もの申す!!
レスが遅くなっておりますが、
近日中にお返事致しますのでどうかご容赦ください。



* * *


世の中にもの申す!!

なんでみんな選挙に行かないの??
この投票率の低さは何??

当日行けないかもしれないなら、期日前投票すればいいじゃん!!
(私はこの数年期日前投票)

ねぇ、選挙行こうよ。


日本は(一応)民主主義国家なのです。
国民が政治に参加できる機会が選挙なのです。
選挙は私たちに与えられた権利であり、
私たちの主張を述べる場なのです。

選挙に行かない人間は、
世の中を憂いたり文句言ったりする権利はありません。
選挙に行って始めて言えるのです。


「誰に入れても同じ」
それは違うよ。
マスコミの言うことを鵜呑みにしないで、
マスコミに煽られないで、
ちゃんと自分の頭で考えてごらんよ。


「誰に入れたらいいかわからない」
その気持ちはわからなくもない。
じゃあね、過去を見て、今を見て、それで良いのか判断すればいい。
何か変わることを期待するのか、このままがいいのか。


これ以上書くと政党や政治の話になってしまうのでこの辺で。

とにかく。


皆さん、次回からは必ず選挙に行ってください。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

【2013/07/22 14:07】 | 日々つれづれ | トラックバック(0) | コメント(8)
<<突然ですが。 | ホーム | 世界を変える。>>
コメント
> tomoくん
こんばんは。

まぁなんというか、
日本人はつくづく平和ボケしていて危機感がなく、
加えて自分の頭で考える力が無いんだなぁと思ってしまいます。

この国はどうなっていくんだろ・・・・
【2013/07/31 02:49】 URL | 管理人 #uuf86eIY[ 編集]
俺も行ったよー!
ちゃんと投票しないと政治に対して意見できないと思ってるからね。
成人の1/2しか投票してないとは本当に由々しき事態だよ。
いかに日本人有権者の政治リテラシーが低いかを如実に表してると思う。

TVつければろくでもない番組やニュースしかやってないのも一因かな?
テレビで真っ当な論調の人間なんて殆ど見ないし。
さらには経済・金融リテラシーも低いし、衆愚政治まっしぐら。
(民主党政権時代で既になったけどね)

しかし低投票率も気になるけど、東京都はなぜ山本太郎とかワタミみたいなのを当選させるのか不思議でなりません…
【2013/07/25 08:59】 URL | tomo #RT8riOb2[ 編集]
> 小太郎さん
こんばんは。
私は両親も伯母も、周りが当たり前に選挙に行くという環境だったので、
行くのが当たり前という感覚なんですけど・・・。
ただ友達や飲み仲間には、
「行ったところで意味がない」
と言い切る輩がいますね・・・
力説しても伝わらないから哀しい限りです。

> あれだけの支持で当選が決まっちゃダメでしょう。
私もそう思います。
もっと投票率が高ければ、
国民はその国民なりの政府しか持てないんだと、
自分含め国民を嘆くことも出来るのですが・・・。
というかこの無関心さというか、おめでたい国民を嘆くこともできますかね。

思うことは多々ありますが、
不特定多数を相手にしたブログですので、
投票率の低さを嘆くだけにとどめておきます。

皆勤賞!
私は留学してた頃は行ってないので皆勤賞とれないです。w
【2013/07/25 01:31】 URL | 管理人 #uuf86eIY[ 編集]
> だいずちゃん
こんばんは。

これまでちゃんと行ってたんだし、
事情が事情なんだからしょうがないんじゃないかな?
怪我で入院してる人だって病院抜け出して投票行くわけでもあるまいし。
それよりだいずちゃんのような気持ちが大事だと思うよ。

私はもう、「当日行ける保証がないから」という理由で、
仕事があろうがなかろうが、前もって早々と期日前投票にしてます。
タクシーで区役所行ったこともあるくらい。w

投票率の低さにも、マスコミの報道過多や報道タブーにも、
なんだかうんざりしている今日この頃です。
【2013/07/25 01:21】 URL | 管理人 #uuf86eIY[ 編集]
> 鍵コメ様
こんばんは。

多かれ少なかれ、かつての私のような状況に置かれるとキツイってことでしょうか。
なんだかそんなことを想いました。

Twitterはちょいちょい拝読させて頂いておりますが、
読み逃げで申し訳ないです。
このブログとは全く無関係のアカウントなので、リツイートするわけにもいかず。
どうかご理解ください。

まずは奥様が寝られるようになるといいですね☆
個人的にはアレコレ考えるより、自分に合う睡眠薬を見つけた方が得策だと思ってるので、
メラトニンでダメなら内科でも婦人科でも心療内科でも行かれてみてください。
メラトニンは私のような生活時間がバラバラな人間には効く気がしますが、
普通に生活してる方には・・・・わかりませんのであしからず。

家族は・・・・難しいですね。
私は親以外の人は全く信用していません。
夫婦と言えど所詮他人だと思っています。
(結婚したことのない私が言うのもどうかと思いますが)
だから気を使う部分もあるし、だからうまくやっていける部分もあるだろうし。
一方で家族歴が長いと、ついつい信用して傷ついてしまうし。
期待しなければいいのだけれど、期待してしまうのが人の性でしょうか。

こんなブログに感謝してくださる方がいること、とても嬉しく思います。
どうもありがとうございます。
【2013/07/25 01:15】 URL | 管理人 #uuf86eIY[ 編集]
icoちゃん、こんにちは。

滅茶苦茶投票率が低いですよね!
あれだけの支持で当選が決まっちゃダメでしょう。

私は20代前半こそは政治に興味がありませんでしたけど、
それ以降はすべての選挙に皆勤賞だな( ̄^ ̄)ゞ

世間に同調するのが嫌いなんでね!
専ら自分の考えだけで選んでます($・・)))/
【2013/07/23 13:24】 URL | 那須の小太郎 #MlBpHDQg[ 編集]
こんにちは、icoさん。

わたしもそう思います。
が、今回ばかりはどーーしてもいけませんでした(涙)
外にでられなくなってしまい、
ひとがこわく、列に並ぶなんてもってのほか状態。
(うしろから刃物で突き刺されるのではないか、という妄想が渦巻くので…。)

社会に対して「ビョーキ」がどの程度言い訳になるのか。
けれど、精神疾患のひとは選挙にいけないこともある、
ということを考慮していない社会自体にも問題ある気がします。
(選挙、権利を得てからはできるかぎり行っているので
不平を申してもよかろう、との発言。)

今回の投票率の低さにはわたしも唖然としました…。
戦後有数の低さとは。
【2013/07/23 11:46】 URL | だいず #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/07/22 22:50】 | #[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://utsubiyori.blog109.fc2.com/tb.php/508-643f3b95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog