お知らせ
思うところあり、過去記事の多くは非公開にしました。
過去そして今も訪れる方が多いものや続きものは公開にしてあります。


いつからか、もうすっかり精神科に行かなくなり、薬も飲まなくなり、
病的に鬱な気持ちになることもなくなり。
それでもなお「鬱ブログ」にしているのはどうかと思ったのが大きな理由です。
私自身が、過去の鬱という大きな亡霊に付き纏われたくないと思いました。

一方で私のこれまでの軌跡や(大それたものではありませんが)、
ここに来てくださる皆さんとつながるきっかけになったもの、
そして沢山のコメントまでも非公開にしてしまうのは淋しい気持ちもあり、
また過去があるから今の私がいるという思いもあり・・・・
一部のみ公開にするという形をとることにしました。

ほんの一部の記事であるうえ、大変おこがましい話ではありますが、
今なお鬱やその他のご病気に苦しんでる方が、
私のように回復した人もいるんだと、少しでも希望を持って頂けたら、
暗闇の中で迷子になってる方が、少しでも光が見えそうな気になってくださったら・・・・とても嬉しく思います。



今後の当ブログの方向性は未定ですが、
恐らく気が向いたときに、思ったことや起こったことを徒然と書くものになるだろうと思います。
かつてのように頻繁に更新をする自信もうまく書く自信も全くありませんが、
それでも温かく見守り、読んでくださる方がいらっしゃれば、大変光栄に思います。

ご理解のほど、どうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト
【2016/06/10 23:44】 | ごあいさつ | トラックバック(0) | コメント(6)
<<Awesome!! Myanmer 2016 (1) | ホーム | 帰国>>
コメント
> ふじねこ様
こんにちは。

なんだかいつも見透かされているような、はたまた私のblogを補完してくれているようなコメントありがとうございます。w
ふじねこさんもここへきてくれるようになって3年ですか。
皆さん律儀で、頭が上がりません。

> 然しながら「精神科に行かなくなり、薬も飲まなくな」った今もなお、同じスタンスだといつしか、(私の場合)「ん?おれ偶には嘘風邪でもひいて心配してもろたほうが良いんじゃないかしら?」
これはわかりますね~
「鬱ブログ」を続けていると、「鬱である自分」を求められているような気分になってくるのが不思議。

blogを含むHPは私も考えたことはあります。
blogは手軽だけど、あくまでblogですから限界がありますし。
ただ、その手軽さが魅力で・・・苦笑

今後もぼちぼち書いていきますので、どうぞ宜しくお願いします。
【2016/06/16 18:37】 URL | 管理人 #zbT7meO.[ 編集]
> ぴ様
はじめまして。返信遅くなり申し訳ありません。
コメント頂きどうもありがとうございます。

ぴ様のような方がいらっしゃると、
「あぁ、私はblogを書いていてよかったなぁ。」としみじみ思ってしまいます。
(言わずもがなですが「病気の方が」という意味ではないです。)
ほんの少しでも誰かの役に立てたかもしれないな、
私のblogも、私の地獄の日々も、無駄じゃなかったのかなと思えます。

色々大変かと思います。すべてが大変だと思います。
でも、絶対に押しつぶされないでください。
時間をやり過ごすだけでも・・・。時間は沢山のものを解決してくれますから。
どうぞご自愛ください。
【2016/06/16 15:37】 URL | 管理人 #zbT7meO.[ 編集]
> 小太郎さん
こんにちは。

そうですか、小太郎さんももう4年も読んでくださってるんですね~
ホントありがとうございます。
過去記事の整理をしていて、自分のブログが10周年だと気づきました。
びっくりです。
こんなにも長く続くとは思ってもいず・・・
(しばらく放置しまくりでしたが。w)
感慨深いです。

今後はどうなるんでしょうね。
私の人生次第ですが、人生も先が見えませんからね。苦笑
【2016/06/16 15:29】 URL | 管理人 #zbT7meO.[ 編集]
ico様 こんばんは。

ブログの方向転換良いですね。

ここを訪れる皆さんの中には、icoさんが一番辛い時期の文章に思わず引き込まれ、似た境遇に自らを重ね、思い入れを持って読まれる方々が今後も沢山いらっしゃると思います。下のぴさんのコメントに同感で、3年半程前ですか、私も小太郎さんと近い時期に初めてお邪魔しましたが、当時感じ入って読んでたことを思い出します。

然しながら「精神科に行かなくなり、薬も飲まなくな」った今もなお、同じスタンスだといつしか、(私の場合)「ん?おれ偶には嘘風邪でもひいて心配してもろたほうが良いんじゃないかしら?」なんてなっちゃいそうでなe-451。icoさんの書かれてる公開・非公開~は賢明な判断ではないかしら。

次は・・おれのカブ自慢を写真で投稿できるようにコメント欄の設定ですぞワッハッハ(勿論冗談ですよe-251)。ん~ブログも含むホームページだともっと色んな事が出来て楽しいかなあ・・この辺は風呂敷を広げ過ぎず、適宜じゃろうがな。

なにはともあれ、私はここは素のicoさんを感じられるのがなにより気に入ってます。貴女ならではの楽しい話、苦い話、色んな話を愉しみにし、今後の歩みを心より応援してますよ。
【2016/06/14 19:47】 URL | ふじねこ #-[ 編集]
初めてコメントさせて頂きます。
icoさんが旅に出られている間に、過去に遡りブログを読ませて頂きました。
当方、25歳、うつ病になり休職している身です。
分かる分かる、なるほど、いいなあ、
いろんな感情と共にブログ記事読ませて頂きました。
勝手ではありますが、共感する部分、勇気をもらうことが多く、療養の励みになりました。
これからは、いまの自分がいまのicoさんのように這い上がっていきます。
過去ほとんどの記事を読ませて頂けたことへのお礼がしたく、コメントさせて頂きました。
今後も、ブログの更新がある際は拝見したいと思っています。
ありがとうございます。
【2016/06/12 17:50】 URL | ぴ #-[ 編集]
icoちゃん、こんにちは(^。^)

時の流れは早いものですね(゜-゜)
私が初めてお邪魔したのは4年ほど前ですが、
此方のブログ、もう足掛け10年にもなるんですね!

タイトルも変えられたりするんでしょうか!
心身共に健康なのが何よりです^_^v
近況など気が向いたら書いてくださいな(^.^)/~~~
【2016/06/11 12:23】 URL | 那須の小太郎 #MlBpHDQg[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://utsubiyori.blog109.fc2.com/tb.php/584-8b7b8054
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog