Awesome!! Myanmer 2016 (11)
最年長の私はこの日も一人先に目覚め、こっそり外へ出た。
空気が澄んでいて気持ちが良い。
神聖な朝の空気を肺に目いっぱい吸い込んで目を覚まして。
そしてタバコの煙で肺を満たす・・・w

        Treck 3 sunrize
                         ベランダから朝焼け

次第に明るんでいく空。

ただの空。ただの朝焼け。
世界中とこだって日の出は見られる。
日本でだって日の出は見られる。
それなのに、旅先で見るたびにとても美しいものだと感じ、感動できる。



「なんで毎日そんなに早起きなの?」
とクリラ。
「うーーん・・・私もわからないんだけど。w
 ミャンマーにいるからミャンマースタイルになってるのかなぁ?」


皆で朝食を食べ、出発。
2日間の疲労が蓄積されている最終日が一番つらい。
今日だって十分辛い道のりなのはわかりきってる。
それでも、
今日で最後なんだと思うと名残おしく、淋しくなってくるのが不思議。



畑へ向かう牛さんに出会い・・・

        Treck 3 cow
                         畑へご出勤の牛さんたち

少数民族の女の子たちに出会い・・・

           Treck 3 girls
                         少数民族の女の子たち

そしてひたすら歩く。

           Treck 3 sight1
                         

もう、無言。
「休憩にするよー」
「オッケー」
会話と言えばそれくらい。w


やっとやっと・・・

「ほら。インレー湖が見えた!!」
と言われ、みんなまた元気になった。

        Treck 3 sight 1
                         遠くにはインレー湖

足元にも力強さが復活。
丘を下り、やっとランチ。

        Treck 3 lunch
                         お昼ご飯

フライド・バーミセリとフルーツ。

お腹いっぱいになって、みんなでウトウト昼寝。
ガイド君たちとFacebookで友達になって。w

そして出発。
10分でインレー湖に到着。


           Inle Lake boat
                         このボートでインレー湖縦断

暑気の終わりだったこの時期。
(ほんとにこの日、その翌日あたりで雨季に突入した)
湖の水量が少なくて「景色」としてはそれほど綺麗ではなく、
またポストカードにあるような漁をしている姿は全く見られなかったけれど。
それでも
これまで山と格闘してきた私たちにとっては、緑と湖と青空という景色は
とても真新しく新鮮で、そして嬉しくてたまらないものだった。

           Inle Lake
                         インレー湖。日差しが痛い・・・

日差しが肌に突き刺さり痛い。
加えエンジンのけたたましい音がするにもかかわらず、ウトウトしそうだった。


Nyaung Shwe(ニャウンシュエ)の船着き場から歩いてホテルへ。
3日間お世話になったガイド君とコック君にお礼を言って別れた。
彼らは本当に素晴らしい二人だった。
彼らがいたから3日を乗り切れたし、目いっぱい楽しめた。
感謝でいっぱい。
チェーズティンバーデー。

部屋に入った私たちは・・・・
とにかく、シャワー!!!!
「やっとだね」
「やっと!!!!」
クリラと大喜び。

3日の汗と汚れ、泥を落としてさっぱり・・・と思ったら、シャワー中なのに停電・・・・。
がーん・・・・
ニャウンシュエではちょくちょく停電が起こり、
停電が起こるとホテルのWi-Fiも使えなくなり・・・・
なかなか面倒。

洗濯屋さんへ行き、ブラブラ歩くとお祭りに遭遇。

           Nyaung Shwe festival
                         紙幣をぶる下げたおみこしがいっぱい


ホテルへ戻ると、クリラはたまたま同じホテルにいたイスラエル人の男性(名前失念)と翌日の相談中。
なんだか柔らかい空気を纏った人で、優しいな~と思ったらゲイだった。
ゲイの方々は優しい人が多い。ホントに。

彼は日本もバックパッカーで行ったことがあるとのことで、話が盛り上がった。
日本大好き!日本食大好き!!温泉大好き!!
お気に入りは別府!!
とのこと。
「日本好き」って言ってもらえるとやはり嬉しいね。
どうもありがとう!


夕食はもちろんビールとともに。
3日間、お疲れさまでした。
スポンサーサイト
【2016/07/05 00:42】 | | トラックバック(0) | コメント(0)
<<Awesome!! Myanmer 2016 (12) | ホーム | Awesome!! Myanmer 2016 (10)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://utsubiyori.blog109.fc2.com/tb.php/596-64fcb931
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog