スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
鬱なのか、甘えなのか。
「鬱病」と診断されたものの、
その病名を一番疑っていたのは自分自身だった。
(今でもそういう気持ちはまだ残ってますが)
それは、「もっと重大な病気なんじゃないか」という意味ではなく、
「わたしは病気じゃないのでは?」
という意味での疑い。

ウツじゃなくて、ただの甘えなのではないだろうか。



世の中の人達はみんな働いてる。

例えば。
サラリーマンは毎日会社に行ってる。
子供達は毎日学校に通ってる。
主婦は毎日、家事という仕事をしている。

私は会社員なのに、会社に行けない。
行かなきゃ、と思ってもいけない。
当たり前のことができていない。
病気だと言われても、納得がいかない自分がいる。

ウツだから会社に行けないのではなく、
「ただ、行きたくないから」行かないだけなのではなかろうか。
私って、我が儘なのかな。
根性無しなのかな。
普通の人は、嫌なことも大変なことも我慢してるのに、
私は我慢ができないのかな。
甘えてるのかな。

私はひたすら悩んだ。



ある夜、母と話していて、

「毎日、会社に行かなきゃと思い続けている。
 会社に毎日行くのは当たり前の話なのに、
 私は、会社に行かなきゃ行かなきゃと思っても、行けない。
 具合が悪いのも嘘じゃなくて、本当に具合が悪い。
 どうして?
 なんで?
 そればかり考える。
 病院で鬱病だって言われたけど・・・
 鬱なんて血液検査やレントゲンでわかるものじゃないし、
 本当はウツじゃなくて、ただ甘えてるだけなのかなと思う。
 世の中の人達は、嫌なことも我慢して会社に行ってるんだと思う。
 私は我が儘で、根性なしで、
 我慢が足りないのかなと思う。」

そんな様なコトを言い、私は号泣した。
もうしゃくり上げるわ、鼻水出るわ、ほんと大号泣。



そして母は言った。

「病院に行って、病院の先生が鬱だって言ったんでしょ?
 だから鬱なんだよ。
 お医者さんは、私より、icoより病気に関して勉強してきてるわけだし、
 たくさんの患者さんを見てきてるんだから。
 
 確かに鬱は目に見える病気じゃないけど、
 医者が病気だって言ったんだから病気なの。
 そしてその病気は、
 薬飲んで休めば治るって言われたんでしょ?
 だったらそうしてればいいじゃない。
 お父さんもお母さんも、icoが家にいることは、全然迷惑じゃない。
 むしろ毎日が楽しいよ。
 だから医者の言うことを信じて
 薬飲んで家でゆっくりしてればいい。」

「それにね、そりゃーみんな各々大変なこともあるよ。
 お母さんだって嫌なことも大変なこともある。
 でもね。
 icoは感受性が豊かなんだと思う。
 だから些細なことも気になって、気を遣って、
 そして傷ついちゃうけど、
 普通はみんな、icoみたいに気付かないし、考えないんだよ。
 icoが嫌だって思って傷つくようなことを、
 みんなは気付かずに通り過ぎちゃうんだよ。」
 


もちろん、さらに号泣することとなりました。笑


それ以降も、今でさえまだ、
「甘えてるのかな、我が儘なのかな」
と思うこともあるけれど、
でもこの母の言葉で気がラクになったのは紛れもない事実で、
私はこの言葉で「治療をする」という心構えになった。




また、
「日本はまだメンタル的な病気に対しての偏見も多いし、
 また、ケアをする体制が整ってない。」

漠然とそう思って批判してたけど、
結局のところ、
私も偏見を持っていて、まーーーったくそういう病気を理解してなかった一員なのだと
このとき気付かされた気がした。
スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

【2007/08/13 23:25】 | うつ病の話 | トラックバック(0) | コメント(18)
<<溢れたコップ  5 | ホーム | 溢れたコップ  4>>
コメント
>卯月様
こちらこそはじめまして。
ご訪問どうもありがとうございます☆

共感していただけて、とてもうれしいです!
私も今度ゆっくり卯月さんのブログ、拝見させていただきますね☆

こちらこそよろしくお願いいたします。
【2007/08/15 23:55】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
はじめまして。漂流してきました。
私も同じことを考えてます。
私もブログをやっていますが、なかなか思うように文章を書けず、そんなときにここに辿り着いて、「そうそう!!」と思ったところが多々…。
これからも遊びに来させていただきます。
よろしくお願いします。

【2007/08/15 22:56】 URL | 卯月 #ZKbMRhY.[ 編集]
>かもみーる様
こんばんは。
この記事を書いて、これだけの方が共感してくださって・・・
やはりみなさん同じように悩まれてるんだなと感じました。
かもみーるさんの仰るように、症状の一つなんでしょうね、

母の名言は、まだまだあります。
またそのうち記事にできたらいいなーと思ってます☆
【2007/08/15 02:53】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>かおり様
コメントどうもありがとうございます☆
仰るように、病気のことすら忘れちゃうくらい、
ゆったりできたらいいですね・・・・
そしたらいつの間にか治っちゃう気がします。

我が家はステキな家族というか・・・・
ファンキーな家族です。笑
【2007/08/15 02:44】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
icoさん、こんばんは。
私も日々、その思いが浮かんできます。
「怠けてるだけじゃないの?」
「甘えてるんじゃないの?」
助言によって、うつ病、特有な症状の1つとして捉える事にしました。
まだまだ簡単にはいかないかもしれないけど…。

それにしてもステキなお母さまですね。
読んでて心が温かくなりました。
【2007/08/14 19:11】 URL | かもみーる #-[ 編集]
私も「これはただのワガママなのでは」という気持ちは常々持っています。
問診が主の判断ですし、感じ方は人それぞれですものね。
でも、今はゆっくり、ゆっくりできたらいいなと思っています。病気のことすら忘れられるようなゆったりとした時間が過ごせたらいいですね。
お母様のお言葉、私も感動してしまいました。
素敵な家族なんだろうなと思います^^
【2007/08/14 17:09】 URL | かおり #Dfgw3oFk[ 編集]
>ユヅ様
私も日々葛藤です。
調子が良い日は、ホントはもう治ってるのかな、
でもダラダラしてるだけなのかな。とか。

私の母は、今はフツーのオバサンですが(笑)
若い頃は私のように悩んだこともあったのだと思います。
具合が悪くて病院に行ったものの
「どこも悪くない」と言われたこともあるそうです。
だから、そういう経験があるからこそ、
今の私を受け入れてくれ、温かい言葉を掛けてくれるのだと思います。

母に伝えておきますね☆
【2007/08/14 16:35】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>rose様
こんにちは。
昨日少しだけブログ拝見させて頂きました。
理解のあるステキなご主人様もいらっしゃるようですし
(少しうらやましいです。笑)
今は、ちゃんと薬飲んでゆっくり休みましょ☆
また元の自分に戻れると思いますよ。

こちらこそよろしくお願い致します☆
【2007/08/14 16:24】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>Bulb様
私、最初の頃は病院替えようかとか、
色々悩みました。
でも結局その先生を信じることに決めました。
だから、自分がこの先生で大丈夫って決めたら、
それに従うのがベストなのかなーと思ってます。
セカンドオピニオンが必要なこともあるかもしれないですが。
治ったら、みんな元に戻れますよ。
だから今は、考え込まないで休みましょ☆
【2007/08/14 16:19】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>mihiro様
私も偉そうにこんな記事書きながら、日々疑ってますよ・・・
やっぱりとても難しい・・・

でもだから、自分で読み返したときに
「そうだよね」って思えるように、
この記事を書いたっていうのもあるんです。
【2007/08/14 16:14】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
私自身、うつになるたびに、自分がずるくて弱い人間で、甘えているのではないかと葛藤しましたし、今も葛藤しています。

この間も思いましたけれど、icoさんのお母様、ほんとうに素敵な方ですね。
ちょっぴりうらやましいですが、icoさんへの言葉を読むたびに、自分も癒されるような気がします。
私の分も、お母様にありがとうと伝えてください。
【2007/08/14 12:10】 URL | ユヅ #L4bfF0n2[ 編集]
おはようございます。昨日は突然のメール申し訳ございませんでした。お返事まで頂いてありがとうございました。ご紹介が遅れましたが私、roseと申します。宜しくお願いします。
確かに私も調子が良いとき等は甘えかなぁなんて考えてしまいます。働かずダラダラ。本当にこんな状態で治るのかすごく心配ですがいつかきっと薬が治してくれるんですよね。そう信じるしかないんですよね。疑ってしまうのは仕方無いことですが無理しない事が一番早く治る近道だと私は思っています。
もしよろしければこれからも宜しくお願いします。
【2007/08/14 08:22】 URL | rose #n08XGfOg[ 編集]
icoさん
おはようございます。
私もまったくの同感です。
自分の甘えから招いた結果で、その結果、うつ病と診断され、薬の副作用でさらに悪化。でも、それを周りが受け止めてくれて、そして、自分はどんどん甘えていく。
そんな繰り返しなのかな。と感じます。
少なからず、私の場合は、趣味を楽しんだり出来ているので、より強く感じます。
このところ、その趣味の世界も楽しめなくなってきてはいますが、未だに自分自身に疑心暗鬼です。
でも、今は、お医者さんの診断を信じて、薬を飲み、少しでもポジティブになれるように、頑張って行きたいと思ってます。
色々考え出しちゃうときりが無いので、ただ、ひたすらにお医者さんを信じたいと思います。
いつか、元に自分に戻れますように。
自分も、皆さんも。
【2007/08/14 07:14】 URL | Bulb #-[ 編集]
icoさんこんばんわ。
あたしも1年半経った今でも甘え何じゃないかと疑います。でもその疑いが病を悪化させているんです。もっと素直に病気を受け入れていくことが大切なんですよね。v-22なかなか難しいけど…。
【2007/08/14 02:14】 URL | mihiro #NJIafBxs[ 編集]
>あんでぃ様
はじめまして。
コメントどうもありがとうございます。
同じ状況にいる方から、共感していただけて、コメントを頂けるのはとても嬉しいです。

自分を責めるの、少し辞めましょ。
気持ちをもっとラクにして、
お医者さんを信じて、
ゆっくり休んで、ちゃんと薬飲めば、絶対に治るって
私は信じてます。
だからあんでぃさんも、ラクに行きましょうよ☆
【2007/08/14 01:07】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>Muumipeikko様
コメントどうもありがとうございます。
仰るとおり、
私も一番病気に対して厄介で頑固なのは自分だと
最近になってやっと気付きました。

母に、Muumiさんの分まで
ありがとっていっておきます。笑
【2007/08/14 01:02】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
とてもよくICOさんの気持ちが分かります。僕も今、まったく同じ状況なんです。僕も、今、何も出来ない状態でいるのは甘えなのかも・・・と自分を責めて、どんどん辛くなって、どんどん薬を飲んだりしてます。でも、僕自身、うつになったのは初めてだし、医者の言うとおり薬を飲むしか方法がないんですよね・・・。
【2007/08/14 00:10】 URL | あんでぃ #mQop/nM.[ 編集]
icoさんへ

一番やっかいで頑固なのは自分自身かもしれない、
私は最近そんな風に思っています。

実際、ふたをあけてみると、
病気かどうかを一番疑っているのは自分で
周りはそれなりにすんなりと受け入れてくれたような
気がします。

icoさんのお母様のように
丸ごと自分を受け入れてくれる存在って
とてもありがたいですね。

なんだか私の心まで軽くなったような気がします。

素敵な記事をありがとうございます。
【2007/08/13 23:49】 URL | Muumipeikko #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://utsubiyori.blog109.fc2.com/tb.php/31-ae509ade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。