スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
溢れたコップ  9
今日はプールに誘われていて、行くつもりだったんだけど。
でも行かなかった・・・・
起きた時点であまり体調が良くなくて、
みんなに迷惑を掛けてしまったら、と思うと行けなかった。
お断りのメールをして、また寝て、
一度10時に起きたけど、怠くて怠くて
夕方5時までベッドでウトウトを繰り返してた。

その後、外に出なきゃと無理矢理に外出。
歩いて15分、某ターミナル駅まで行くも、
金曜の夜であまりの人の多さにやられてしまい、
パニック発作を起こしかけ・・・。
あぁぁーーーやんなっちゃう。



さて、本題。
(これまでの話は、カテゴリー「うつ発症から退職までのハナシ」をお読み下さい)




木曜日。


やっぱり、会社に行けない。
どうしても、どれだけ頑張っても無理で、
自分が情けなくて、悔しくて、涙が出た。


「行けない」って何?
子供じゃあるまいし。
いい大人が何言っちゃってるわけ?
アンタおかしいんじゃない?
甘えてるのもいい加減にしなさいよ。
会社に行って仕事するなんて当たり前のことでしょうが。

と自問自答し、叱咤激励するが、
やはり、どーーーーーーしても、無理なものは無理なのだ。


そして、もはやお決まりになってしまった
携帯を握ってにらめっこの時間。

あと20分で始業時間・・・・
あと10分・・・
あと5分・・・

あぁ、時間になっちゃった・・・・


どうしよう。
何て言おう。
もう今日で4日目だよ。


5分が過ぎ、10分が過ぎ、やっとの思いで電話をする。


 「おはようございます。icoですが・・」

 「おぉ、おはよう。どうした?
  少しは良くなったか?大丈夫か?」

もう、黙っているのは無理だ。
黙ってることで、自分にも負担をかける。
会社にも迷惑を掛ける。
腹をくくった。

 「それが・・・・・
  あの、ホントは、今日会社に行って話すつもりだったんですが・・・」

 「うん。どうした?」

 「火曜日、電車で具合が悪くなった後、
  ○○医大病院に行って、検査をしたんですが、
  何も問題ないって言われて。
  だから昨日、精神科に行きました。」

(なぜか、とっさに嘘をついてしまった。
 2ヶ月前から鬱で病院通ってましたと言えなかった。)

 「そうか・・・」

 「それで、あの、軽い鬱とパニック発作だと言われまして・・・」


もうここまでで、言葉が継げなかった。

「だから会社に行けないんです」って言えばいいの?
「だから今日は休みます」って言えばいいの?


一瞬のうちに、考えを巡らしていると、

 「そうかー。
  でも今はそういう人はいっぱいいるから。
  気にしないで、ゆっくりして、
  来られるときに出てくればいいから。」

お礼とお詫びをして電話を切った。


こんなどうしようもない私なのに、
なんて優しいんだろう。
いい加減、怒られるというか、
気まずい雰囲気になることを覚悟していたけど、
小言一つ言わずに、
むしろ認めてくれて。


世の中捨てたもんじゃないと思った。
改めて、会社の人達はいい人達なんだと思った。
(でも空気がダメなのよ・・・)

それなのに情けない自分が対照的で、
期待をしてくれていたのに、
それに応えられない自分が不甲斐なくて情けなくて、悔しくて、また涙が出た。



母とも電話で相談し、
休職を願い出ようと決めた。

今のままで良いことは何一つ無い。

毎朝「休みます」と電話をするのは辛い。
「会社に行かなきゃ、会社行かなきゃ」と思い続けるのは負担だ。
会社にとっても、
「今日は来るのかな、明日は来るのかな」
と心配させ、迷惑を掛けてしまうより、
期間を決めて休職した方が良いのかもしれない。

もし、休職させてくれないと言ったら・・・
もうちょっと頑張るか、辞めるか。
その時決めればいい。

そんなことを考えた。



夕方、家の電話が鳴った。
何かの勧誘かと思って不機嫌に出ると、
会社の上司、Kさんだった。
(ちなみに毎朝電話をしていたのはSさんという上司)

 「icoさん?調子はどう?大丈夫?」


なんかもう、電話で話すのも辛い。
お願いだから放っておいてください、という気分。

でも、そんなワケにはいかない。

 「はぁ・・・なんとか大丈夫です。」

 「どうしたの?風邪?」

 「え? Sさんから何も聞かれてないですか?」

 「風邪だとかって聞いてるけど・・・」


あぁぁぁあぁぁぁ・・どうしよう。
でも嘘付いてもしょうがない。

 「えぇっと・・・あの・・・・軽い鬱と、パニック発作で・・・」

 「あぁ・・そうなんだ・・・・
  いや、アレって大変らしいね。
  僕の友達にもいるんだけど、(以下省略)」
 
 「はい・・・・・」

 「一度お見舞いに行かなきゃなぁとは思ってるんだけど・・・
  家どこだっけ?●●だよね?
  明日の夜とか大丈夫?」


・・・・・orz

えぇぇぇっ????
それはぜーーーーったいにイヤ!!
困りますぅぅぅ~。涙
それにそんなご足労掛けられない・・・・・

 「えーー・・・と。
  明日、私会社行きますからっ!!!
  多分この調子なら明日は大丈夫ですからっ!!」

 「そ、そう?
  じゃあ明日会社で。」

 「はい。ご迷惑お掛けして、本当に申し訳ありません。」

そして電話を切った。

一気に自己嫌悪の波がやってくる。
だぁぁ・・・・・
明日は行くと宣言してしまった・・・・orz
Kさんから電話かかってきてしまった・・・・orz
あうぅぅーーーー。涙
どうしようどうしようどうしようーーーー号泣

あれだけ優しく、面倒を見てくださったKさん・・・
心配かけて、迷惑かけて、本当にごめんなさい・・・涙
ごめんなさいごめんなさいごめんなさい。


せめてもの私にできることは・・・。
明日はちゃんと会社行きます。
一応?元気な顔を見せます。



自分を追い込んで、
もう、明日は一週間の最後だから、なんとか行けるだろうと期待して、
その日は終わった。


でも、私にとって「会社に行く」ことは、
満杯のコップにさらに水を注いでしまうこと。
コップを溢れさせてしまうこと・・・・


(続く)
スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

【2007/08/25 02:28】 | ウツ発症~退職までの話 | トラックバック(0) | コメント(4)
<<溢れたコップ  10 | ホーム | 鬱になったのは誰のせい?>>
コメント
>リエリンゴ様
こんばんは、
コメントどうもありがとうございます。

ここ最近、パニック発作は起こしてなかったので、
その分なんだかショックでした・・・
すぐに外にでて、座って深呼吸して冷たいお茶飲んだら大分落ち着きました☆
リエリンゴさんも大丈夫ですか?

お互い、のんびりゆっくり進みましょ☆
【2007/08/26 01:16】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
こんばんは!パニック発作大丈夫ですか!?
私も人ごみは中々なれません。。海とか夏祭りとか楽しめる人たちをテレビで見てはすごいな~と尊敬すら覚えます(笑)!
話は変わって、自己嫌悪の連鎖にはまらないようにしてくださいね。働いていた時の話を読んで、そう思ってしまいました。今は休職中ですよね!?じゃ、大丈夫かな!icoさんも自分の体調を一番に考えて療養しましょうね!
【2007/08/25 19:45】 URL | リエリンゴ #-[ 編集]
>Bulb様
おはようございます・・・・
まだ眠いです。
今日は(今日も)お昼寝してしまいそうな予感・・・・苦笑

会社に行くのは、ホントーーーーに大変でした。
「家で仕事ができたらいいのに」
などと何度も思いました。
会社の方々が優しくしてくださるのも、
ホッとする一方。猜疑的になってしまったり、
余計に申し訳なく辛くなったり。

でもま、会社はもう辞めてしまって、過去の話ですから。笑
今は前を向いて、良くなるように、ゆっくりしたいと思います。
Bulbさんも、色々大変かと思いますが、
どうかご自愛ください。
【2007/08/25 10:37】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
icoさん
おはようございます。
仕事をしながら病気と闘うことは、とても大変ですよね。会社に行くという、当たり前の事が、自分には出来ないと言う自己嫌悪。
自己嫌悪が生み出す、負の連鎖。
温かい人の優しさに接することは、自分にとって嬉しくもあり、辛くもありますよね。
今は、素敵なご家族の愛情に包まれながら、ご静養くださいね☆
【2007/08/25 07:56】 URL | Bulb #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://utsubiyori.blog109.fc2.com/tb.php/41-a89b140a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。