スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
溢れたコップ  7
(これまでの話は、カテゴリー「うつ発症から退職までのハナシ」をお読み下さい)




なんとかタクシーを拾って、家へ帰った。
ドライバーさんが明るく面白い人で、
お陰で少しだけ救われた気がした。


スーツを脱いで、私服に着替えると、
また会社に行けなかったことを実感して辛くなった。

スーツはサラリーマンの制服だから。
制服を脱いでしまったことで、
サラリーマンじゃなくなってしまった気分がした。



また母に電話をかける。

 「お母さん・・・今日も会社行けなかったよ。
  ちゃんと用意して地下鉄乗ったのに、
  途中で具合悪くなっちゃった。
  多分、パニック発作だと思う。
  駅で休ませて貰って、そのあと大学病院行って検査したけど、
  何でもないって言われちゃった。」

 「そっかー。
  どこも悪いところがなくて良かったじゃない。
  ちゃんと会社には電話したんでしょ?
  だったらいいじゃない。
  会社の人、嫌な反応したわけじゃないんでしょ?
  だったら大丈夫だよ。」

 「うん・・・・
  明日は会社行かなきゃと思ってるんだけど、
  もう自信なくなってきちゃった。」

 「遅刻して、ゆっくり行ったっていいじゃない。
  大丈夫だよ。
  みんな、そんなに迷惑だなんて思ってないよ。
  『休ませてください』って電話掛けてるだけで、
  icoは十分偉いとお母さんは思うよ。」


なぜだか、母に「ごめんね」って言わなきゃと思ったけど、
どうしてもそのひと言が口から出てこない。


ただ辛かった。
どうしていいかわからなかった。
またずっと泣いていた。

会社に行けない自分に対して情けなく、不甲斐なくて。
会社の人達に迷惑を掛けて、申し訳なくて。
両親を始めとする私を支えてくれてる人達に迷惑を掛けてしまって。
自分に嫌気がさす。

確証が欲しくて自ら病院に行ったのに、
なんだかさらに自分の首を絞めてしまったようだった。





話は少し変わるが、
ウツになってから会社に通ってた当時の私を知る人達は、
皆(と言っても数人だけど)口を揃えて
 「暗かった」
という。

 「背後にダークな空気を背負ってた。
  話しかけづらいオーラを出していた。」
と兄。

 「毎日グッタリ疲れてるなーと思っていた」
とFさん。

 「会社の●●さんの話や、仕事の話をするときは
  楽しそうに、キラキラ輝いてるのに、
  次の瞬間、『会社に行きたくない』と暗くなる、
  そのギャップに驚いた。」
と母。


目が死んでいて、ダークなオーラを出していて、
それでもなんとか会社に行ってたんだなーー・・・
取引先の人に会ったり、会社では笑顔でいたり、
よくそんなことが出来ていたな・・・と、今になって思う。




話は戻って。

夜、兄の元へ行って、その2日間の話をした。
 「お前なー、そんな思いしながら
  その会社にしがみついてる理由、ないだろ?
  早く辞めて、次探せよ。
  時間がもったいないよ。」

そう言いながらも心配してくれ、
 「電車乗れないんだったら、
  タクシーで行ったって、たかがしれてるだろー。
  いや、チャリで行け!
  俺のチャリ貸してやるから!」

と元気づけてくれた。

お陰で
 「いっそのこと救急車呼んでもらえばよかったかなー
  滅多にできない経験逃しちゃったー」
とふざけられる程度に回復した。

 

家へ帰り、翌日の支度をしてベッドに入る。


大丈夫。
明日は会社に行ける。
今は、色々なことが気になりすぎてるだけ。
これ以上みんなに心配かけちゃいけない。
仕事、楽しいんでしょ?
自分の夢が叶ったんでしょ?
だったら多少無理しても踏ん張らなきゃ。
たった二日休んだくらい、どうってことないよ。
明日会社に行ったら、
「ご迷惑お掛けして申し訳ありませんでした。」
って言えば済むことじゃない。
だから大丈夫・・・・



そう自分に言い聞かせて、私は眠りに付いた・・・


(続く)
スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

【2007/08/21 02:34】 | ウツ発症~退職までの話 | トラックバック(0) | コメント(6)
<<溢れたコップ  8 | ホーム | 溢れたコップ  6>>
コメント
>depression12様
こんばんは。
コメントどうもありがとうございます☆

自分では、必死に隠しているつもりでしたが、
わかる人にはわかってしまっていたみたいです・・・。
そういうものなのでしょうか。

de12さんも復職されたとのことですが、
無理しないで、頑張りすぎないでくださいね。
お互い一歩ずつでも元気になりましょ☆
【2007/08/22 00:23】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
icoさん、こんばんは。
素敵な家族に支えられてますね。
すごく心強いと思います。

私もしばらく休暇をいただいてましたが
その前は「きつそうだ」「顔色が悪い」とよく言われてました。
うつだとは会社の人達には言ってないのですが、
「躁鬱症じゃないの?」といってくる人も・・・
よほど顔色にでていたのでしょうね。

icoさんもつらい毎日を送ってきていたのだと思います。
それは今も続いている事だとは思いますが、
今はゆっくりと休息を取り、心も身体も休めてのんびり
元気になっていければいいですね。
【2007/08/21 22:44】 URL | depression12 #-[ 編集]
>rose様
家族には感謝してもしきれません・・・

死んだ魚のような目に、ダークなオーラ・・・
端から見てもちょっとおかしい?ってわかるものなんですね・・・。

なんだか予想以上にひっぱりすぎて長くなってますが、
のんびり続き書いていきますので
今後ともよろしくお願い致します☆
【2007/08/21 17:03】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>Bulb様
こんにちは~
私も、明日こそ!明日は大丈夫!と思うと
自分を追いつめてしまうのか、
大丈夫じゃないことが多いです・・・苦笑

涼しくなってきてそろそろ外に出られそうなので、
東京行きの電車に乗る準備でもするとします。
明日病院行かないと薬が足らないので。
【2007/08/21 17:01】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
こんにちわ、icoさん。

優しいご家族ですね。
確かに欝の時目の焦点があっていないと私も言われました。ダークなオーラを出しているといわれた事ものすごく共感できます。
辛い事沢山ありましたね、でも今少しずつ元気になろうとしているicoさん。無理せずに。
また続き読ませていただきます。
【2007/08/21 15:49】 URL | rose #n08XGfOg[ 編集]
icoさん
こんにちわ~
色んなものを受け止めてくれる家族がいると、心強いですよね。
明日は大丈夫。と考え始めると、私はいつも、ドツボにはまってしまいます(苦笑)
毎日、暑い日が続きますが、頑張りましょう☆
【2007/08/21 11:41】 URL | Bulb #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://utsubiyori.blog109.fc2.com/tb.php/37-be36e9e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。