スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
Awesome!! Myanmer 2016 (10)
予想通り、夜明け前からけたたましい鶏の鳴き声。
皆はまだ寝てたけど、一人5時に起きだし歯磨きして、外でぼーっと日の出を眺めた。

時間がゆっくり。
のどか。
ボキャブラリが貧弱な私には、なかなかうまい言葉がみつからない。

        Treck house1
                         1泊目のおうち

初日に泊めていただいたおうち。
床も壁も隙間がたくさん。
床の上に煎餅布団、一応毛布を掛けて寝る。
これ、冬は絶対寒いよ・・・。


さて、7時に出発。バモース!!
朝は涼しく歩きやすいね。

流石に前日の疲れも残ってる2日目となると、みんな言葉少な。w
ただひたすら歩く。
「疲れた」「暑い」「苦しい」
そんなことを考えるのすらやめて、ただひたすら足を前に出す。


        Treck 2 Sight 1
                         畑のあぜ道を進む

畑を抜け、丘を超え、山を超え・・・・

少数民族の方々にお会いし、ガイド君を通してご挨拶。

           Treck 2 Lady
                         赤い布を頭に巻いた少数民族

「こんなところを距離歩くなんて偉いわねぇ」
「いやいやいや、こんなところで農作業して荷物持ってる皆さんの方がすごいです。w」

        Treck 2 Sight 2
                         皆で一休み

ミャンマーでは、子供もよく働く。
深夜のレストランでも、子供たちがホールをやってたり。
露店で店番をしたり。
当たり前に家族を手伝って。
彼らは学校に行ってるのかな、ちゃんと寝てるのかなって心配になるけど、
でも偉いなぁって。
普通に英語で対応してくれたりするし・・・逞しいなぁと思う。


           Treck 2 children
                         小学校

どこかの村の小学校にて。
夏休みらしく、授業はない。卒業パーティーの為のダンスを練習していた。
教室は3つだけ。2学年合同。
ちなみにミャンマーでは、小学校、中学校、高校で、11年だそうな。


この日のランチはシャンヌードル。

        Treck 2 Lunch
                         おひるごはん

休み休み歩いているけれど。
ランチを食べ、ゆっくりすると、もう動き出すのがつらい。
生暖かい風が眠気を誘うし。w



歩いて、歩いて、歩いて。
2日目のこの日が一番距離が長く、一番つらい。

        Treck 2 Sight 3
                         川のほとりで休憩

川のほとりで休憩。
子供も大人も水浴び。
水牛も牛も水浴び。
みんな楽しそうで。こちらまで気分がよくなる。
ガイド君のタブレットで音楽を聴きながらゆったり。

「えーーーーまた上るの?」
「これで最後?」
「大丈夫、そんなに登らないから。」
「これが最後の上りだから」

ブーブー言いながら、励まされながら、なんとか2日目の村に到着。


        Treck 2 House
                         2泊目のおうち


バケツで手足を流し、シートで体を拭いて。少しサッパリ。
近所のお店の店先で、あまり冷えてないビールを飲んだ。


毎日日焼け止めは何度も塗ってるけど、塗るそばから汗で流れる。
眉毛も汗で流れる。
全て「まぁしょうがないよね」って諦めがついた。w
2日続けてお風呂に入れないのも、しょうがないよねって諦められる。w
下着とTシャツは毎日取り換えてるし、そもそもトイレは手動ウォシュレットだし。
そんなに汚くないはず!!


この日も9時前に就寝。
小学生レベルの私たち。w
スポンサーサイト
【2016/07/04 20:58】 | | トラックバック(0) | コメント(0)
<<Awesome!! Myanmer 2016 (11) | ホーム | Awesome!! Myanmer 2016 (9)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://utsubiyori.blog109.fc2.com/tb.php/595-9e64ad4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。