スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
溢れたコップ  2
(これまでの話は      をお読み下さい。)

ここ数日、余裕がある時に日記や手帳を見て、
当時のことを思い出して少しずつ書いています。
思い出すと、その辛さもフラッシュバックして、けっこう辛い。
涙でそうになったりするし。
でもなぜか、どうしても書きたくて・・・・。笑




精神科での一番最初の処方は、

 パキシル (10㎎)
 ソラナックス (0.4㎎)
 マイスリー (10㎎)

次は1週間後に病院に行くことになった。


それから1週間、重い身体を引き摺り、
相変わらず会社を辞める妄想をしながら会社に通った。

「○○さんに言うべきか、●●さんに言った方がいいのか。
 うつだから辞めますって言うの?
 それとも適当に嘘をつく?」

みたいな妄想がエンドレス。笑



毎日、朝が一番辛い。
とにかく身体が重くて、グッタリして、フラフラして。
自分だけ、人より余分に重力がかかってるんじゃないかという感じ。
会社に行きたくないという気持ちがピークに達し、
全てにおいてやる気が起きない。
このままずっとベッドの中にいたいと思う。

午前中は、とにかく眠い。
睡魔との戦い。
安定剤のお陰でさらに眠い。

お昼を過ぎた頃から、何とかなってきて、
夕方から「大丈夫!頑張るー!」という気分になる。


この、一日の中で変化があるのもウツの症状だそうな。



マイスリーのお陰で寝付きは良くなったものの、
泣きながら寝ることも度々。
また、パキシルの副作用で
とにかく胃が重いというか、ムカムカ気持ち悪いような感じがつきまとった。

それでも1週間後、2回目の病院に行く頃にはパキシルの副作用は無くなっていた。
ドクターに言われた通りだった。



2回目の病院は、あまり緊張もなく、普通に。
「会社で眠くなる」と言ったところ、
ソラナックスからセルシンへと変更された。

また、「あくまで、一番の薬は休息だからね」
と強調され、「診断書はいつでも書くから」と。
そう言われても、休職する気なんて更々なかった。

ついでにロキソニンとセルベックスも処方してもらった。
(偏頭痛と生理痛用)

次回の通院はは2週間後。




「鬱というのは、アタマの病気ですから」
ドクターにそう言われて納得していたし、
自分自身で色々調べて、
セロトニン云々から薬の作用機構まで理解していた。
(私、生物化学専攻だったので一応こういうの得意?なんです。)


それでも、気持ちは頷かない。
ココロは言うことを聞いてくれない。

体調が悪ければ当然辛いし、心配にもなる。
気持ちがマイナスに向かえば、当然ながら嫌な気分になる。

集中力が無くなるせいで、注意力散漫になるし、
物忘れがひどくなる。
そして、読書ができなくなった。
私は活字中毒?というくらい活字好きだったのに。
毎日3,4紙読んでた新聞も、読めなくなった。
見出しを眺める程度しかできないのだ。
文章を読んでも読んでも耳の穴から抜け出ていくようだった。
人の話もどんどん流れていく。

病気だからって自分に言い聞かせても、
やっぱり辛い。悲しい。苦しい。
そして「病気」ということ自体にも猜疑的。



当然仕事も出来なくなっていった。
どうしても要領が悪い。
(周りは気付いていなかったようだけど。)

会社で生あくび連発。

一つの仕事にやたらと時間がかかる。
だから家に持ち帰って、家で仕事をしたり。

やらなきゃいけない仕事を忘れそうになって。
毎日「今日の仕事メモ」を書いて、やり終えたことに線を引いて消していった。

なんだかいつも他人に私のPCを覗かれてる様な感覚があって、
 集中しなきゃ、
 ちゃんと仕事しなきゃ、
 頑張らなきゃ、
って思ってた。




数日が経ち、
やっと、やーーーっと配属が決まった。
(遅すぎだっつーの)

これで、自分の担当の勉強もできる。
わからないとき、誰に聞けばいいのか困ることもない。
自分の上司も決まる。
自分の仕事ができる。

と少し前向きな気持ちになって、
会社を辞める妄想は、落ち着いた。

これでウツも治るだろうし、バリバリ仕事すんぞ!!!
という気分だった。


会社の人達から
「頑張れよー」と口々に言われ、
「ハイ!!!頑張りますっ!!!」
と気合いも十分。




・・・・・のはずだったのだけど。

(続く)
スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

【2007/08/09 01:16】 | ウツ発症~退職までの話 | トラックバック(0) | コメント(6)
<<溢れたコップ  3 | ホーム | 溢れたコップ  1>>
コメント
>Bulb様
会社員だった頃は、水曜が終わると
「あぁー今週も乗り切れる」って感じがしてました。

自己啓発系・・・読んだことないんです、私。
今度オススメあったら教えて下さい☆

休職もなかなか大変ですが、
状況が許すのであれば、仕事のことは忘れて、
(それが大変なのですが)
しっかり休んで、少しずつでも良くなるといいですね♪
【2007/08/10 01:30】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
icoさん
こんばんわ。
結局今週は水曜日まで休んでしまいました。
火曜日はもともと休む予定でしたけど♪
さて、私も基本、活字好き。特に自己啓発系は大好物ですが、このところ駄目です。
復職直後は、キャッチアップするぞ~!
って、色々読み漁りましたが、一ヶ月くらい前から、まったく読むことが出来ません。頭に入りません…
時期がきたら、ゆっくり読むことのリハビリをしようと思います。その時は、色々本の事教えてくださいね☆

あ。私事ですが、復職から二ヶ月立ちましたが、再び休職となりそうです(涙)
【2007/08/09 23:47】 URL | Bulb #-[ 編集]
>あきと様
ペタペタ足跡つけてすみません・・・
私も、現在は無職です。
休職を経て、会社辞めました。
毎日することがないってのも、結構大変ですね・・・
時間があると余計に考えてしまうし。

またお邪魔します☆
【2007/08/09 22:01】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>Muumipeikko様
共感していただけて、とても嬉しいです!!
どうもありがとう☆

私も、一時はかなり凹んだし、怖かったです。
ただでさえ回転の悪い頭なのに、
これ以上バカになっちゃったら・・・・って。
今も本や新聞はほとんど手つかずです。

お互いよくなったら、
オススメの本の情報交換しましょうね♪
【2007/08/09 21:58】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
ico様

ご訪問ありがとう御座います。
年齢が近いので親近感を抱いてしまいました。
あきとは現在無職です。
病院・両親共に「まだバイトも駄目」と言います。
体は動くから働きたいのに。
お仕事がある事、羨ましく思ってしまいました。
よかったらまた遊びに来てください。
【2007/08/09 08:50】 URL | 野乃あきと #-[ 編集]
icoさんへ

今回も、「そうそう…!」と激しくうなずきながら
読ませていただきました。
いつも心に響く文章をありがとうございます。

そうですよね、集中力が続かなくなったりしますよね。
私も本を読むのが好きでしたが、
全く駄目になりました。
読んでいるつもりが、気付いたら字面だけ追っている、
そんな状態で、とても悲しかったです。

自分では一生懸命集中しようとするのにできない、
まるで自分が阿呆になってしまったようで、
ひどく怯えました。

大好きだった読書がまたできる日がくるのかな。
そう思いながら日々過ごしています。

お勧めの本のお話とかができる、
そんな日が早くきますように。
【2007/08/09 02:55】 URL | Muumipeikko #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://utsubiyori.blog109.fc2.com/tb.php/26-455a7d0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。