やりたいこと。
こういうことを言うと、たまに批判されるのだけど。

私には、「やりたいこと」がない。


それは旅行に行きたいとか、ひいては日常レベルのやりたいことではなく、
「やりたい仕事」という意味である。

だから仕事を探すにしても、正直自分自身困ってしまうのである。
どんな業種や職種がいいのか、まったくわからないから。
私自身がそんななので、ハローワークの職員の方も、派遣会社の方も、
もっともっと困ってしまうのだ。

私なんぞにはあまり市場価値はないので、
出来ることと、多少なりともの「ウリ」になるであろうものを考慮して仕事を探すのだけれど、
本音を言えば、なんだかしっくりこないのである。



何年も前、こんな話を飲み仲間の某中小メーカーの社長にしたら、
「それはおかしい」と全否定されてしまった。
彼が言うには、誰しもやりたいことはあるのだそうだ。
彼の会社の社員たちは、もともとそのメーカーの商品が好きで入ってきてると。

うーん・・・おかしいのかな・・・と思う一方で、
世の中好きなことをやってる人なんて、実は少数なんじゃないかと考えてる私がいた。

もちろん、好きなことを仕事に出来たら、
それはそれはとても幸せで素敵なことだと思う。
そういう人もいると思う。
でもどちらかと言えば多くの人は、
好きなこととはそれほど関係なく、色々な巡りあわせや事情でその仕事に就いて、
その仕事をしていくなかで当人なりの楽しさややりがいを見出して、
そしてその道のプロフェッショナルを目指す・・・というもんなんじゃないかと私は思うのだ。
(という話もしたのだけど、これまた全否定だった)



昔は。
明確にやりたいことがあった。
だから留学したし、勉強したし、
そして幸いにもその「やりたいこと」をする環境に恵まれた。
私が叶えたかった夢は、現実となった。

鬱になって、会社を辞めて。

そして治って、社会復帰して、本格的に戻ろうと思った時。

もう「やりたいこと」は無くなっていた。


それは、
夢を見ることすら許されない、ただ消えたいだけの日々を送っていた弊害もあるだろう。
一方で、
一度夢を叶えてしまったという一種の満足感もあるような気がしている。


一度叶ったキラキラと輝く夢は、大切に宝箱の中にしまいこみ、
現実では淡々と事務的に働きながら、
たまに家で一人こっそり宝箱を開けて、
ちょっと嬉しく、楽しく、幸せな気分でそのキラキラを眺める

というのでいいんじゃないかな、と思う自分がいるのである。



あまり「やりたいこと」に捉われずにとりあえず働き、
そしてその道のプロを目指せばいいんだと思い。
やりたいことをやる楽しさを知ってるからこそ、
やりたいことをやった方がいいんだと思い。

考え始めると、頭も心も、グラグラと揺れてしまう。



ただ今の私に確実に言えるのは。
何もしなきゃ何も変わらないし、
しないよりするほうが確実にマシで
(時間の有効活用、収入の増加、精神衛生上・・・その他諸々)
意外なことがやってみたら楽しいかもしれないし。
動かないことには何のきっかけも生まれない。
そして極論、嫌だったら辞めればいいだけで。

だから、なんでもいいから何かやろうと思うのである。
「楽しい」と思えることを。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

【2014/04/30 03:04】 | 日々つれづれ | トラックバック(0) | コメント(4)
<<好奇心の賜物。 | ホーム | 癖と言い訳。>>
コメント
> 小太郎さん
こんばんは〜

> 生活のために働かざるを得ない人が大半なんじゃないかな(・・?
そうですよね・・・
それが現実で、でもだから不幸ってものでも無いと思うんです。

満足出来るもの、見つけたいです。
【2014/05/09 02:31】 URL | 管理人 #uuf86eIY[ 編集]
> tomoくん
こんばんは〜
元気は元気だけどデブまっしぐらな私です(笑)
前向き、というのとちょっと違うかも。
諦めに近いかな(苦笑)

何のために働くかって言ったら、そもそもは自分の口を養うためなんだよね。
そのために自分の時間を切り売りしてお金に変えて養う。
っていうのがキレイ事じゃないホントのところだと思うのです。
勿論、好きなことを仕事にしてる人を否定するわけでも、違う考え方を否定するわけでもないよ。
それにやっぱり楽しんだもん勝ちだと思うしね。

楽しいこと・・・・
ひきこもりからは楽しいことも産まれないかな(笑)
ブログネタはあるんだけど、最近はどうも執筆意欲が沸かないのです(~_~;)
【2014/05/09 02:27】 URL | 管理人 #uuf86eIY[ 編集]
icoちゃん、おはよ(^_^)/

やりたいことねぇ(._.)
実社会に出る前ならいろいろと理想はあるのかもしれないけど!
現実の仕事となると理想どうりにはいかないからね。
生活のために働かざるを得ない人が大半なんじゃないかな(・・?

与えれた仕事の中から喜びや楽しみが少しでも
見つけられればましな方だと思う。

icoちゃんは一度でも夢を叶えられたのはラッキーだったよ(・o・)
キラキラしたものは無理でも満足できるものを見つけてくださいね(^_^)/
【2014/05/01 08:16】 URL | 那須の小太郎 #MlBpHDQg[ 編集]
icoさん久しぶりー。
ちょいちょい見てはいたんだけど、ドタドタしてなかなかコメント出来ず…
元気かどうかはわからないけど、前向きな感じでやってるようなので嬉しいです。

さて、今回のネタについて、俺もicoさんに同感です。
世の中好きなことを仕事にして成功している人もいるだろうけど、やっぱり大半は別だと思うよ(もちろん俺も)。
所謂趣を楽しむ「趣味」は、仕事にせずに余暇に気楽に楽しむ方ががいいと思うんだ。
それを仕事にしていても楽しめる人は、とても恵まれていて稀有なことなんじゃないかな。

仕事はあくまで飯のため。
でもicoさんのいう通り、折角だからその中に楽しさや面白みを探してやるのが精神衛生上良いと思う。
まぁなかなか余暇の趣味には敵わないだろうけど(笑)

世の中知らないこと、未経験なことだらけだから色々挑戦してみよう!
何か面白いことあったら教えてね。
【2014/04/30 10:22】 URL | tomo #RT8riOb2[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://utsubiyori.blog109.fc2.com/tb.php/539-32e43ec1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog