マザコン娘。
実家では・・・。
毎日ボステリのハナコ(チワワサイズの小型犬)と遊び。
(ボストンテリアは寒いのが苦手なので、コタツはハナコの部屋と化している。)
お母さんと話しつつお茶して。
お風呂掃除と食器洗いをして、少し料理をして、パンを焼いて…
夕食後は両親と3人+ハナコ+猫でコタツでゴロゴロして…

という生活をしていたけれど、先週末東京へ戻ってきた。
いや、本当は病院の予約もあったしもっと早く戻るつもりだったのだけれど、
寒くてなんだか面倒になっちゃった、というのをポロリと母に言ったら
「キャンセルしちゃえば〜。
うちも仕事ヒマだし、icoいると楽しいし」
と背中を押されてしまった(笑)


週末、東京へ戻ると言った私に母が言った。
「いつもね、icoが帰るって言うと、なんだか具合が悪くなってきちゃうんだよね。
だから今日もさっきセルシン(安定剤)飲んじゃった(笑)
なんでだろうね。
自分で思ってる以上に普段退屈してるのかな」

笑って「そうかもね〜」と応えた私は、涙を堪えるのに必死だった。


鬱で実家に帰るようになった頃から、私は母が優しくしてくれたり、
母が疲れてるのを見たり…
その他いろいろ、その度に涙が出てしまうようになった。
何故だかわからないけど、いつもそう。
今だってこの文章を涙ポタポタ零しながら書いてるくらい。



我が家の環境はかなり特殊で、私は子供の頃から母が苦労して我慢してるのをずっと見てきた。
だから「可哀想じゃない」お母さんにしてあげたかったし、今でもそう。

この数年、毎年母を招待して海外に行ってたのも、
以前書いたようにホームベーカリー買ってあげたりというのも、
今回の長期の旅の途中でお土産買って何度か日本へ送ったのも、
今年のお正月、私が御節を作ってご馳走作って、伯母と3人で東京でお正月をしたのも…
少しでも「楽しい」「幸せ」を作ってあげたいから。


子供の頃に感じたことというのは幾つになっても抜けないもので、
それこそ三つ子の魂百まで で…
私はもしかしたらアダルトチルドレンなのかもしれないとふと思った。

それに加え、当ブログの長年の読者の方々にうちの母のファンが多い(笑)けど、
そのくらいよく出来た母だけれど、一方で
嫌な記憶というのも私には沢山ある。
自分が大人になった今となっては、
お母さん、あの時ものすごく大変だったんだろうな、疲れてたんだろうな、
と理解が出来るけれど
昔は悲しかったり傷付いたりしていた。

これらが、私の複雑な心理・性格、鬱になりやすいアタマを作ったのだろうなと今思う。



若干話が脱線してきたけれど。

私はお母さんが大好きで、大好きで…
あとどれくらい一緒に居られるだろうと考えたり、
お母さん死んじゃったらどうしようと思うと、
まるで子供のように泣きじゃくりたくなってしまう。
33歳にもなって…
私はどこかおかしいのかもしれない。

実家に帰ってもう一度両親と生活したいと思ったりもするけれど、
仕事や自分の人生を考えると、どうしても難しい選択肢になってしまう。

どうしたらいいんだろう。
そして、両親がもっと歳を取ったら、どうなるんだろう。
スポンサーサイト
【2017/01/26 04:03】 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(4)
<<恥を忍んで… | ホーム | 焦りの生まれる環境>>
コメント
>Erinaさん
こんにちは☆
コメントどうもありがとうございます。
私も以前は自分に問題があるんだ、欠陥があるんだ…と思って、それで益々重く暗くなってましたが。
考え方を変えたら大分楽になりました。
みんながみんな「会社」や「組織」の中で働かなきゃいけないわけじゃないと思うんですよね。
他人は好き勝手言うけれど、自分の人生を保障してくれるわけじゃないんだから、自分の幸せと居心地の良さを変えて生きていけば良いんだと思ってます。
日本社会はそれをやりづらいですけどね(苦笑)

カナダですか〜!
カナダの人やシステムが好きです。
日本がカナダから学ぶことはいっぱいあると思います。
もう少しおおらかで寛容な国になってほしいと思ってますが、難しいでしょうね・・・
みんなは望んでないようですから。

なかなか更新も出来ませんが、またお時間ある時に覗いてくださいね。
【2017/02/23 17:33】 URL | 管理人 #uuf86eIY[ 編集]
お返事ありがとうございます♪
確かに…向き不向きなのかもしれませんね!
そう考えたことはなかったです!いつも自分がいけないんだ…と責めてました。。私も、資格を取ってフリーランスで働ける方法を模索中です。会社に所属することだけが全てじゃないですよね。
ちなみに私もしばらくカナダに住んでいた経験があります。日本の社会が苦しくもあります。また海外行きたいけど親の心配が…と、同じこと考えていますよ。笑
私も、ACっぽいなと思ってます(笑)父はアル中でしたし…。
これからも更新楽しみにしていますね^ ^
たまにコメントさせてください☆
【2017/02/20 16:25】 URL | Erina #-[ 編集]
> Erina様
初めまして。
コメント頂きどうもありがとうございます。

私のように考えている方がいるんだー、1人じゃなかったーと、少し心強い気持ちになれました。
どうもありがとうございます。
コメント拝読して…理解出来る部分が多すぎて、また涙出てしまいました。

仕事始めても体調悪くなっちゃうって、別に甘えでも嘘でもないですし、ただ「向いてない」だけだと思うんですよ。
私はわりと最近気付きました(笑)
おまけに「とりあえず」で始めた今の仕事すら辞めたいですもん。
おねしょするわ頭痛に悩まされるわ…
だから「会社で働くのではない」働き方を模索中です。
それと日本を出ることを考えてます。
ただ、海外に出ちゃうとどうしても母と遠くなってしまうし、何かあった時にすぐに行ってあげられなくなってしまう…

宗教ですか…
信仰は個人の自由ですし批判する気は毛頭ありませんが、特定の宗教を信仰していない私にとっては、
たとえ母であっても熱心な信者と共に暮らすのはキツイだろうなと想像します。
帰りたいけど帰れないお気持ちお察し致します。
私も実家は田舎なので…帰っても仕事ありません(涙)
バイトもスーパー、コンビニ、飲食店位しかないです。

最近、ACの本を読み始めました。
親がアル中だったわけでも虐待の経験があるわけでもありませんが…
やはり私はACなのかもと思ってます。

なんにしても。
お互い自分に合った職場や生き方が見つかるといいですね!
【2017/02/19 22:03】 URL | 管理人 #uuf86eIY[ 編集]
初めまして。
ブログ拝見して、似てる部分が多くて思わず泣いてしまいました。職場環境によってうつ発症し退職、優しい母に経済的な援助をしてもらい…どうにか1人暮らしをしている29歳です。仕事を始めても、体調がすぐ悪くなってしまい続きません。仕事は好きなのに…(;_;)
自分が情けないですし、苦労して育ってきた母に迷惑を掛けていることが、辛くて辛くて仕方ありません…。もっと楽をさせてあげたいし、何でも私がしてあげなくちゃいけない立場なのに。と考えて、涙が止まらなくなります。本当は実家に帰って静養したいですが、母はとある宗教の熱心な信者なので、その宗教との交流が生まれるとひどいストレスになってしまって…それができません。けど、もちろん母にそれは言えません(笑)それに、実家は地方なので仕事も少なく…。
icoさんのお母様への気持ちが分かるような気がして、思わずコメントしました。素敵なお母さんですね!icoさんのお母さんへの愛情も然り、お母さんのicoさんへの愛情も伝わってきました!親は、子供が元気で生きていてくれることが1番って良く聞きますけど、それじゃあ足りないような気がすること、あったりします。
【2017/02/17 11:29】 URL | Erina #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://utsubiyori.blog109.fc2.com/tb.php/625-7afcfe34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog