スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
Awesome!! Myanmer 2016 (15)
マンダレー近郊にはかつての古都が残っている。
Inwa(インワ)、Mingun(ミングォン)、Sagain(サガイン)、Amarapura(アマラプラ)。

マンダレーに3泊、観光は実質2日の予定だし、
一日はマンダレー市内を観光したいし、
この3つを一日で効率的に回るにはどうしても車のチャーターが必要になる。
一人でチャーターするのも・・・と悩んだうえ、
今回はミングオンとアマラプラだけ行こうと決めた。


さてMingun。
外国人は、政府指定の船に乗らなければならない。
この船、一日一往復のみ。
午前9時半の出発に合わせバイタクで船着き場に行き、船に乗る。
この船でエーヤワディー川を渡ってMingunへ。
乗客はアジア人5人、欧米人3人。

        船着き場
                         船着き場。

アジア人男性の二人組と話し始めると、彼らはベトナムのハノイの方だった。
たまにはこういうゆっくりと時間が過ぎるのもいいよねって。
トータルで1週間のミャンマー旅行だそう。
(注。彼らはバックパッカーではない。
   経験上、アジア人でバックパッカーをやってるのは日本と、あとは韓国の少数。
   国が発展して、文化的に豊かになり、ある程度の時間がたたないと、
   バックパッカーという発想にならないし、そういう旅に価値が見出されないのだと思う。)

海外の話になって・・・
あ、そうか、ベトナム人かと思い、
フランス語話せる?と聞くと、
話せるよ~、フランス行くには便利だよって。
かつて、悲しい歴史ではあるけれど支配する側だった日本においては、
歴史故に外国語が話せるというのはないからなぁ。
英語にフランス語、ベトナム語、すごいね。
そして大学時代少し日本語勉強したらしくちょっとだけ覚えてるって笑ってた。

ベトナムに行った時の話をして、その時は中国から行ったというと、話題は中国になった。
そしてベトナム人の彼は言った。
「中国人は嫌いだ。中国は大嫌いだ。最低な国だ。」
・・・・・まただね。苦笑
みんなが「中国は嫌い、中国人は嫌い」と言うのはよくわかる。
私だって嫌いだから。
でも、もちろんいい人もいっぱいいて、お世話になった方もいて・・・
「中国は大嫌い」と聞くたびに複雑な気持ちになるのも事実。

「日本とベトナムは似てるところがある。
 ミャンマーも似てるところがある。
 だから、そういう国同志仲良くして、協力できたらいいね」
と彼。
うんうん、私もそう思う。

        エーヤワディー河
                         

1時間の船旅でMingun着。
帰りの船まで各自観光。日差しが強く、かなり暑い。

        Mingun
                         Mingun Payaから

           Mingun bell
                    Mingun bellにて。自撮りするミャンマーの若者

        シンピューメ
                         シンピューメ

           休憩
                         日陰で休憩中

また船でマンダレーへ戻る。
ベトナムの二人はこの後はマンダレーヒルに行くそう。
私はどこかでランチして、サンセットに合わせてAmarapuraに行こうかなと話していた。
船が到着し、降りようとすると、欧米人男性の一人が
「Hello!
 これからランチに行くんだけど、良かったら君も一緒に行かないか?」
声を掛けてくれたのはイタリア人のステファン。
やっぱイタリア男・・・優しい。w
さらに(どこの国か聞きはぐった)マリオとヌヌの
190センチはあろうかという巨大かつイケメン男性3人とランチへ行くことに。
ラッキー。目の保養目の保養。w

ランチをして・・・そのまま車チャーターする流れに。
さらにラッキー。
一人でAmarapuraのはずが、すべて回れる。

軽トラと交渉して、荷台に乗り込み観光。

        Sagain hill
                         Sagain hillから
こちらはサガインヒルからの眺め。
雰囲気が良かったので、今度は一日かけてサガインを回りたい。

           Inwa Yatana Sinme Paya
                         Yatana Sinme Paya in Inwa
インワは馬車に乗って観光。


        撮影中
                         熱心に撮影する大男たち。w


そして念願のAmarapura、U-bein Bridgeで夕日。
しかもイケメン3人と一緒。(←若干しつこい)

        ウーベイン橋1
                         

           ウーベイン橋2
                         

        ウーベイン橋3
                         
U-bein Brdge(ウー・ベイン橋)は全長1.2㎞もある木造橋。
シルエットがなんとも素敵で、ここで見る夕日が美しい。


ほんとに大満足な一日だったけれど、
この時ほど自分の英語力を悔いたことは今までなかった。
もっと話せればよかったな、というだけじゃなく、
みんなに迷惑かけちゃったなと・・・ごめんね。
でもどうもありがとう。


           串揚げ
                         
シャワーを浴びて、ナイトマーケットへ夕食を食べに行った。
これは臓物の串揚げ屋台。
好きな串を選んで中央の油へ投入!
温まったらチリソースを付けて頂きます。
ビールがなかったのが残念で仕方ない・・・・・。
(そもそもドリンク自体が持ち込み式。)
スポンサーサイト
【2016/07/10 01:48】 | | トラックバック(0) | コメント(0)
<<Awesome!! Myanmer 2016 (16) | ホーム | Awesome!! Myanmer 2016 (14)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://utsubiyori.blog109.fc2.com/tb.php/600-027872b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。