スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
溢れたコップ  14
一体いつまでこの話を書いているんだろう・・・と最近思う。
でも、早く書いてしまわないと、
色々なことが脳ミソの記憶中枢から抜け出ていくようで、
だから早く書き終えなきゃとも思う。

こんな話は読んでいる方々にとって、面白くもなんともないだろうとも思う。
でも、一種の自己満足と、備忘録だと思って諦めて頂けたら有り難いです。

また一方で、
「鬱かもしれない」と思っている方
「会社・・・休職しようかな」と思っている方
「会社を退職しようか」と思っている方々が
たまたま検索や何やらでこのブログを見て下さって、
私のような道?方法?もあるんだな、と何かのヒントにして頂けたら嬉しい限りです。


ということで、まだまだ続きます。

(これまでの話は、カテゴリー「うつ発症から退職までのハナシ」をお読み下さい)




水曜日。

もう、朝起きてから会社に
「休ませて下さい」
の電話をしなくてもいいんだと思うとホッとした。
涙が出るくらい気持ちがラクになった。

電話するなんて大したことじゃないのに、
端から見たらバカみたいだろうけど、
私にとってはものすごく大変なことだったんだと改めて実感した。


目覚めてからしばらくダラダラして、洗濯して、
実家に帰るための荷造りをする。


「迎えに行こうか?」
電車でパニック発作を起こした私に、母はそう言ってくれたけど
大丈夫だと思ったから断った。
今日乗る電車は「会社行き」じゃなく「実家行き」。
私にとっては「地獄行き」と「天国行き」の差みたいなもの
だから大丈夫だろうと。

おまけに全席指定だし、圧迫感もない。
万一気持ちが悪くなったって、トイレもある。
だから、何とでもなる。


兄のトコロに寄ると、Fさんがいて(私のゴルフの師匠です)
「ここんとこ、大分顔色良くなったなー」
と言われた。
魔の1週間が過ぎ去って、休職が決まって、
それだけでも他人から見て、顔色が良くなったみたいだった。


ソラナックスを飲み、
何とか地下鉄に耐え、乗り換えた。



私は「天国行き」の電車を待っていた。

ところが。

落ち着かない。
「待つ」ことが辛い。

じっとしているのが辛い。
冷たいお茶を飲んでベンチに座ってるのも辛い。

やっと電車がくるとホッとして、自分の座席に座るも、
やっぱり辛い。
ただ座って、じっとしているのが辛いのだ。
そんな自分に驚いた。
まるで多動障害みたいじゃないか。

うまく表現できないのが歯痒いのだけど、
「どうしよう」
「どうしたらいい?」
「お願いだから早く電車来てーーー」
「お願いだから早く実家に着いてーーー」
とソワソワしてしまうというか、
とにかく普通のこと、今まで何ともなかったコトが辛いのだ。



ipodで誤魔化しつつ電車をやり過ごし、
やっと地元の駅について、改札を抜け、車を探した。
母の顔を見たときはホッとして、涙がこぼれた。

余計な心配かけちゃいけないと思って、
涙を拭いて、
車のドアを開けると
母は「おかえり」って。
私は「ただいま」と言い、
そして、それだけのことで、安心した。

またウルウルした。


家に帰って母の作ったご飯を食べて、
自分の部屋で一服すると、「帰ってきた」という実感が湧いて、
ココロが少し暖かくなった。
やっぱり実家に帰って良かったと思った。

実家は私のサンクチュアリ。




それでも。
「大丈夫な時は会社に出る」
「週に1度はメール」
という重圧から逃れられなかった。

その晩は、
Oサマに「取り急ぎのお礼のメール」をしなきゃと焦った。
PCを起動し、メールソフトを開いても、
文章が出てこない。
出てくるのは冷や汗と、鼓動の音だけ。

お願いです、もう1日だけ待って下さい


声に出すともなくそう願い、メールは諦めた。


結局翌日の晩、悩んだ末に無難なメールを送った。

 先日はお忙しい中、わざわざありがとうございました。
 ご馳走様でした。
 会社の皆様が温かく見守って下さって感謝しています。
 ご迷惑お掛けして申し訳ありません。
 今後ともよろしくお願い致します。

こんな感じの当たり障りのない文章。
正直、他に書きようがなかった。
頭に浮かんでこなかったのだ。


翌日、早速Oサマから返信が来ていた。

 元気な姿を見て安心しましたが、ゆっくり自宅で静養してください。
 あまり考え込まないで、
 体調が良かったら外に出て、気分転換してください。
 会社や部長達には説明しておいたので、安心してください。
 また、メール待っています。


私は、頑張って元気にしていたんだけど。
やっぱり、他人からみたら「普通に元気」なんだろうな・・・と実感した。


でもこれで、とりあえずはゆっくり出来ると思うと安心した。

(続く)
スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

【2007/09/14 03:45】 | ウツ発症~退職までの話 | トラックバック(0) | コメント(6)
<<溢れたコップ  15 | ホーム | 皮膚描画症(皮膚描記症・皮膚紋画症)。>>
コメント
>stars様
はじめまして。
コメント頂きどうもありがとうございます。

私も結局退職、今はのんびり生活中です。
充電期間だと思って、
「楽しい」とか「やってみたい」と自分が思えることをやろうと思っています。

starsさんのブログ、今度ゆっくり拝見させて頂きますね。
今後ともよろしくお願いいたします。
【2007/09/14 20:38】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
Oh no...

うつ生活24時のブログを書いている

starsです。

会社への休みの電話、わかりますよ。

結局、私は退社するはめに・・・

でも、それで正解。

少しでも、コンディションを良くする事が先決。

だから、今は何もしていない暇人。

でも、それで正解なんです。

人生に無駄はない。

苦労は買ってもすれという、ことわざもある。

むしろ、この苦労に感謝しなければならない。

最近は、英語の勉強をしています。

簡単な英語でメール等できたらうれしいです。

see you!!
【2007/09/14 19:36】 URL | stars #4iUGLb02[ 編集]
>tomo様
こんにちは。
そう言って頂けると嬉しいです。
思うままに書き続けて、はやく(おしまい)にできるように
適度に頑張りたいと思います。

それにしても、電車と人ごみ、辛いですよね・・・
今日はこれから病院行こうかと思ってるんですが、
金曜の夕方だし、人ごみ怖いです。涙
【2007/09/14 15:06】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>Bulb様
当時のことを思い返すと、今は大分良くなっている様な気がします。
あくまで気がするだけ?笑

実は、プチODはたまにやってます・・・・・
リスカ、しないように気をつけたいと思います・・・
たぶん大丈夫。
【2007/09/14 14:57】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
icoさん、おはようございます。

この話は、周りの人にカミングアウトする難しさと、「電車」が怖いという同じ気持ちを僕も持っているので、
「同じ悩みで苦悶してる人がいるんだな。その気持ち俺も分かるよ!」
というこっちもある意味自己満足的な感じで、この話は読んでいます。(笑)
僕だって未だ電車には乗っていませんし、街に買い物とか行くときはワイパックスとかちゃんと飲んでから行きますし。
それでもちゃんと避けずに電車に乗ったicoさんはえらいですよ。

この「病」を理解できるのは、なった当人たちだけだと思うので、しんどい思いは共感できます。
お互い自己満足同士かも知れないので、思うがままに書き続けてください☆
【2007/09/14 10:42】 URL | tomo #-[ 編集]
icoさん
おはようございます。
これで大丈夫なんだ。と頭では解っていても、身体が言う事をきかない。きついですよね。
やっぱり駄目なのかな。とか、どうしたら良いんだろうとか、考えちゃいますよね。
でも、リスカとかODに走っちゃ駄目ですよ。
って、自分に言ってるかも(苦笑)
【2007/09/14 05:09】 URL | Bulb #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://utsubiyori.blog109.fc2.com/tb.php/62-cb8d1539
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。