スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
溢れたコップ  15
ここ数日、私の片付け日記?愚痴日記?にお付き合い頂きました皆様、
本当にどうもありがとうございました。
お陰様でなんとか乗り切ることが出来ました。

伯母も無事帰ってきたので、今後はいつものブログに戻ると思います。


ちなみに今日は、ロヒを飲んだのにも関わらず
猫の病院の時間に目が覚めました・・・
そして苦労して二度寝。
昼前に起きて、薬を飲んで、猫にも薬を飲ませて
猫トイレを片付けて、
廊下を拭き掃除して、
エアコン掃除して、
猫のモノを買い出しに行って・・・・
と結局あーだこーだ言いつつ動いてました。苦笑

伯母からは、ちゃんと家政婦代を頂きました☆
(でも日給計算すると割に合わない・・・)
そして
 「ico、疲れてない?目の回りクマできてる。」
と宣ったため
どれだけ朝起きるのがつらいか、
起立性低血圧がひどいか訴えておきました。
今の”半分”モノを捨てるという約束もさせました。
(約束守ってくれるのかはわかりませんが・・・)

今のところ気分は少しの達成感と、安堵。
そして、一抹の不安。
すこーーし、嫌な予感・・・



ということで、久々に連載再開です。

(これまでの話は、カテゴリー「うつ発症から退職までのハナシ」をお読み下さい)




翌日からは、のんびり気ままに過ごした。

ついつい遅く寝てしまい、お昼頃起きたり。
猫と昼寝したり。
DSに熱中してみたり。

調子が良いときは、母の買い物に付き合ったり、
犬の散歩に出かけたり、
そんな毎日だった。


でも。
日内変動が激しく、夜中になると、
頭の中は、猛嵐。猛吹雪。


どうしよう。
どうしたらいい?
散歩してる位なら会社行けるじゃない。
「来られる時だけ来ればいい」って言ってくれたじゃない。
会社に行かなきゃ。
どうして会社に行けなくなってしまったのだろう。
今となっては、余計に会社に行きづらい。
会社の先輩方に負担を掛けてしまって申し訳ない。
仕事に穴を空けて申し訳ない。
やりかけの仕事も放ってきてしまったし。
みんなは私のことをどう思ってるんだろう。
ただサボってるだけだと思ってるんだろうな。
私はなんて根性が無いんだろう。
辛抱ができないんだろう。
我慢が出来ないんだろう。
いい年して甘えすぎだ。
どこから道を踏み外してしまったのだろう。
私は最低。
私は社会不適合者。
私は不良品。


毎日、寝ても覚めても、頭の中はこんな感じ。

そして毎晩、昼寝の度、悪夢にうなされ汗をかいて目が覚めた。
大抵、会社の夢だった。
あとは、自分が必死に走ってる夢や、
泳いでも泳いでも岸にだとりつかない夢など。
本当に怖かった。




結局のところ、私は、
休職しても”会社”や”仕事”から解放されなかった。
というよりむしろ、執着していた。
離れられなくて、気になって気になって、仕方がなかった。

テレビや新聞、雑誌、ネット、それらの情報媒体から
私の仕事に関する情報を目にする度に
悲しくて、辛くて、悔しくて、涙が出た。


 「本当なら、私、この仕事してたんだよな。」

そう思って、自分自身がイヤでたまらなかった。
もうどうしようもなく、悔しくて、落ち着かなくて、ただ辛かった。
(ちなみに、退職して2ヶ月以上たった今でも・・・)

「休職なんて、しなければよかったのかな。
 無理してでも、這ってでも、吐いてでも、泣きながらでも
 ちゃんと会社に行ってればよかったのかな。
 そうしていれば
 『行きづらい』という感情が芽生えることも
 悔しいという思いをすることもなかったのにな。」
そう思いさえした。


 「休むっていうのも、なかなか大変なんですよね」

ドクターに言われたその言葉が重たかった。
身をもってその言葉を実感した。

休みたくても、頭の中を空っぽにしたくても、
どうしてもできないのだ。



いつもいつも、会社のコトばかり考えて、申し訳ないと思って。
また、Oサマと約束した「週に1回メール」という重圧があって、
「メールしなきゃ」と脅迫観念に取り憑かれて。
私は甘えてるのかなって繰り返し考えて。
とにかく辛かった。
涙ばかり出てきて、どうしようもなかった。



頭はパンクしそうだった。
身体も言うことを聞いてくれなくて、
寝てばっかりだったり、引きこもりだったり、
明らかに顔色も悪く、具合が悪かったり・・・
「消えてしまいたい願望」もひどかった。
それでも理解のある両親と共に実家で静養していたことが、
「消えてしまう」ことを踏みとどまらせていたのだろうと今になって思う。

(続く)
スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

【2007/09/20 01:34】 | ウツ発症~退職までの話 | トラックバック(0) | コメント(4)
<<溢れたコップ  16 | ホーム | 溢れたコップ  14>>
コメント
>tomo様
こんにちはー
「散らかり気味の方が落ち着くタイプ」確かにそうかもしれません。
お尻重たいし。

たしかに鬱がひどいときは消えちゃいたい願望ありますよね・・・
まぁ踏みとどまってるから今こうしているんですが。
今後も一歩ずつ前向いていきましょ☆
【2007/09/21 16:47】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>Bulb様
こんにちは。
たしかにウツウツの時のマイナス思考って、
ある意味すごい能力かも。笑
ただ私の場合、自分自身にまつわることに対してのみで、
人様や世間に対してマイナス思考にならないんですよね・・・
リスクヘッジャーにはなれませんね。苦笑
【2007/09/21 16:44】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
icoさん、お疲れ様でした。
家政婦代もらえただけでもよかったですね☆
実は叔母さんは散らかり気味の方が落ち着くタイプの人なのかもしれませんよ。
多分、きっと。

「消えてしまいたい願望」は僕もありましたね。
「消える」事を踏みとどまらせてくれたのは、付き合っていた恋人でしたね。
彼女がいなければ、こうしてicoさんのブログに出会う事もなかったでしょう。(笑)
【2007/09/20 22:54】 URL | tomo #-[ 編集]
icoさん
おはようございます。
お片づけお疲れ様でした(苦笑)
良かれと思ってとった行動も、ウツウツの時はそれすらもマイナスに考えてしまいますよね。
全てをマイナスに考えてしまう。
これって、ある意味すごい能力ですよね。
リスクヘッジャーにとっては、あらゆるマイナスを想定できるから、欲しい能力かもw
【2007/09/20 07:37】 URL | Bulb #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://utsubiyori.blog109.fc2.com/tb.php/69-9579fdff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。