Awesome!! Myanmer 2016 (6)
早起き癖が付いたのか、貧乏性故か、ミャンマースタイルに既に染まったのか。
苦も無く5時半に起き準備をし、朝食。
朝からfried rice。

ご飯を食べつつ托鉢を眺める。
子供の出家僧が家やホテル、レストランを回り、
そしてみんなが当たり前に食事を渡す。
これが日常なんだなぁ・・・・。
義務でも見世物でもなく。
いやらしさは全くなく、そこには温かい空気が流れていた。


暑くならないうちに、KyaiKhtiyo(チャイティーヨー)に向かわねば。
先にチェックアウト、荷物を預けてまだ涼しい道を歩く。

           kinpun
                         

ピックアップ乗り場、すぐに見つかるかなぁ・・・という心配は杞憂に終わった。
大きいからすぐにわかった。w

           pick up乗り場
                         改造されたトラック

トラックの荷台には棒が渡してあり、そこにぎゅうぎゅうに詰めて乗る。
ちなみにトラックは日本の中古車。三菱ふそう。
「○○運送」なんていう地方の運送会社の名前もそのまま。

        トラック1
                         ぎゅうぎゅう詰め。

私は一番端っこ。
車が走りゲートを抜けてから料金徴収。

チャイティーヨーに行くには、ミャンマー人も外国人も
皆このピックアップに乗らなければならない。
これが・・・・面白い。
ジェットコースター並み。
もうニコニコ、にやにやが止まらなくなってしまった。
あまりに楽しくてたまらない。
そうそう、これだよ―これこれ。
私はビッグサンダーマウンテンより、こういうのに乗りたい。
風が気持ちよい。

        トラック2
                         山道を疾走

楽しいのは私だけでなくミャンマーの皆さんも同じなようで。
周りのミャンマー人も、僧侶も、みんなスマホで写真撮ったり、
自撮り棒で自撮りしたり。w

           KyaiKhtiyo
                         ピックアップを降りて歩く。

KyaiKhtiyoに着き歩いてると、ミャンマー人男性に声をかけられる。
あぁ・・・ガイド?やだなぁ。
と思ってるとそうではなく、日本人の私と話がしたかったらしい。
26歳の彼は、大学を卒業して、僧侶になって、そして戻ってきたところだと言っていた。

日本語を勉強して日本に留学したい、
どうやって勉強したらいいと思う?
日本でバイトしたらどのくらい稼げる?
日本のどこに住んでるの?
仕事は?

そんな彼の質問に答えながら、そして案内してもらいながら階段を上り坂を上ると・・・・


           Golden rock
                         落ちそうで落ちない石。

           Golden rock
                         金箔でピッカピカ

ご利益がたっぷりありそう。

彼と話しながら見て回り、そして周囲の街?を歩いて午後の移動に備えて退却。


またピックアップでKinpunに戻り、お昼ご飯。
道端にイスとテーブルが並べてある食堂。

        kinpun lunch
                         木陰で気持ちが良い

メニューはミャンマーカレー。

        Kinpun lunch
                         ミャンマー式カレー

ミャンマーは、米をよく食べる。
一人当たりの米消費量は日本の3倍。
カレーをオーダーすると、お皿にごはん山盛りなだけでなく、
ボウルや洗面器に入った「お代わり用」のご飯が出てくる。
さらに、日本の10倍油を食べる・・・。
カレーは、カレーというより「スパイス入り油煮」、
サラダはサラダというより「野菜の油合え」である・・・・。
これが、次第にツラくなっていく。w
油が多すぎるだけでなく、味も単調。
1週間、10日だったらまだいいが、それを過ぎると飽きてしまうのだ・・・。

スープや生野菜、付け合わせはサービス、というかセット。
この日は野菜炒めと納豆。
そう。ミャンマーでも納豆を食べる。
この日の納豆は、若干ウェッティだけど糸は引かない納豆だった。
(シャン族の納豆は糸を引く。)
「油じゃない」ものが嬉しくて、納豆かけごはんにしてしまった。
ご馳走様でした。


ホテルに戻り荷物を取り、バスでまた次の街バゴーへ向かった。
バスは日本の中古。
「降ります」ボタンもそのまま。w

Kinpun自体は何も見どころはなく、あくまでKyaiKhtiyoへの拠点だけれど、
こじんまりしていて
なんだかとてものんびりしていて、居心地が良かった。
機会があったら次は山頂に1泊して、Golden rockのサンセットとサンライズを見てみたい。
スポンサーサイト
【2016/06/29 02:55】 | | トラックバック(0) | コメント(2)
<<Awesome!! Myanmer 2016 (7) | ホーム | Awesome!! Myanmer 2016 (5)>>
コメント
> 小太郎さん
こんばんは。
いつもコメントどうもありがとうございます。

ミャンマーの交通ルール、どうなんでしょうね。
たぶん結構緩いと思います。
バスのお話しのように、みんなが結構気を使いあってるので、意外に事故は少ないかも?
ただ地方に行くと道は悪いですからね・・・

エアコンはかなり普及してます。
長距離バスは、寒いくらいにエアコン効いてます。涙

ミャンマーはお米の生産地なので、基本米ですね。
緬も米緬が多いです。
【2016/06/30 19:55】 URL | 管理人 #zbT7meO.[ 編集]
icoちゃん、オハー(*^_^*)

ミャンマーでは交通法規はかなり緩いんでしょうか?
交通事故等はそれほど多くないんですか(?_?)

相当に暑そうですがクーラーなどはどの程度
普及してるんでしょうね(・?・)

食事は油っこいのか!私には日本の外食でさえも
油っこいと思うんだけど!コメも1日1膳でいいな(。・・。)
【2016/06/30 08:04】 URL | 那須の小太郎 #MlBpHDQg[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://utsubiyori.blog109.fc2.com/tb.php/590-74bdff81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog