スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
自律神経のバランスと漢方薬。(前編)
(前回までの話は 1 2 をご覧下さい。)


前にも書いたように、留学から日本に帰国し、
しばらくはバイトをしつつフラフラと遊んでいた。
久々に会った、留学時代の友達には
「顔色良くなったね~」
などと言われたりもした。


ところが。
帰国後2ヶ月が過ぎた頃、

 めまい
 耳鳴り
 動悸・急激な発汗

などの症状が出ることがあり、
「もしかしたら・・・貧血?」
と思って内科を受診した。
大学2年生の頃、貧血が酷くて鉄剤を飲んでたことがあったからだ。
(鉄剤って、飲むとウンコが真っ黒になるんですよね・・・・)


ところが血液検査の結果は異常なし。
血圧が94ってことで、(低血圧なんです。)
そのせいもあるかもねーなんて話をされた。

その病院は、漢方外来もやってる病院で、
便秘やら手足の冷えやら、むくみやらの症状もあることから、
「代謝が悪い」という話になって、
「ツムラ37 半夏白朮天麻湯」という漢方薬を処方された。


漢方薬で症状は改善されたのかわからないけど、
とにかくトイレが近くなった・・・・


漢方って、長期戦なんですよね?
1日2日で改善するもんじゃないってわかってるけど、
でも面倒になって、2週間飲んだところで、病院に行くのをやめてしまった。



その後も、たまに症状が出ることがあり、
また胃酸過多で急に吐きそうになったり、
フラフラしたり。
時々、一人になったときに涙が止まらなくなったりもした。


だけど。



放置プレイ。笑



だって精神科の敷居って高いんだもん。




時間があるから余計なコトばかり考えるんだ、
何だかんだ言いつつ、私は環境に恵まれてるから、
その環境に甘えてるんだって、
私はワガママなんだって、
そう思って、あまり気に留めないコトにした。



さて、その後。
いつまでもフラフラしてちゃいかんよなーーー
就職しなきゃなー
こういう状況だから余計に考えちゃうんだよなーー
ということでのんびりと動き出した。


私のように大学卒業して、就職しないで留学してしまった人間は、
ハッキリ言って、就職は厳しい。
「留学ニート」なんて言葉もあるらしい。
いくら景気が上向いてきて、2007年問題もあって、雇用が回復してるとはいえ、
日本の企業が欲しがるのは「新卒」。
第2新卒なんて言葉もあるけど、私は職歴がない。
わかってはいたけど・・・・・。
結構難しい。


それでも「自分がやってみたいこと」はハッキリしていたし、
曲がりなりにも、某東京六大学卒の学歴があったし、
語学力と行動力をウリにして、
就活を始めた。



1社目の某企業。
職種は自分がやってみたかったことにピタリとはまり、
また、語学を生かせる環境もあった。
ちょくちょく海外出張に出られるだろうことが予想できた。

幸いにも、筆記試験のデキも、面接のウケも良く、
トントン拍子に話が進み、内定を頂いた。


もう、めちゃくちゃ嬉しかった。
ほんとーーーーに嬉しかった。
周りも喜んでくれ、本当に良かったなぁーと思った。
会社の人もいい人達みたいで、幸せだった。

何より、やりたかった仕事ができるということが、
最高に嬉しかった。



あとから聞いた話だけど、
私の筆記試験の結果はなかなかのもので、
加えて面接での評価も良く、
「デキのいい奴だ」
「どうしてもあの子が欲しい」
とかなりの高評価だったそうだ。

あぁ・・・・
私って、外ヅラいいんだな、って。笑



そして、その会社に入社することに決めた。
その頃には、体調不良もなく、
輝かしい(?)未来にワクワク・ドキドキする自分がいた。

(後編へ)
スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

【2007/08/03 00:15】 | ウツ発症~退職までの話 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<自律神経のバランスと漢方薬。(後編) | ホーム | 「申し訳無い」病。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://utsubiyori.blog109.fc2.com/tb.php/19-3ca59600
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。