スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
溢れたコップ  3
(これまでの話は       をお読み下さい。)



私が鬱だってことは、自分一人の心にしまっておくつもりだった。


でも、どうしても理解者が欲しくて。
悶々とした気持ちを聞いてくれる人が欲しかった。
また万一何かあったときのため、黙ってるのもどうかと思い、
やっとのことで母に打ち明けた。
(母にカミングアウトした話はコチラを。)

ちゃんと言って良かったと思った。
母は私にとって最大の理解者であり、
私の応援団長だから。



仕事の方も、配属が決まったお陰で、
自分のやるべきコトや方向が見えてきた。
また、配属は私自身の興味をそそる分野だったため、楽しかった。

引き継ぎも始まり、手帳にどんどんスケジュールが加わっていく。

ワクワク、ドキドキの連続。
自分が一人前になっていくのかなという期待。




それなのに、やはりウツは治らない。
(そんな簡単に治るわけねぇっつーの。笑)

治るどころか・・・。


胃酸過多で家や会社のトイレに駆け込み、ゲロを吐く始末。
とりあえずは市販のガスターを買って、
「ヤバイ!」
と思った時に飲んで凌いでいた。



3回目の通院の際、胃酸過多の話をして
ガスター(20㎎)を処方して貰った。
パキシルは10㎎から20㎎へと増量。

「また飲み始めの時のように副作用が出るかもしれない」
とドクターから言われたが、
案の定、胃のムカつき・気持ち悪さが数日あった。




それでも普通に会社に通い、笑顔で仕事を続けていた。
仕事も楽しいと思っていた。


それなのに。


とある月曜日。

会社の先輩と朝、現地で直接待ち合わせ、仕事をした。
何事もなくその場が終わり、
二人で自社へ戻る為、地下鉄に乗った。


時間も時間だったので、チラホラ立っている人がいる程度の混み具合。
暑くもなく、寒くもなく、涼しい車内。
ごくごくフツーーーーの地下鉄。


乗って5分もしないうちに、
急激に猛烈な吐き気がやって来た。
汗がダラダラ出てきて止まらない。
眩暈、耳鳴り、動悸。
目の前が白くなっていく。
恐らく、顔面蒼白。
必死につり革にしがみついて、立っているのが精一杯。
先輩が色々と仕事の話をしてくれてるのに、
まともな返答ができない。

「どうしよう」
「どうしようどうしよう」
「どうしようどうしようどうしようどうしよう・・・・・」

頭の中はそればかり。


もし、先輩がいなくて私一人だったら
すぐに次の駅で電車を降りて、トイレに駆け込む。
だけど現実は一人じゃなく、先輩が一緒。

その先輩は、すごーくいい人だけど、
なんだか申し訳なくて、「具合悪いです」って言えない。
絶対に言えない。
迷惑掛けられない。

たまたま席が2個空いて、二人で座ったけど、まだ収まらない。


ひたすら堪えて堪えて、
何とか会社の最寄り駅まで我慢して、
足下フラつきながら会社まで歩いて、
先輩に笑顔で
「トイレ寄ってからデスク戻りますね。どうもありがとうございました!」
と伝えて、トイレに駆け込んで、吐いた。

トイレまで持ちこたえられたことに安堵すると同時に、涙が出てきた。
頭の中は、
「なんで?」「どうして?」「どうしたらいい?」
ハテナがぐるぐると回る。
この時は、これが「パニック発作」だとは気付きもしなかった。

何とか自分を落ち着かせて、デスクに戻った。



さすがにお昼ご飯は食べる気にもならず、
お茶を飲んで終わりにした。
ついでに、残っていたソラナックスを1錠。

タバコは1日1箱、の私だけど、
くわえる気にもなれなかった。



午後も調子はイマイチだったけど、
その日は、午後に私が始めて独り立ちする仕事があり、
どうしても早退なんてできなかった。

ひたすら
「調子が良くなりますように」
と心の中で願い、祈った。


なんとか午後の仕事も終え、帰宅するも、
あるミスをしていたことに気付き、愕然。
ガーーーーーン・・・・・・orz

どうしようどうしようどうしよう。


しょうがないので、25時までかけて家で仕事をし、
なんとかミスをカバーした。

別に仕事をすることは負担ではなかったし(眠かったけど)、
むしろ仕事は楽しかった。
自分がミスをしたら、自分が取り返す、
それは至極当たり前の話で、何とも思わなかった。



翌日、朝一番にミスを謝ると、笑って終わりにしてくれた。
家でやってきた仕事を見せると、評判も良く、
とにかく安堵。

その日は特に問題もなく、普通に働けた。


でもまたガスターのお世話になった。
その翌日も、またガスター・・・・


毎日毎日、会社の居心地は悪かったけど、
仕事はとにかく楽しかった。
充実感で溢れていた。

(まだまだ続きます・・・)
スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

【2007/08/10 02:41】 | ウツ発症~退職までの話 | トラックバック(0) | コメント(8)
<<死んじゃいたいという気持ち。 | ホーム | 溢れたコップ  2>>
コメント
>Bulb様
パキシルmaxまであと一歩ですね・・・
私は前回の病院から20㎎玉×2、つまりmaxになってます。涙
少しずづ減らせるようにしたいものです。
【2007/08/11 01:50】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
平穏な日常を手に入れるためには、出費も覚悟ですね(苦笑)
今日、ついにパキシル10mgが3錠になりました。現在、お薬記録更新中です♪
って、嬉しくなぁ~い!!
【2007/08/10 23:20】 URL | Bulb #-[ 編集]
>Bulb様
こんばんは。
今日はホント暑かったですね。。。。
と言いつつも私は一日家の中でしたが。笑

高給チケット←イイ表現ですね!
私も病院に行くたびに財布の中が淋しくなりますよ・・・涙
【2007/08/10 22:39】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
icoさん
こんばんわ。
今日、猛暑のなか、頑張っていってきました☆
休息のための高級チケットをいただきに♪
お薬も増えたので、痛い出費ですね・・・
【2007/08/10 21:13】 URL | Bulb #-[ 編集]
>Bulb様
高い診断書、貰ってきました?苦笑

>今考えれば、私の場合、その仕事自身が体調悪化の原因だったのかも知れません。
責任感と使命感に駆られ、自分に無理をさせ、そして、組織や人との軋轢。

私の場合もそうだと思います。
頭と心と体って、言うこときいてくれないもんですね・・
【2007/08/10 15:17】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>なぎさ様
パニック発作はかなりショックでした。
まさに「パニック」。
どうして良いかわからず、怖くて不安で。

仕事は楽しいけど会社行きたくない、
という矛盾した気持ちでどうしようもなかったです。

お陰様で
ここんとこ大分落ち着いています。
コメントどうもありがとうございます☆
【2007/08/10 15:15】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
icoさん
こんにちわ。
意欲に燃える仕事と体調とのギャップ。
私も経験しました。やりたい!楽しい!でも、体が言うことを利かない。
今考えれば、私の場合、その仕事自身が体調悪化の原因だったのかも知れません。
責任感と使命感に駆られ、自分に無理をさせ、そして、組織や人との軋轢。
理由は人それぞれですが、自分がウツだとわかるまでは、あたまグルグルですよね(苦笑)
【2007/08/10 12:46】 URL | Bulb #-[ 編集]
せっかくやりがいのあるお仕事に就けたと言うのに、うつやパニックの発症は相当ショックだったでしょうね…。
否応無しに襲いかかってきますから…。
焦りは禁物ですけど、早期回復を祈っています。
【2007/08/10 03:00】 URL | Nagisa Siowatari #KVI.g50Q[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://utsubiyori.blog109.fc2.com/tb.php/27-883b1253
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。