スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
経験は宝物。
4月1日になった。
2008年度、平成20年度の始まり。


 「光陰矢のごとし」

まさにその言葉通りで、
時間が過ぎゆくのは本当に早いものだと痛感する。

嫌々ながら精神科に行き、うつ病と病院で診断が下されて一年。
この一年、私はパキシルを飲み続けてきた。

重たい身体を引き摺り会社に行き、
電車でパニック発作を起こし、
会社を休職して。
そして会社を辞めた。

大量の涙を流し、
沢山の睡眠を取り、
いくつもの波を越えてきた。


今では大波がやってくることは無くなり、
たまに小波がやってくる程度になったけれど、
それでも「波」が来ているときは、

 「私は一体何をやっているのだろう」
 「私はこの一年何をやってきたのだろう」
 「一年という貴重な時間を無駄にしてしまった」
 「この先どうなるんだろう」
 「どうしよう・・・」

と、もの凄く焦るし、不安にもなる。


でもここ最近、調子が良いときは、この一年のことも、
極力プラスに考えるようにしている。

 「何事も経験だ」

って。

私がもし鬱病にならなかったら、
世の中の鬱病やそれに似たような病気で苦しんでる人の気持ちは、
絶対に理解することはできなかっただろう。

自分が経験したからこそ、
その辛さを理解できるし、想像できる。

どんなことだってそうだと思う。


   *   *   *


大人は子供に、自分の経験からモノを言う。
自分の経験からその結果を想像してしまうから。

私は、もちろん、こういう助言や年の功って大事だと思っていて、
年長者の話を聞くことを大切にしている。
大切にしているというか、とても好きだ。


けれど、子供だって、自分自身経験してみたいものなんだと思う。
そして経験して、同じ結果が待っていたってそれで一つの勉強になり、
はたまた違う結果が出てきたら、それはそれでまた勉強になる。
助言者、体験者共に勉強になるかもしれない。




私の鬱病の大きな原因は、留学時代にあった。
(その辺の話はカテゴリー「ウツ発症~退職までの話」の最初の頃に書いてあります。)


今になって思えば、
1年の留学期間を終え、日本に帰ってきてしまえば良かったのに、
3年くらいは、という覚悟で行ったし、
周りにもそう伝えていた手前、

 「どうしても日本に帰りたい」 

と思いながらも、なんだかココロの何処かで

 「帰ってはいけない」

 「帰ったら負けだ」

そう思ってしまっていた。
そもそも私は見栄とプライドの塊の様な人間だし。



例えば私が、企業に派遣された駐在員で、
例えば私が、駐在員の奥さんで、
例えば私が、その国が好きで好きで、どうしてもそこにいたいとして、
例えば私が、やりたい仕事がそこでしかできないことで、
もしそうだったら、それは私にとってそこにいる理由になる。

でも私はそうでは無かった。


現地で職を探して、就職しただけ。
自分が理想としていた仕事に近いモノではあったけれど、
今辞めたら一生巡り会えない仕事ではないと思った。


文化の違いを、違いとして受け入れるようにして、
自分のものさしを捨てたけれど、
やはり頭の何処かなのか、精神論なのか、諦めの付かない部分もあった。


「日本は退屈だ」「日本は息苦しい」なんて聞いたりするけど
自分にとって生活の場になってしまえば
退屈さなんて変わらないと私は思う。
旅というのは非日常であって、
だから普段の生活の場と離れていれば離れているほど刺激になり、
そして面白いと思えるけれど
でも、その場で生活を始めたからって、
決して毎日が退屈でなく面白いなんてこともないと思う。
(考えてみたらそれまで、日本が退屈だと思ったことも無いような気がするけど)

そして少なくとも私にとっては、
窮屈な日本で生活することが一種の安堵だったりもする。
私は日本人だから。



そしてまた、一時帰国した際に
家族や親戚に会い、みんなが歳を取ったことに改めてビックリした。
当たり前のことなんだけど、
なんだか哀しいというか切なかった。
考えたくもないけど、私が日本を離れている時に「もしも」のことが起こったら、
私は一生自分を許せない気がすると思った。

世の中の絶対は、命あるものはいつか死ぬということ。

老いたものからの順番ならよし、だと思う。
しょうがないことなんだと思う。

でも、それなのに、自分を許せない、そう思ってしまうのは、
そこにいることが私のpriorityの一番ではないから。
そう気付いた。



その「帰国する」という選択をする時、背中を押してくれたのは母だった。

 「今日本に帰ったからって、この1年が無駄になるなんてことは絶対にない。
  すべては経験であり、その経験はいつか血となり肉となり、
  icoという人間を肥やす糧になる。」


母はそう言った。
その一言が、とても大きかった。
まだまだココロの傷ではあるけれど、実際に、今では糧になっている。




さて。
今、私は快復してきたとはいえ鬱病という病気を抱えている。
うつ病は、罹ったことがある人にしかわからない、とてもとても辛い病気。
でも鬱病は、絶対に治る病気。
事実、どん底だった頃から、私はここまで這い上がってきた。

そしてこのうつ病の経験も、
いつか私の血となり肉となり、私という人間を肥やす糧になるのだと思う。




 「鬱になって良かった」

なんて、そこまでは言えない。

こんな病気はできればしたくない経験だったし、
「未来予想図」の通り、スーツを着てヒールの高いパンプスを履いて、
東京の街を、ひいては日本中、世界中を飛び回っている私でありたかった。
丁度1年前、仕事が楽しくてたまらなくて。(会社には行きたくなかったけれど)
その楽しさを謳歌し、成長している私でありたかった。


それでも経験が多ければ多いほど、
それだけその立場に立って物事を考えられるだろうし、
傷付いた数が多ければ多いほど、
それだけ他人に優しく出来るものだと思う。
肥え、糧が多い人ほど面白みなり深みがあるものなのではないかと思う。



人生に、無駄な事なんて無いと私は思う。

だからこの1年が無駄だなんてことは絶対に無いと私は思ってる。
辛い思いをしたこと、いっぱい泣いたこと、
これらは全て、絶対にいつか私を肥やす糧になると信じてる。


経験は、全て自分自身の人生の宝物なんだ。
スポンサーサイト

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2008/04/01 01:55】 | 日々つれづれ | トラックバック(0) | コメント(43)
<<『知足』 | ホーム | どっちを向く?>>
コメント
>mococha様
こんばんは☆
私も同じ様な感じでブログ続けてます♪
読んでくれてる人がいるだけで十分嬉しいんです。
いつもありがとうございます。
【2008/05/07 02:36】 URL | 管理人 #7qW5qeNM[ 編集]
mocochaの日記は別段コメントなくっても
気にしなくっていいですよ*
ああ~icoさんきてくれてるんだ
よんでくれたんだって思うだけで
嬉しいいです*
また 気軽に きてくださいね♪
【2008/04/15 03:57】 URL | mococha #-[ 編集]
>mococha様
こんばんは☆
こちらこそ御無沙汰で、そしていつも読み逃げでごめんなさい。

最近、本当にPC自体と御無沙汰状態です。
メール受信する度に酷いことに・・・w
ブログが重荷というわけでもないのですが、
なんなんでしょうね。
快復の証だといいのですが。

またゆっくりお邪魔させて頂きます☆
【2008/04/15 02:07】 URL | 管理人 #OJWP1xx6[ 編集]
>だいず様
こんばんは。
こちらこそ御無沙汰してしまっていてすみません。
パキシルの断薬は本当に難しいようですね。
治ってからも、最低半年は適量を飲み続けることが必要だそうです。

まだまだ辛くなること、不安になること、沢山あるかと思いますが、
絶対に治るし、
そしてこの経験は絶対に後で役に立つときが来る、
そう信じてお互い進んで行きましょ☆
【2008/04/15 02:03】 URL | 管理人 #OJWP1xx6[ 編集]
>しっぽちゃん n様
こちらこそ初めまして。
コメント頂きどうもありがとうございます。

鬱かもしれない、そう思ってもなかなか受診できないものですよね。
私自身そうでした。
そして休職するという決断をするまでにも大分時間がかかりましたし・・・

私も、コメントを下さる皆様に慰められ、励まされ、
そして頑張ろうって思えるんです、
こちらこそどうもありがとう。
【2008/04/15 01:59】 URL | 管理人 #OJWP1xx6[ 編集]
ico chanへ。

訪問してくれてるのに
私コメントしてなくってごめんなさい。
今は blogが少しicoちゃんにとって
重たいというか 飽和状態なのかなぁ・・
icochanの今がよくわからないから
うまくお察しできないけれど
無理しない程度に 気を楽にね♪
時に 重荷になることってあるし*
すべて もう嫌ってなったりもするし*

でもicoちゃんが コメントなくっても
足跡のこしてくれてるだけでも
mocochaは 嬉しいので
気にせずに *

ゆっくりできてることを 祈ってます*
【2008/04/14 02:36】 URL | mococha #-[ 編集]
icoさん、おひさしぶりです。だいずです。
私も去年の1月「パニック障害」と診断されてからずっと、パキシルを飲んでいます。
パキシルの断薬は難しいようで、一度止めたときは本当にひどい目に遭いました。

私も鬱病になってよかった、とは思えません。
順風満帆な人生を歩めるなら、それに越したことはないから。
でも、「何事も経験だ」とは思えるようになってきました。

まだまだ、不安要素はたくさんありますが、なんとかやって行きたいです。
【2008/04/13 18:11】 URL | だいず #-[ 編集]
はじめまして

欝と診断されパキシルにお世話になって半年
一進一退といった感じです
休職も進められたんですが

できずに
仕事をしています
上司には「どうなっても知らんよ」と言われても
休職できません

今朝の新聞では重症の鬱と思われる人も
かなりのパーセンテージで受診していないと・・・

欝になる人は受診出来ないんですよね

icoさんのブログ読んで
あぁ私だけじゃない

いつだって
そうやって慰められ

はいずりまわっても
生きていようって
思えるんです

ありがとう
【2008/04/13 04:26】 URL | しっぽちゃん n #8kskrbQA[ 編集]
>4月7日の鍵コメS様
こんばんは~
コメントどうもありがとうございます☆
前回の件、お役に立てましたでしょうか?

私自身、未だに実家と東京とを往復しています。
両親のことは大好きですし、
そして調子の悪いときは、
「実家に帰って生活しようか」と考えることもあります。
「今、私が東京にいる理由」がわからなくなることもしばしばです。
ですのでお気持ちはとてもよくわかります。
むしろ鍵コメ様は、私より一歩先を歩んでいるのかもしれません。

思い出すのが嫌なこともあるかと思います。
そんな中、色々とコメント下さりありがとうございました。
よかったら遠慮しないでいつでもコメントでもメールでもしてくださいね。
【2008/04/07 21:20】 URL | 管理人 #OJWP1xx6[ 編集]
>4月4日の鍵コメM様
こんばんは。
本当に母には頭が上がりません。
もし自分の母親が違う母親だったら・・・・
私は今、この世にいないかもしれないと思います。

お互い焦らず着実に行きましょう☆
【2008/04/07 21:20】 URL | 管理人 #OJWP1xx6[ 編集]
>4月3日の鍵コメH様
こんばんは。
御返事遅くなりまして申しわけありません。
以前のコメントも、もちろん覚えております。

お辛い思いや経験をお話頂きどうもありがとうございました。
現在、明るく前向きにお仕事をされているとのこと、
なんだか私もうれしく、とても励まされます。

心が一回り大きくなったこと、
これは絶対に大きな財産だと思います。
私も、見習わなきゃと思わされました。
ありがとうございました。
【2008/04/07 21:20】 URL | 管理人 #OJWP1xx6[ 編集]
>4月2日の鍵コメk様
こちらこそ初めまして。
コメント頂き、どうもありがとうございます☆
御返事が遅くなりまして申しわけありません。

私は専門家ではありませんし、
毎回自分の書いた記事に自信を持っているわけではないのが事実です。
(これって無責任かもしれませんが・・・)
だから共感して下さる方がいると、
私自身とても嬉しいですし、励まされます。
どうもありがとうございます。
【2008/04/07 21:19】 URL | 管理人 #OJWP1xx6[ 編集]
>まぼべそん様
はじめまして。
コメントどうもありがとうございます☆
御返事が遅くなりまして申し訳ありません。

私はまだまだ「鬱になってよかった」とまでは思えません・・・・
今でも心の中で葛藤や諦めのつかない部分があります。
でもいつか、そう思える日が来るといいなと思ってます。
ありがとうございます。
【2008/04/07 21:19】 URL | 管理人 #OJWP1xx6[ 編集]
>stars様
こんばんは。
こちらこそ御無沙汰しております。
確かに、今こうして考えられるのは随分と快復したんだな・・・
と思ってしまいました。
調子が悪かったら、こんな風に考えられませんもん。苦笑
お互い、このまま快復に向かっていけますよう願っております。
【2008/04/07 21:18】 URL | 管理人 #OJWP1xx6[ 編集]
>Gerontion様
こんばんは~
治ってみないと、忘れそうなのか忘れられないのか、解りませんが・・・w
ある意味で忘れて、
またある意味で忘れない、
そんな風にあれたらと思います。
【2008/04/07 21:18】 URL | 管理人 #OJWP1xx6[ 編集]
>akatokikudachi様
こんばんは。
うつになってしまったこと、これは今から変えられませんもんね。
だからこの経験をどう活かすか。
それが大事だと思ってます。
無駄じゃなかったと、胸を張って言い切れる日が一日も早く訪れますように。
【2008/04/07 21:18】 URL | 管理人 #OJWP1xx6[ 編集]
>抑うつ父さん様
こんばんは~
久しぶりにまともな記事を書いた気がします。w
誰かに向けた記事というより、自分にそう言い聞かせている、
そういう意味合いの方が強いかな。

お父ちゃんの言うように、
日本に於いては現在、モノが全て満たされ、むしろ過剰に供給されてます。
情報も氾濫し、情報過多という位。
(ブログも情報過多を担ってしまっている一つかもしれませんが)
もちろん「豊か」にはなったのだろうと思いますが、
物質的豊かさの代償なのかもしれませんね。
心の豊かさを置いてきてしまったのは・・・。
人間はロボットではないから、やはり0か1かにはなれません。
仰るように、心はとても大切だと私も思っています。
今後の人生がどうなるのかは未知数ですが、
自分のココロ、周りのココロを大切に生きていけたらと思います。
【2008/04/07 21:17】 URL | 管理人 #OJWP1xx6[ 編集]
>utsubo_chibi様
はじめまして。
コメントどうもありがとうございます☆
御返事がおそくなりまして申し訳ありません。

私もなかなか上手く文章に表現できずもどかしく思うコトが多々ありますが、
頷かされる、そう言って頂けてとても嬉しく思います。
ついついnegative thinkingになってしまうこともありますが、
お互いpositiveに、ゆっくり快復へ向かっていきましょう☆
【2008/04/07 21:17】 URL | 管理人 #OJWP1xx6[ 編集]
>tomo様
こんばんは。
tomoさん、快復への時間短いですね~羨ましい。
でも今ここに至るまで、本当に沢山の経験をされ、
沢山の辛い思いと共に生きてきたんだろうなとお察しいたします。

仰るように、この経験を無駄にしてはいけないと私も思います。
直接的であれ、間接的であれ・・・。
そして調子が良いとき、それだけで幸せだなって思えますし、
やはり今後も小さなコトに幸せを感じて生きていけるような気がします。
【2008/04/07 21:16】 URL | 管理人 #OJWP1xx6[ 編集]
>三浦介様
こんばんは~。
どうもありがとうございます☆

それから薬物依存症のお話、わざわざどうもありがとうございました。
リタリンに関しては、随分前から問題になってますよね。
本当に必要としている人がいるのも事実で、
難しい問題だと思っています。
精神科の領域に関しては、
血液検査等の数値としてわかるものではない為、
医師の経験や、患者の表現力等が大きく関わってくるのかな・・と。
いずれにしても、正しく処方されて、
病気の人が一人でも少なくなることを私は願っています。
【2008/04/07 21:16】 URL | 管理人 #OJWP1xx6[ 編集]
>かふか様
こんばんは。
私も、「もうちょっとゆっくり」とか「自分を追いつめないで」とか、
そんなことがわかったような気がしています。
仰るように、今の経験が誰かの役に立てたら、
そして自分の今後の人生の役に立てたらと思います。
【2008/04/07 21:15】 URL | 管理人 #OJWP1xx6[ 編集]
>blue submarine様
こんばんは~
御返事遅くなりましてすみません。
浮上されてきたとのこと、なによりです。
お互い「経験だ」って思って、ゆっくり治して行きましょ!
【2008/04/07 21:15】 URL | 管理人 #OJWP1xx6[ 編集]
>Watermark様
はじめまして。
コメント頂きどうもありがとうございます。

ブログの匿名性に関して、以前記事にしたことがあります。
匿名性故に、私は鬱病であることを書き、
自分の感情やら思ったことを書いています。
(もちろん書けないことも多々ありますが・・・)
それでも仰るように、辛かった当時のコトを思い出すのは、
なかなか大変なことだったり、時にフラッシュバックしたり・・・。
ですので、「励まされる」そう仰って頂けると、
私としても嬉しく、パワーになるように思います。
どうもありがとうございます。
【2008/04/07 21:15】 URL | 管理人 #OJWP1xx6[ 編集]
>Bulb様
こんばんは。
病気を克服するまでにどれだけの時間がかかるのか、
私にはわかりません。
けれど、克服の過程も、そして病気という経験も、
絶対に無駄にはならないと思っています。
病気を克服したとき、私もBulbさんも、他の皆様も、
絶対に素敵な思いやり溢れる人間になれてるのではと思います。
お互いゆっくり治していきましょ☆
【2008/04/07 21:14】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/04/07 17:18】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/04/06 22:18】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/04/04 20:55】 | #[ 編集]
すいません、少しずれますが…

いまさっき、NHKで「大量の精神薬を医者に処方され薬物依存症に」という問題をやっていました。リタリンやベルナックスなどというくすりは、覚せい剤に成分が近いのだとか…私は処方された記憶はありませんが…

そういった危険な薬の一覧は厚生労働省のHPで確認できるとのこと、ひとまず連絡致します。
【2008/04/04 20:14】 URL | 三浦介 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/04/03 23:41】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/04/02 13:22】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/04/02 12:54】 | #[ 編集]
はじめまして、こんにちは。
私もここでやめたら負けだっていう勢いで結局休職する羽目になってしまったうつ病持ちの25歳(女)です。
私は、鬱になってよかったと最近思えるようになりました。
ほんとに、人生何事も経験ですよね。
【2008/04/02 11:37】 URL | まぼべそん #-[ 編集]
お久しぶりです。

異論ありません。
おっしゃるとうりというより、ico さんも 私も 随分 回復されたようですね。

では、その調子で!!


うつ病生活24時
stars
http://utudayo.com/
【2008/04/02 07:47】 URL | stars #4iUGLb02[ 編集]
おはよございます~。
まだ先の話だけど…治った後、この痛みを忘れてしまいそうな薄情な私がいます。。
【2008/04/02 07:38】 URL | Gerontion #mQop/nM.[ 編集]
こんばんは。
うつ病には、ならないにこしたことは無いけれど、なってしまった今、だからこそ、物事を心で感じとれる自分になりたいな、って思います。
絶対に、無駄じゃなかったんだよ、って胸はっていいたいです。
きっと、自分たちには必要なことだったんだよ。
【2008/04/01 23:24】 URL | akatokikudachi #-[ 編集]
icoちゃんの1年間の想いを感じます。
気にしてたもんね、年度始め。でもさ、通過点なんだよ毎年くる。そんな風にも考えてみては?
20世紀は物を造る時代。21世紀は物に溢れてしまったので、これ以上は必要ないかも。満たすべきは心ではと感じます。結局人間なんだから心が満たされないとね。
聞いた話しでは企業ではメンタルで病んでいる人が多く、問題視されている一方で、私のようなうつの経験者が必要とされている、とか。
切り口とか接触方法とか経験の無い人には判らないから上手く行かない、手探りの状態なんでしょうね。
私も沢山経験しました。で、私が得た答えの一つが、心が如何に大切かと言うこと。人と人のつながりも心。思いやる心。相手の気持ちになって考えられる心。怒りや悲しみを受け止める心。そう言った意味で21世紀は心の時代だと私は思います。
これからも沢山、いろいろなことを経験されると思いますが、お互い、心で感じれる、接することが出来る、そんな風に一緒に歩んでいきませんか?
【2008/04/01 20:22】 URL | 抑うつ父さん #-[ 編集]
はじめまして。
私は、今日から復職しましたが、まだ治療中のうつ病持ちです。
icoさんの書いてらっしゃることには、いつもうなずかされます。そして、私も同様のことを思っていることに気づきます。それをicoさんみたいに上手に文章にできないだけで…
うちの母も言っています。どんな経験でも無駄にはならないんだよって。positive thinkingを心掛けます。
【2008/04/01 20:02】 URL | utsubo_chibi #-[ 編集]
icoさんこんばんわー。
んー、僕は鬱病になって(診断されて)から半年ちょいですね。
この間実家から遠く離れた仙台で独り、まさに死に物狂いで生きてきました。

icoさんもいろんな苦しみと闘ってきたことでしょう。
この経験は絶対無駄にはならないと思いますし、無駄にしてはいけないと思います。
まだ人生何十年も残っているので、今はこの経験がどう活きるかは分かりませんが、それを活かすも活かさないも自分次第なんだろうと思います。

でも現時点で既に思うことがあります。
鬱になった事で、今は些細なことにも幸せだなと感じられるようになった気がするんです。
【2008/04/01 19:18】 URL | tomo #-[ 編集]
強く賛同すると共に賞賛したいと思います。
【2008/04/01 16:24】 URL | 三浦介 #-[ 編集]
こんにちは。
うつ病になる人生と、うつ病にならない人生なら、ならないほうがいいかな、と僕も思います。
でも、うつ病になったことで、何かしら得たものはある気がしています。
もうちょっと、ゆっくり生きたら、と病気がアドバイスしてくれているような感じがしてます。
今の経験が誰かの役に立てたらいいのかな、と思います。
【2008/04/01 12:50】 URL | かふか #-[ 編集]
icoさんお久しぶりです。久々に浮上してきました。書いてあるとおりだと思います。改めて自分もそう思い直すことができました。ありがとうございました。
【2008/04/01 09:45】 URL | blue submarine #-[ 編集]
icoさん、はじめまして。しばらく前から「うつ日和」を読ませていただいてます。
私も、2年半ほど前にうつになり、治療を続けています。ブログも書いているのですが、症状の落着いてきた最近になって、「うつの体験を正面からとらえて書いてみようかどうしようか?」と迷っています。
匿名性のあるブログであっても、個人の辛かった体験を書きつづる、というのは勇気もいるし、エネルギーも要りますよね?
そんな中、貴重な体験をシェアしてくださるicoさんのブログに日々励まされています。
私も、うつになったことは人生のプロセスのひとつ、と認識したいと思っています。



【2008/04/01 09:11】 URL | Watermark #JyN/eAqk[ 編集]
icoさん
おはようございます。
人生における経験値。これって非常に大事だと思います。
漠然と過ごしてきた人間より、絶対に魅力がありますし、深みもあると思います。
きっと、この病気を克服したとき、良い人間になれていると思いますので、ゆっくり治して生きたいですね。
【2008/04/01 05:49】 URL | Bulb #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://utsubiyori.blog109.fc2.com/tb.php/207-21371081
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。