スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
『知足』
先日、とある人に
  「毎日、楽しい?幸せ?」
と聞かれた。
(ちなみにその人は、たまたま話す機会があっただけの人で、
 私が病気だとか、私がどんな生活をしているのかとか、
 私がどんな人間なのかとか、まったく知らず、ただ何となく質問しただけ)

私は何も考えずに
 「はい。毎日楽しいですし、幸せですよ☆」
と答えた。

すると
 「なんで?」

えーーーー????んむぅーーーー・・・・・・
なんで???って言われても。
特別理由もない。
けど楽しいし幸せだと思うんだもん。

結局私は、
 「両親も元気に健在だし、それなりに問題はあるけれど家族仲良しだし、友達もいて、
  毎日寝る場所があって、ご飯が食べられて、幸せです。」
と答えて終わりにした。

その人は
 「そっかぁ~。なるほどね~。良い考え方だね。」
って仰っていた。




ここ最近、調子が安定してきて、「知足」という言葉がよく頭をよぎる。

知足。


あれ???
知足って「我、足ルヲ知ル」なんていう感じの、論語とかだっけ???
いや、京都の竜安寺じゃなかったっけ??

そう思って調べたら、
やはり竜安寺にある蹲踞に
 「吾唯知足」と刻まれていて、
そして、論語ではなかったけれど「老子」の33章に
 「自勝者強、知足者富」とあるらしい。
また、茶道の千利休は
 「知足安分」を茶道の理念としていたとか。

さらに、古くはお釈迦様が最後に説かれた説法をまとめた 『遺教経』 にも
 「少欲知足」という言葉があって、
お釈迦様は
 「知足の人は地上に臥すと雖も、なお安楽なりとす。
  不知足の者は、天堂に処すと雖も亦意に称わず。
  不知足の者は、富めりと雖も而も貧し。」

と説いているらしい。

ともかく。
 足ることを知っている人は、貧しくても心豊かで富んでいる。
 足ることを知らない人は、どれだけ豊かでお金持ちでも、
 満足できなくて、心が貧しい。


あぁ、本当にその通りだなぁと思わされる。



もしも病気にならなかったら。
病気になったことで失ったモノを失わずに済んでいたかもしれない。
バリバリ働いて、理想としていた自分でいたかもしれない。

でも現実の私は病気になった。
色々なモノを失ったし、
多かれ少なかれ時間を無駄にしてしまったかもしれない。
「傷付いた」とか「辛かった」なんていう一言では表せない状況だった。

でも。
私は、今まで(病気になる以前)以上に、
日々の小さな事に有り難みや幸せを感じられるようになった気がする。


両親がいることの有り難さが身に染みた。
帰る家があることが嬉しかった。

周りの人たちの温かさが心に染みた。
私は決して「独り」ではないと気が付き、
そんな自分は幸せで恵まれていると思った。

健康であることが如何に大切かということも痛いほどわかった。
そしてそれが、どれほど幸せかということも。

時間が過ぎ去っていく怖さはあったけれど、
一方で四季の移り変わりに敏感になって、
満開の桜や、新緑や、青い空を見て、気持ちいいなって思えるようになった。


まだまだ書ききれないくらいに沢山あるけれど、
これらはどれも、お金では買えないものだ。


病気になって良かったとは思ってないし、そんなことはまだ思えない。

けれど、病気になって、私は、
少しだけ、ほんの少しだけ、「知足」という言葉が解った気がする。
そしてそれは、今後の人生に活きていくと思うし、
絶対に忘れてはいけないと思ってる。
スポンサーサイト

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2009/06/29 14:22】 | 備忘録 | トラックバック(0) | コメント(6)
<<重すぎる荷物。 | ホーム | 経験は宝物。>>
コメント
>空さん

こんにちは。
コメントどうもありがとうございます☆

> 病気になったからこそ知った自分の弱さ。
> そして、今までとは全く違う「強さ」もほんの少し身に付いたと思います。

私もそう思います。
確かに再発率はものすごく高い病気ではあるけれど、
ある程度対処法みたいなモノはわかったと思ってますし、
「自分」と向き合った分、本来の自分も見えてきたように思います。

ま、まだまだこれからですけどね。w
【2009/07/02 12:48】 URL | ico #JNDHqPaI[ 編集]
>tomoくん

こんちわー。

私自身は、無駄な経験って無いと思ってるし、
そして経験は糧になると思ってるので・・・(前にそんな記事書いたよね。)

失敗せずに、ちゃんとジャンプできればいいんですけどね。
体力無いから足でも痛めそう。w
【2009/07/02 12:44】 URL | ico #JNDHqPaI[ 編集]
>Gerontionさん

たまには・・・・少し小難しい話を。w

私自身、まだまだ知足には及んでないと思います。
そして「知足」という言葉自体、ちゃんと理解しているのかもわかりません。
自分に対する戒め、備忘録です。w
【2009/07/02 12:42】 URL | ico #JNDHqPaI[ 編集]
icoさんのお気持ち、凄くよく分かります。
私も病気になって良かったとまでは言わないけれど
病気になったからこそ気付いたことが山ほどあります。
病気になったからこそ知った自分の弱さ。
自分がどれだけ恵まれているか。
そして、今までとは全く違う「強さ」もほんの少し身に付いたと思います。

私もicoさんと同じように、傷ついた・辛かったなどでは表現できない日々を送っていましたが
安定してきている今、そこから得たものは非常に大きなものだったと思っています。
【2009/06/30 12:24】 URL | 空 #-[ 編集]
icoさんこんばんわー。

知ってよかったこと、知らないほうが良かったかもしれないこと、出来たら知りたくなかったもの、色々見てきましたね。
でも結果として、ほかの一般的に生きてきた人たちより大きく成長できたので善しとしましょうよ。

人は大きく高くジャンプするためには、その分大きくしゃがまなければいけないという言葉をどこかで見ました。
icoさんもようやくジャンプしたみたいですね。
【2009/06/29 20:11】 URL | tomo #-[ 編集]
なんか今日の記事は難しいですねぇw

私は足ることを知らない部類に入るのだろう…なんとなくそう思ってしまいました。
【2009/06/29 17:00】 URL | Gerontion #mQop/nM.[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://utsubiyori.blog109.fc2.com/tb.php/247-6316c3f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。