スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
溢れたコップ  16
今日も一日、寝たり起きたり。
気持ちもわりと安定していて、ちょっとだけのんびり気分。
それでも彼(彼女?)↓のようにお昼寝できるのは、まだ先のような気がする・・・笑

       お昼寝
                   メキシコにて。 タバコの箱を枕にお昼寝中。


では本題へ。
(これまでの話は、カテゴリー「うつ発症から退職までのハナシ」をお読み下さい)




実家に帰ってから1週間が過ぎようとしていた頃。

留学時代の友達が日本に完全帰国し、東京に来るとの連絡が入った。
彼女は頼りになるお姉さんといった感じ。
ものすごく大好きだし、お世話になった彼女にどうしても会いたかった。
仲間うちも集まるらしく、
久しぶりにみんなに会いたいと思って
一抹の不安を抱えながらもまた東京に戻った。
(ちなみに私以外はみんな30歳~の人達。)
病院に行く都合もあってちょうど良かったし。


なんとか電車も乗れ、一安心した。(安定剤飲んだけど)

でも約束の日は平日。
「会社、休職してます。」
と、みんなに打ち明ける気にはなれず、わざわざスーツを着て出かけた。


場所は新宿。
中央線と、新宿の人混みでパニック発作を起こしそうになりながら、
なんとか耐え忍んだ。



みんなに会ったら元気になれて、
めちゃくちゃ楽しい再開&飲み会になった。

 「icoちゃん、痩せた?なんかキレイになってるー」

なんて言われちゃって。笑
(痩せたのは事実・・・)


盛り上がりまくり、結局終電も逃してタクシーで帰宅。
気の置けない仲間となら、普通に会って、話せて、
呑めて、笑えるんだって、このとき実感した。
「ウツ」であることも誤魔化せちゃうんだって思った。
それがいいのかはわからないけれど・・・


そして翌日はめちゃくちゃな体調で病院へ行き、
また這うようにして実家に帰った。
(ゴミ箱のような伯母の家にいること自体が負担だったから。)
そして眠剤を飲んで泥のように眠った。



翌日は、「週に1度のメール」の約束のため、
一日中メールの文章を考えていた。
働かない頭をフル回転させて、無い知恵を搾り出してOサマにメールを書いた。

 「先週から実家で過ごしています。
  思い返してみれば、実家を出てからこれほど長く過ごすのは始めてです。
  居心地も良くのんびりしていますが、
  先日Oサマが仰っていた
  『人間は働く動物』というのを痛感しています。

  今週一度会社に顔を出そうと思っていたのですが、
  なかなか思うようにいきません。
  頭と心と身体が言うことを聞いてくれません。
  来週は出勤できたらと思っております。

  ご迷惑お掛けして申し訳ありません。
  また御連絡させていただきます。」


そんな内容。
”来週”出勤できる自信なんてミジンコ程もない。皆無だ。
でも仕事のことが頭から離れないのは事実だったし、
会社に行かなきゃと思い続けているのも事実だったから。


そしてOサマからは翌日返信が来た。

 「慌てなくていいですよ。
  ゆっくり休養して、充電してください。
  じっくり自分を見つめ治すことが大事です。
  そのうち気力が沸いてきて、動けるようになります。
  大事なことは毎日を楽しむこと。
  仕事も同じです。楽しんで楽しみまくること。
  そしたらすばらしい仕事ができます。
  楽しみにしてます。
  無理しないで、またメールください。」


メールの文面は優しくて一安心したけれど、
それでも本心は・・・良く思ってないんだろうな、と思ってる私がいた。

Oサマは、見た目も良く、スマートで、素敵なオジ様という感じの人。
私に対して、いつも笑顔で、気にかけてくださって、優しかった。
でも、私が勝手に思うに、
「この人は一生うつ病とは無縁だろうな・・・」というタイプ。
だから恐らく私の心境なんてわからないだろうなって、諦めていた。
(失礼な話ですが。苦笑)



これで1週間はメールせずに済むと思えば一安心なのだが、
超マイナス思考の私は
 「また1週間したらメールしなきゃ・・・今度はどうしよう」
そう考えていた。

「週に1度はメールする」という重圧に押しつぶされそうだった・・・


(続く)
スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

【2007/09/23 02:13】 | ウツ発症~退職までの話 | トラックバック(0) | コメント(6)
<<溢れたコップ  17 | ホーム | 溢れたコップ  15>>
コメント
>tomo様
こんばんは~

そうそう、「気がそれて」その言葉通りです!!
でもその仲間ってのも微妙で、
仲のいい友達でも無理だったりして・・・
難しいです。

自分が体験してみて初めてウツの辛さがわかって、
だから今後はウツの人に優しくなれる。
それが大事なのだと思います☆
【2007/09/24 00:54】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
こんばんわー。

親しい人たちと飲んだりすると、不思議となんか安心して時間を過ごせますよね。
気が紛れて不安が無くなるというか、なんか「気がそれて」純粋に楽しめているというか。

そしてどんなに心優しくて、相手の気持ちを察してあげようとしている人でも、残念な事に「この辛さ」は経験しないとわからないでしょう。
現に自分がそうでしたからね。(汗
【2007/09/23 21:38】 URL | tomo #-[ 編集]
>Bulb様
こんにちはー。
私も携帯メールもほとんどしてません・・・

「しなきゃいけない」っていうのが辛いんですよね。
相手の些細な言動を悪いほうにとって傷付いてしまったり。
ウツウツの時はほんとどうしようもないっす。
【2007/09/23 16:01】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>stars様
こちらこそお久しぶりです。
なかなかそちらにコメントできずにすみません。
5位、おめでとうございます☆

ウツウツの時は、超マイナス思考なんですよね・・・・
私もなるべくしてウツになったと思ってますが、
今後は少しでも変えられていったらいいなーなんて思ってます。
【2007/09/23 15:59】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
メールを送ると言う単純な事でさえ構えてしまう。
正直しんどいですよね。
携帯メールも以前ほど出来なくなりました。
送ったらどんな返信が帰ってくるのだろう。。。
なんて考えるようになっちゃって…
【2007/09/23 03:18】 URL | Bulb #-[ 編集]
おしさしぶりです。

私のブログもとうとう5位になりました。

いろいろと教えて頂き感謝でいっぱいです。

私も、超マイナス思考です。

いつもマイナスを想定しながら行動して

います。

だから、すごく疲れます。

そして、うつになりました。

なすべきして うつ になったのかも

しれません。

うつ と 一生を を ともにしたいと

思っています。
【2007/09/23 02:38】 URL | stars #4iUGLb02[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://utsubiyori.blog109.fc2.com/tb.php/71-8f4fdd42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。