですか?

居場所を作る努力というか、気遣いというか。
やはり大事だと思います。
でも、頑張り過ぎちゃやっぱりダメですね。w
それはそれで、多分また潰れちゃいますから・・・
【2008/01/15 01:50】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
icoさん、こんばんは。

icoさんの文章今の私には良くわかります。実は今、夫の帰りが遅い為、実家で生活をしています。でもなんだかしっくり来ないんですよね・・・。1~2日は普通にいれるんですけれど。
icoさんの「居場所は自分で作るもの」。私もそうだと思います。少しずつ自分の居場所を作っていけばいいんですよね^^
【2008/01/15 00:14】 URL | rose #n08XGfOg[ 編集]
はじめまして。
 FC2にブログがあったことから、ブックマークして拝見させていただいております。
 残念ながら、今回、トラックバックは出来ませんでした。
 よかったら覗いていただけると、嬉しいです。
 なお、ご迷惑でしたら、遠慮なく削除してください。
 
【2008/01/14 21:52】 URL | muro(霧露) #NVe5r5Z2[ 編集]
ico様、こんばんは。

>「居場所は、自分で作るもの」
耳の痛い話で御座いました。それを承知で逃げていますが、いつまでも逃げている訳にはいきませんからね。でも、もう少しだけ、逃げます(笑)。

自分が周囲に順応する努力をするか、自分から周りの雰囲気を変える努力をするか、何がしかの努力が必要な訳ですよね。
ただし、それが出来るのは、健康であればこそ、でしょうね。自分の意思に反して、他人とうまく関われない病気の方もいらしゃいます。うつ病でも、波に飲まれた時は、人と接する事が難しい時もあるでしょう。

そういう意味でも、居場所を作る努力が出来るほど、ico様は、かなり快復されたのだなあと、感じます。これからico様が作っていかれる「居場所」が、安寧の地になることを、切に願っております。
【2008/01/14 17:27】 URL | やのじ #WG2aBvnQ[ 編集]
おはようございま~す!

読んでいて「なるほどな~!」と唸ってしまいました。
我が家は幼い頃に父が他界し、一人っ子の為母と二人暮らしなんですが、
母が昔イヤがった為、一人暮らしの経験はなくずっと実家です。
それでも自分の家や部屋に落ち着かない、居心地の悪さを感じていました。
でも今、思いました。
退院したらicoさんを見習って自分で努力してみようと思います!
【2008/01/14 11:20】 URL | 翔貴 #gJtHMeAM[ 編集]
おはようございます。
居場所は自分で作るもの。
そして、自分が居る場所が必然的に居場所になる。全く同感です。
で、その居場所を居心地の良い、安らかな場所にする為には自分自身の努力も必要ってのも同感です。
私にとっては、結構課題かも知れません。自宅療養を続けてますが、自宅が基本的には私の居場所。子供がいう事を聞かなくて泣き叫んでも、ここが私の居場所。ストレスに感じるけど、でもいつまでも続くとは思わないし、多少は慣れも必要かと。
居心地の良い安らかな環境は、この病気の回復には必要不可欠な条件かもしれませんね。
ではでは。
【2008/01/14 10:49】 URL | 抑うつ父さん #-[ 編集]
icoさん、おはようございます☆
わたしに同居人がいることはご存知かと思います。
でも実はわたしの1人暮らしの家が今住んでいるところの近くにあります。
郵便物を取りにたま~にマンションに行きますが、部屋にはかれこれ入っておりません(--;)
借り上げ社宅なのでどうすることもできず、放置状態です。
家賃はほとんど会社持ちなので問題はありませんけど…。
こっちのほうが居心地が良いのです。
【2008/01/14 10:40】 URL | tsubasa #-[ 編集]
icoさんおはようございます。
なにやら色々と進歩してきているようじゃないですか☆
「努力」ができる様になって、それをしっかりと意識できているのは大進歩ですよ!
僕は昔に「色々なモノ」を捨てて、独りで闘うことを決意したので、安らげる居場所が無いことが当然と思い込ませて生きてきました。
だからこそ少しずつ強くなって、自分自身不安感や孤独感を「当然」のこととすることで鬱とうまく付き合えるようになってきたのではないかと考えています。

ちなみに頭が薄くなることは覚悟してます。(笑)
なぜなら祖父と、父と父の弟(叔父)が全く同じ髪の減り方(あれはいわゆるハゲと言えるかどうか微妙ですが)をしているんです・・・。
どうしても素直に考えると、「次は俺か・・・」と思ってしまいますよ(笑)
【2008/01/14 10:36】 URL | tomo #-[ 編集]
icoさん
おはようございます。
自分の居場所を作る努力。
必要ですよね。
私も見習って、努力します!
【2008/01/14 05:42】 URL | Bulb #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://utsubiyori.blog109.fc2.com/tb.php/175-a20c5c09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。