Awesome!! Myanmer 2016 (18)
バスでBagan(バガン)へ移動し、ネットで予約をしたホテルにチェックインした。
(安宿はHostel worldなどで探すことが多いけれど、
 ミャンマーに関してはほとんどHostel worldに掲載はなく、
 その代わりにAgodaにいっぱい載ってます。
 ドミトリーも載ってます。)

色々考えて・・・バガンではプチ贅沢をして、ちょっとリゾートを味わおうと決めた。
と言っても、一人でOld Baganのホテルに泊まるのもなぁ・・・と思い、
Nyaung Oo(ニャウンウー)の、プチリゾートなホテル。
アジアンな雰囲気、開放感あるレセプション、綺麗なお庭にプール・・・
部屋もとても綺麗だし、良く寝られそう!

Baganの滞在は2泊3日、観光できるのは初日の夕方~3日目の夜のみ。
3日目はまた夜行バスに乗り、Yangonへ向かうから。


滞在中は、とにかく・・・ひたすら・・・走りまくった。
電気チャリで。
もちろん車をチャーターするという手もあるのだけれど、電気チャリなら自分のペースで見て回れる。
フレキシブルに動き回れるし、一日借りて5000Kyat。
ちなみに、当たり前だけどデメリットもある。
朝から走ったら夕方には充電がなくなっちゃうし、
充電がなくなったり壊れたら、借りたお店に電話して迎えに来てもらわなければならない。
さらにちょっとメイン通りを外れれば、未舗装のオフロード。
これを疾走するのは結構辛い。
加え、バガンは他の町とは違い、圧倒的に木が少なく木陰がない。
直射日光をガンガンに浴びるはめとなるし、
遺跡群の中に、エアコンの利いたカフェやレストランなどはない。


到着したその日のみ、ホテルのタクシーでサンセットを見に行った。
Dhammayangyi Temple(ダマヤンヂー寺院)、Sulamani Tempke(スラマニ寺院)に寄ってから、
Pyathada Temple(ピャタダー寺院)でサンセット。
(バガンの仏塔は上に登れるものが限られているので、
 どうしてもサンセットやサンライズは人が集中する。)

        Bagan1
                         
ホテルのスタッフさんが言っていた。
「バガンは約40㎢の場所に、3000の遺跡があるんだ。
 でも、損傷や風化が激しいし、修繕は全く追いつかない。
 何年か経ったら、遺跡はもっと減っちゃうし、
 登れる遺跡はなくなっちゃうかもしれない。
 だから、今来て正解だよ」

        Bagan sunset1
                         ピャタダーからの夕日


翌日はニャウンウーからメインロードを走り、オールドバガンへ。

        Bagan2
                         

           Bagan3
                         

           Bagan4
                         

           Bagan5
                         

           Bagan6
                         

アノーヤター通りを通ってホテルへ戻り、休憩、プール、ちょっと一杯。
そしてもう一度オールドバガンへ向かい、
Shwesandaw Paya(シュエサンドー・パヤー)でサンセット。

サンライズもサンセットも、何処で見るかも大事だけれど、
それ以上に天気が一番重要で、こればかりは運なので・・・
2日目の方が夕日がきれいだった。w


最終日は気合で早起きし、まだ薄暗いうちに電チャリをすっ飛ばしてBule Thi(ブルディ)。
早起き、した甲斐があった。
次第に空が、全てが青白く明るくなり、
山ほど台地から仏塔が生えている向こうから、太陽が昇った。
「うっわぁーーー!!!」というのが感想。w

正直、これほど感動できると思ってなかった。
これまであまりに沢山の「すごい景色」を見てきてしまって
感動の閾値が上がってしまったから。
ちょっとやそっとのものでは、感動できなくなってしまったから。

        Bagan sunrze1
                         

        Bagan sunrize2
                         

サンライズを見た後は一度ホテルに戻り、朝食と休憩。
そしてチェックアウトし、荷物を預かってもらってから出発。
前日とは違う道、東から攻め、ニューバガンへ。
そこから北上、またオールドバガンを通り、ニャウンウーへ戻った。

           Bagan7
                         

           Bagan8
                         


夕方、ホテルに迎えに来たピックアップに乗り、バスターミナルへ。
夜行バスでヤンゴンへ向かった。



バガン。
雨後の筍のように、台地から仏塔が生えている地。
そう、「生えている」。
世界三大仏教遺跡は、カンボジアのアンコールワットとインドネシアのボロブドゥールと、
ここミャンマーのバガン。
私は・・・アンコールワットよりバガンの方が好きだ。

        Bagan sunset 2
                         シュエサンドー・パヤーからのサンセット
スポンサーサイト
【2016/07/12 17:45】 | | トラックバック(0) | コメント(0)
<<Awesome!! Myanmer 2016 (19) | ホーム | Awesome!! Myanmer 2016 (17)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://utsubiyori.blog109.fc2.com/tb.php/603-b343b945
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog