スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
鬱になったのは誰のせい?
いつだったか、ウツ波が来ていてどん底だった時の話。


その当時、私ははまだ会社を「休職中」の身で
実家で静養していた。

それでも毎日、朝から晩まで、そして夢の中でまで
「会社に行かなきゃ。明日は会社に行かなきゃ。」
「会社の人達に申し訳ない」
と思い続けていた。


それに止まらず、
実家にいるということは、両親と毎日顔を合わせ、
両親が働いている姿を毎日目にするわけで。

この年まで不自由なく育ててくれ、
私がやりたいということに何一つ反対せず、
私立の大学を卒業させて貰い、
留学までして、
とにかく面倒と心配を掛けてきた両親に対して
ひたすら申し訳なく思っていた。

自責感に苛まれていた。




ある晩、母に泣きながら言った。

 「毎日会社に行かなきゃと思い続けてる。
  行くのが当たり前の話なのに、
  何で行けないのか自分でもよくわからない。

  ホントは、鬱病なんかじゃなくて、
  ただ甘えてるだけなんじゃないかと思う。
  私は人一倍我が儘で、根性無しなのかなと思う。
  我慢が足らないだけなのかなって思う。

  周りに心配と迷惑ばかり掛けてて、申し訳ない。
  休職してるとは言え、
  毎日寝てばっかり、ダラダラしてばっかりで、
  自分がどうしようもないと思う。」


(当時の会話は全てうる覚えなので、その辺はご容赦ください。)


すると母は、私にこう諭した。

 「病院の先生が鬱病って言ったんでしょ?
  だから病気なんだよ。
  病気だから会社に行けないんでしょ。
  病気だから身体が怠くて、寝ていたいって思うんだよ。

  親の欲目を差し引いても、
  icoは我が儘な子だとは思わないし、
  我慢が出来ない子でもないと思う。
  むしろ人より我慢が出来る子だと思うよ。
  だから頑張り過ぎちゃって、病気になっちゃったんじゃない?

  それにね、そりゃー会社に対して申し訳なく思うのは、
  至極マトモだと思うよ。
  でも『申し訳ない』『申し訳ない』って言うけど、
  病気になったのはicoのせいじゃないでしょ。
  
  お母さんが椎間板ヘルニアになったのはお母さんのせい?
  違うでしょ。
  癌になった人に対して
  『アナタが悪いから癌になったんだ』って責める?
  白血病になる人は、
  その人のせいで白血病になるの?
  違うよね。
  
  どれも病気で、そしてどれもその人のせいじゃない。
  周りはその人を責めたりしない。
  心配して、その人の回復を願うよね。

  鬱だって同じだよ。
  同じ『病気』。
  だから鬱になったのはicoのせいじゃないし、
  責められる理由もないし、
  『申し訳ない』って自責感を持つ必要もないんじゃないかな。


  
  世の中には『カッコイイ病気』と『カッコ悪い病気』があって、
  確かに鬱病とか統合失調症とか、
  精神科に関係する病気は『カッコ悪い病気』かもしれない。
  周囲に打ち明けるのは辛いよね。
  
  でもさ、じゃあicoは自分が鬱病じゃなくて、
  癌や白血病なら良かった?
  お母さんは絶対にイヤだね。
  icoが、死んじゃうかもしれない病気になったらイヤだ。
  鬱病は、本人は辛いかも知れないけど、
  死んじゃう心配はしなくていいんだし、治るんだから、
  お母さんは、他の病気じゃなくて良かったと思ってるよ。
 
  
  それにさー、お母さん、毎日暢気な顔してるでしょ?
  とりわけicoのこと心配して、困ってるように見えないでしょ?
  だって、絶対に治るって思ってるから暢気な顔していられるんだよ。
  治らないかもって思ってたら、
  こんな暢気な顔していられないよ。」



こう言われて、更に号泣したのは言うまでもない。



我が親ながら、うちの母はよく出来た人間だと思う。
とても理解のある人だと思う。

子供は産まれてくるときに親を選べない。
だからこそ、こんな母の元に産まれてきた私は幸せだと思う。

私もいつか、母親になるときがきたら、
同じように理解のある母親になれたらいいな・・・



自分が鬱状態に入り込んでるとき、
どう宥めても自責感が出てきて、
申し訳ない病になって、
自分は不必要な気がしてしまう。

でも私の母の言うように、それは違う。
病気になったのは、自分自身のせいじゃない。
自分自身が悪いから鬱になったんじゃない。





厚かましい話ですが、
このブログを読んで下さってる方で、
今現在、当時の私のように悩んで、
負の思考に嵌り込んでる方がいらっしゃいましたら
この母の台詞を、自分自身に言い聞かせてみて下さい。

私自身も、ウツ波が来たときは、いつも思い返しています。
そうすると、少し気持ちがラクになる気がします。


少しでも、皆様の心が軽くなれたら、
私は、そして恐らく私の母も、幸いに思います。
スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

【2007/08/24 02:29】 | うつ病の話 | トラックバック(0) | コメント(18)
<<溢れたコップ  9 | ホーム | 溢れたコップ  8>>
コメント
>akatokikudachi様
こちらこそはじめまして。
拍手コメントありがとうございます。
母の言葉は、私自身読み返しても涙出ます・・・
よかったらまた遊びに来て下さいね☆
【2007/08/26 23:28】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>cube様
こんばんは。
こちらこそ初めまして。
コメントどうもありがとうございます。

私も会社は、体よく辞めさせられた感があります・・・。
会社に対してそのことに対して不満はないけど、
でもやはり今でも色々と考えます。

cubeさんのお母様も理解があって、本当によかったですね。
私も今は、両親に甘えさせて貰ってます。
治るまでだから、いいかなって。笑

お互い気負わずゆっくりいきましょ☆
今後ともよろしくお願い致します。
【2007/08/26 01:20】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
こんにちは。はじめましてcubeと申します。
icoさんのブログを見つけて読ませていただきました。
私も同じようにうつです。
仕事も辞める結果となり、非常に苦しく自問自答した日々が続きました。
icoさんと同じく自己嫌悪とか、うつになっちゃったことを激しく気にし、仕事も辞める羽目になってしまった(体よく辞めさせられた感あり)ので、今でもフラッシュバックのように不安がよぎってきます。どうしようもできないのですよね。気持ちが落ち着くのをひたすら待つしかない・・・
お母さまの言葉、温かいですね。救われますね。
私の母親も同じように言ってくれました。
甘えることはしたくないとは思うけれど、ある意味、甘えないと治せない病気でもあるし、両親には感謝の言葉がいくつあっても足りません。
ゆっくりゆっくり、行きましょう。
またお邪魔しますね。
よろしくお願いします。
【2007/08/26 00:01】 URL | cube #a2H6GHBU[ 編集]
>かおり様
こんばんは☆
そう言っていただけると、私も(恐らく母も)とても嬉しいです。
どうもありがとうございます。
絶対に良くなると信じて、
今はお互いゆっくりしましょ☆
【2007/08/25 00:08】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
素敵な言葉。
心に・・・染みました。
ありがとう。
icoさんのお母様と、、、icoさんに。
【2007/08/24 22:25】 URL | かおり #Dfgw3oFk[ 編集]
>tomo様
追記、ありがとうございます☆
「トニー滝谷」、もとは村上春樹さんの小説で映画化されたモノですよね。
映画は見られなかったのですが、DVDで見ました。
ずっとピアノを習ってた過去があるので、ピアノ曲は好きです。
今度TSUTAYAで探してみます☆
【2007/08/24 21:55】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>feabhra様
こんばんは。
コメント頂きどうもありがとうございます。
留学して鬱に・・・という方、少なくないみたいですね。
このブログを始めてから、何人かそういう方がコメントを下さっています。

feabhraさんも理解のある方たちに囲まれているようですし、気負わずにのんびりいきましょ☆
「今まで頑張ってきた」からこそ、病気が治ったらもっとステキな、
成長したfeabhraさんがそこにはいるのではないでしょうか。
【2007/08/24 21:48】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>Bulb様
こんばんは。
治ったら、人間として今までより優しく、大きく、理解力のある私になってる。
調子の良いときは、私もいつもそう思っています。
落ち込んでるときは、そうも思えないんですけど。笑
【2007/08/24 21:31】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>roseさん
こんばんは。
母にこう言われても、やはり私は周囲に鬱病であることを隠しています。
友達にも、親戚にも、言ってません。
言えません。

今後、鬱病の患者はもっともっと増えてくるのだろうと思います。
みんながそれを隠し、理解を得られないなんて、辛すぎます。
少しでも鬱を始めとする精神病疾患が市民権を得られたら・・・と願ってしまいます。
【2007/08/24 21:26】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>リエリンゴ様
こんばんは。
コメントどうもありがとうございます。
私のほうもリンクに追加させて頂きました♪

私も、過去の話を書くまでに時間かかってますよ。苦笑
今でも思い出して書く時、辛いですし。
でも、なぜか止められないんです。

会社に対しても、色々な感情があります・・・
でもやっぱり申し訳なく思うんです。


過去の話も順次アップしていくつもりなので、
また遊びに来てくださいね☆
今後ともよろしくお願いいたします。
【2007/08/24 21:15】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>なぎさ様
こんばんは。
コメントどうもありがとうございます。

今日は少しウツ波が来てしまったので、
私自身この記事を読んで、元気付けています。苦笑
なぎささんの心も。少しでも暖かくなりますように。
【2007/08/24 21:01】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
icoさんへ

こんにちは。
今朝起きて一番にicoさんのコメントと
この記事を読ませて頂きました。

icoさんのお母様のような方がそばに居て
言葉をかけてもらえたら、どんなに気持ちが
楽になることかと思います。

そして、icoさんの素敵なブログを通して
そんなお母様のお言葉に触れることができるのは
とても幸せだと思います。

いつもありがとうございます。
【2007/08/24 18:56】 URL | Muumipeikko #-[ 編集]
こんにちは、icoさん。僕の状況があまりにもあなたのと似ているのでコメントさせてもらいました。僕も、留学から帰国して1年経ちます。僕は5年間の海外生活でしたが、帰ってから気負いすぎたためか、うつになってしまいました。うつになってからはとりあえず親元にいるのですが、両親の優しさが辛いときもあり、心の中ではありがたく思っているのに時には「ほっといてくれ!!」なんて言ったりして、とても自己嫌悪になります。うつの薬も自分にはあっていないのか、だるい日々が続き、毎日シンドイです。それでも、なんとかうつを治したくて、いや、治さなければ…と思いつつ、言われたとおりに薬を飲み、何もせずダラダラとした生活をしています。「これでホントに治るのか…。」と不安ばかりです。それでも何も言わずに両親は見守ってくれているし、周りの友達も理解してくれています。ノンビリやらないと…と思いつつも断れない仕事もあったりして、なかなか思うようにはいきません。「今までこんなに頑張ってきたのに…」とおもうけれど、ここまできたら、もうわりきってノンビリ人生を歩むしかなさそうです、icoさんも、どうかノンビリ、あせらず、前にすすんでいきましょう。
どうも失礼しました。
【2007/08/24 16:33】 URL | feabhra #mQop/nM.[ 編集]
自責の念に駆られる自分を強く、温かく受け止めてくれる親と言う存在、そして、その親の大きさ。いつかは、自分もそうなりたいものですね。
何事もそうだと思いますが、試練の後には成長できるはずです。きっと、今もある意味試練の時なのかも知れませんね(苦笑)
成長した自分を思い、やり過ごしたいものです♪
【2007/08/24 09:58】 URL | Bulb #-[ 編集]
おはようございます、icoさん。

そうですよね、世間から「カッコイイ」「カッコ悪い」という2つの病気がこの世にはありますよね。確かにうつは後者で辛い思いをする事が多いですがもっとうつの人ほど自信を持っていくべきですよね。
参考になりました。
ありがとうございました☆
【2007/08/24 08:25】 URL | rose #n08XGfOg[ 編集]
書き忘れました!こちらのブログをリンクさせていただきます!これからもよろしくおねがいします!最近の私のブログに「アドバイス」という就職活動について少し書いています。読んでみて下さいね。少しでもicoさんの参考になれば幸いです☆
【2007/08/24 08:03】 URL | リエリンゴ #-[ 編集]
icoさんおはようございます!
ブログ読ませて頂きました。うつ病から退職までの話とかも。当たり前ですが、いろんなことがあったのですね。それにあんなに過去を言葉に出来ることってすごいです。私は過去をブログに書くまで相当時間がかかりましたよ。
お母さんの言葉も素晴らしいですね!まるで看護士さんのようです。icoさんとお母様はこんなに絆が深くて、愛情に包まれてて、何でも話し合える親子ですね!とても羨ましいです☆
それと会社に申し訳ないと思えるicoさんもえらいです。私なんてあの会社の人間関係のせいで病気になったっていう怒りがあります!本当は会社のせいでもなんでもないんですけどね。(笑)
またブログに遊びにきてくださいね!
【2007/08/24 07:59】 URL | リエリンゴ #-[ 編集]
易しく、理解のある言葉ですね。
説得力もあるし…。
素敵です。
【2007/08/24 03:25】 URL | Nagisa Siowatari #KVI.g50Q[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://utsubiyori.blog109.fc2.com/tb.php/40-af4b807c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。