スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
Awesome!! Myanmer 2016 (4)
3連続目の4時半起床。

旅の謎なのだけど、いつも日本にいるときは朝が苦手な私なのに、
海外にいるとすんなり起きられる。w
頑張らなくても、目覚ましをかけなくとも早起きが出来て、
朝から散歩すらしてしまったりする・・・・。
貧乏性故、「時間を無駄にしたくない」と無意識に思っているのだろうか。


前日お願いしたタクシーのドライバーさんは、華僑かなぁという風貌だった。
でもよくわからない・・・・。
同乗者のカップル?若夫婦?も東アジア系。
バックパッカーでないこの二人は・・・どこの国の人だろう?と思いながら
「Hi!Good morning!」
ととりあえず英語で挨拶を交わした。


話は脱線するけれど。
(あまり詳しくないので間違ってたら申し訳ありません。)
ミャンマーは他民族国家である。
一番多いのはビルマ系
もともとは昔々に中国の雲南の方からやってきた民族らしい。
そしてインド系。
歴史を見れば、ミャンマーは英緬戦争の後にイギリス領となったわけだけれど、
当初はイギリスが直接統治していたのではなく、
先にイギリス領だったインドから人が来てミャンマーを統治していたから。
イギリスの名のもとにインドからインド系の役人がやってきて、
その後労働者も流れてきて・・・その末裔が今のインド系。
それから中国系。
言わずもがなの華僑である。
そしてシャン族(タイのシャム族とルーツは同じ)やバオ族、ダヌ族などの少数民族。
全部で135の民族が暮らしていると言っていた。
ちなみのちなみに先述のシャン族は、ビジュアルはかなり日本人に近い。



さて、タクシーは朝の渋滞の波に乗る。
後部座席にいた男性がいきなりドライバーさんに向かって中国語で質問。
あ、中国人だったのね。
と思うとドライバーさんも中国語。
あ、やはり華僑だったのね。
こうなるともう黙ってはいられないので
「我们先要去机场呢」とドライバーさんに聞き、
「你们是中国人吧」と二人に声をかけた。
中国人カップルは深圳人だった。
「去年日本に行ったよー!!すごく良かった!!
 牛肉がめっちゃ美味しかったけど、すごく高かった・・・」と。
神戸牛かな?人気だし。

ドライバーさんは、最初は頭がうまく切り替わらなかったようで、
私が中国語で話す⇒彼は英語で答える⇒私はまた中国語で答える⇒また彼は英語で答える
という他人が見たらちょっと謎な会話だったけれど。w
ヤンゴンとマンダレーは、華僑も移民も仕事で来てる人も観光客も多いと言っていた。(中国人が)


空港でカップルを降ろし、アウンミンガラー・ターミナルへ。
「げげっ!!」
と思うくらいの大きなバスターミナル。というか広場。w
そしてそこには無秩序(に見える)にバスが沢山、タクシーも沢山。

        アウンミンガラー
                         無秩序にバス、タクシーが溢れている。

これは、自分一人でバスを見つけるのは不可能だわ・・・・。
ドライバーさんがバス会社のカウンターまで連れてってくれ、
さらに私が乗るバスまで確認し、教えてくれた。
あぁ~ありがたや~。太谢谢你了!

        アウンミンガラー売店
                         売店がたくさん


           肉まん売り
                         この日の朝食、肉まん。ケチャップ付き。

朝食を調達し、ベンチに座って食べつつ小一時間待つ。
なんだか視線を感じるなぁと思ったら、小さい女の子にジ――――っと見つめられていた。
ニコっとすると、その子もニコって。
なんかいいよね。こういうの。

荷物を預け、バスに乗車。目指すはHpa-an。
(所要時間6時間、5000kyat)
車内ではひたすら睡眠を補った。
そしてお昼、どこかのサービスエリア?食堂?でランチ休憩。

        to Hpa-an SA
                         サービスエリア。バスが次から次へと。

これが噂のごはん休憩!
いろんな人の旅行記で、ミャンマーのバスは昼行便も夜行便も、絶対に食事休憩があり、
寝ていようが問答無用で下車させられると聞いていたのだ。
暑さで食欲もないので、ブドウを買って終了。


Hpa-anに着きバスを降りると客引きが待ち構えていた。
ホテルを紹介してもらい、翌日の車を交渉。

荷物を置いて、またも40℃を超える暑さの中、一人で街を散策。

        カンターヤー湖
                         カンターヤー湖。


        Hpa-an FD
                         Hpa-anの消防署。車両は日本のおさがり。


        Hpa-an market Resturant
                         市場内の食堂?屋台?


           Hpa-an market Fish
                         魚屋さん


        Hpa-an market Fruts
                         果物屋さん


           Hpa-an 尼さん
                         尼さんはピンクの袈裟


街をのんびり一周し、ホテルで汗を流してから夕飯を食べ、ミャンマービールを飲んだ。
ミャンマービール、うまい!


夜、ホテルのベランダで一服。
ただでさえ電力事情がよろしくなく停電が頻発するくらいなので、
街灯もほとんどないし、家の明かりも薄暗い。
そしてヤンゴンと異なり田舎のHpa-an。
星がよく見える。
見上げていたら、流れ星が見えた。
スポンサーサイト
【2016/06/24 04:18】 | | トラックバック(0) | コメント(2)
<<Awesome!! Myanmer 2016 (5) | ホーム | Awesome!! Myanmer 2016 (3)>>
コメント
> 小太郎さん
こんばんは。

ミャンマーは4月5月が一番暑い時期です。
5月末から雨季が始まり、気温が下がります。
主食はお米。日本人の3倍お米を食べます。

特別な思い入れ・・・うーん。
今はありますね~。ホントにみんなが優しく親切だったから。
どの国に行くにも、一通り歴史やら文化の本を読んでから行くんですよ。
(最悪時間がなくてもガイドブックの後ろにあるその辺の話を読みます。)
だから思い入れがあるように思われるのかな?
【2016/06/25 04:09】 URL | 管理人 #zbT7meO.[ 編集]
ちわーですσ(^_^;)

ミャンマーって5月ともなると暑いんでしょうね(゜_゜)
当国では主食はお米なんですか(?_?)
icoちゃんはミャンマーに特別な思い入れが有ったりするんでしょうか(・?・)
【2016/06/24 10:28】 URL | 那須の小太郎 #MlBpHDQg[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://utsubiyori.blog109.fc2.com/tb.php/588-2f44c3fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。