スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
親孝行 -今私にできること-
明日、また東京に戻る。

病院の為ではなく、伯母が出張にいくから。
伯母の家の猫は、前にも書いたように病気で、
だから伯母がいないときは誰かが病院に連れてって、
そして朝晩と薬を飲ませなければならないのだ。
(また散らかってる家に帰るのかと思うと憂鬱なんだけど。笑)


実家にいて、毎日何をするわけでもなく、
ただ昼寝したり、ダラダラしたり無為に過ごしているのだけれど。
それでも
夕方、母が夕食の支度をしてる音が聞こえると、
なんだかとてもホッとしたり、
両親とくだらない話をして笑ったり。
やっぱり実家はサンクチュアリ。


ちょっと落ち込んだときに母と話をすると、
なんだか気分も上がって、
「あぁ、私は大丈夫」って思えたり。



つい先日、昔の話をしていて、母が言った。

 「お母さん、子供が欲しくて欲しくてね。
  毎月生理が来るとガッカリして、
  子供出来たってわかった時は本当に嬉しかった。
  だからicoは本当に望まれて産まれてきた子なんだよ。

  ●●(弟)は、ちょっと早まったかなー
  失敗したかなーって思ったんだけど。笑」


その後、私は隠れて泣いた。
心の中には嬉しさと少しの申し訳なさがあった。

多分、母がいなかったら、私はもうこの世にはいないと思う。
今までも、そしてウツになってからも何度も母に助けられてきた。
母自身も、大変な思いをしながら生きてきたから、
だからこそ私にいつも的確なアドバイスを与えてくれ、
私を守ってくれるのだろう。



母は、私が幼い頃とても厳しかった。
でも、母はいつも自分のことより私と弟を優先してくれてた。
むかーし、我が家が貧しかった頃、
自分のモノは何一つ買わずに、いつも私たちにしてくれた。

私が幼稚園の時も、少しでも毎日が楽しいように、
持ち物一つ一つに気を遣い考え、
お弁当も工夫してくれて。

仕事が忙しくても、疲れていても、
いつも気に掛けてくれて、面倒見てくれて、

高校の頃は、毎日お弁当作ってくれて。


大学生になって、たまに実家に帰ると、
「交通費」と言って、お小遣いをくれた。

私が一人で海外に旅に出ると言っても、反対したことは一度も無かった。
 「みんなには内緒ね」
そういって餞別をくれた。

留学するときも、そう。
 「海外で、お金ないと余計に寂しいし辛いでしょ」
そういって、私にお小遣いをくれた。


今は、母だって体調が良くないのに、
それなのに私のことばかり心配してくれる。

だからこそ、今私がこうしていること申し訳なさがあって。

 「申し訳ないって思う必要なんてどこにもない」
と言ってくれるけど。
それでも、申し訳なく思ってしまう。



だから、親孝行しなきゃって。

「親孝行、したいときに親は無し」
なんて言うから、できる時にしなきゃって。

初めてお給料が出たとき、父と母にそれぞれお小遣いをあげた。
二人とも、とても喜んでた。

そういえばいつだったか、
母の誕生日に、弟と割り勘でCOACHの財布を買ってあげたことがあった。
母は泣いていた。


「親孝行をしようと思った時点で、もうすでに親孝行が始まっている」
昨日、そんなコメントを頂いたけど、
私の親孝行はまだまだ足りない。


一色まことさんの漫画「出直しといで!」の中で、

 「子供は3歳までに十分親孝行しちゃうんだ。」

って台詞があるんだけど(うる覚えですが)
私は、3歳までに親孝行したのかな。
でもその後の迷惑のが大きいよね。

だから、親孝行するから、元気で待っててね。

今は、

 「私が元気になること。
  どんな小さな楽しみでもいいから何か見つけて、
  楽しく生きていること」


それが最大の親孝行だと思う。

心配ばかりでごめんね。早く元気になるね。


     アンデスの母子
               ボリビアにて。砂漠で出会ったアンデスの母子。

スポンサーサイト

テーマ:家族・身内 - ジャンル:心と身体

【2007/10/03 04:43】 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(10)
<<溢れたコップ  20 | ホーム | 溢れたコップ  19>>
コメント
>蜩様
こんにちは。
お久しぶりです☆

母は私の応援団長なんです。笑
とても大きく、強く、たくましく、そして優しいです。
私にとって、とても大事な存在です。

大人向きの絵本、いいですね。
私もたまに絵本読みますよ☆
今度お邪魔させていただきます♪
【2007/10/04 13:12】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
お久ぶりです。
とっても素敵なお母様ですね。世界最強の味方じゃないですか!
私の母はもういませんケド、読んでいて同じだなぁと思いました。母は優しく、強く、大きいです!

9月から親子でブログ始めました。
私も素直になろうと思いまして、くだらないことばかり書いていますけど、気晴らしに良かったら寄って下さい。大人向きの絵本も紹介してます。お力になればいいのですが…
【2007/10/04 12:50】 URL | 蜩 #-[ 編集]
>yukki様
こんばんは。

>その感謝の気持ちは持っているだけで親孝行ですよ。。生きているだけで親孝行なんだと思います。

そうあって欲しいと願っています。
今は何もしてあげられなくて、迷惑ばかりなので・・・苦笑
なによりも、元気になることですよね。
うん。早く病気が治るといいな~☆
【2007/10/04 02:47】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>tomo様
4年半もアメリカにいらっしゃったんですか~
ってことは英語ペラペラ??
うらやましいです・・・・
私はあまり英語できないので・・・・。苦笑
【2007/10/04 02:38】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
私が両親への感謝というものが出てきたのは、社会人になってからでした。
それまでは何かと父親に反発していたんです。
しかし、32歳になった今、心の底から両親の無条件の愛を感じます。
だからこその感謝の気持ちというのは自然に出てきますね。。
その感謝の気持ちは持っているだけで親孝行ですよ。。生きているだけで親孝行なんだと思います。
【2007/10/03 19:47】 URL | yukki #-[ 編集]
一日に二度も失礼します(汗)
一応4年半程米国のニュージャージー州に住んでました。
この経験があったから、今の大学にいれて、今の自分があるといえる位のものでした。
いつかまた生きてるうちに一度は、第ニの故郷に帰りたいなあとは思っています☆
まあ、お金はないんですけどね。。。
【2007/10/03 15:18】 URL | tomo #-[ 編集]
>tomo様
こんにちは~
いやいや、tomoさんのコメントは結構救われた感じで嬉しかったですよ。
ありがとうございます☆
やっぱり、元気でいること、これが一番の親孝行だと思います。
ところでtomoさんって、帰国子女だったんですね。
【2007/10/03 14:52】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
>Buib様
こんにちは。
ゴルフは小さな楽しみになりつつあるのですが・・・・
まだまだですね。苦笑
自分のためにも、両親のためにも、
元気になれるよう頑張ります☆
【2007/10/03 14:49】 URL | 管理人 #WCSj23LI[ 編集]
おはようございますicoさん。
なんか僕の一言で変に考えさせてしまいましたかね。
どうもすいません。。。

僕も親孝行しなきゃなあとは思うものの、今はとにかく元気に病気を治して、安心させてあげるのが一番の親孝行かな、と思ってます。
家はなにぶん母もうつ病でして、いつも二人で「どうしようもないねー」とか言いながら慰めあってます。(笑)

そしていつも思うんですが、本当にicoさん、世界中いろいろな所行ったんですね。
僕は昔アメリカに住んでいたので、アメリカ以外行ったこと無いんですが、その行動力に感服です☆
【2007/10/03 09:05】 URL | tomo #-[ 編集]
icoさん
小さな楽しみでも、大きな楽しみでも早く見つかるといいですね♪
きっとお母様も喜んでくれるはず☆
【2007/10/03 05:23】 URL | Bulb #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://utsubiyori.blog109.fc2.com/tb.php/83-7ba051b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うつ日和。


「うつ病、パニック発作」から脱却。日々のことや旅のことなど徒然に・・・

profile

ico

Author: ico
age:33
大学時代はバックパッカー。卒業後海外留学。
日本へ帰国後、半年程の"留学ニート"を経て就職。
ところが働き始めて2ヶ月が経った頃、鬱病と診断されました・・・
パニック発作も起こしつつ、なんとか2ヶ月耐えて働くも、ついに休職。
そして追い出され退職。
周囲の協力の下、なんとか這い上がったはずなのに、気付けばオーバー30、フリーター。
歳は崖っぷち、人生は壁だらけの四面楚歌・・・
でもね、悲観はしてない。
没关系,慢慢儿走!


*お願い*
管理人のココロの健康の為、誹謗・中傷等はご遠慮願います。また当ブログの記事・写真等の無断転載、転用を禁止します。リンクもご連絡頂いた上でお願い致します。


ご訪問どうもありがとうございます☆ お気軽にコメント&メールを頂けると嬉しいです。
さらに ↓ のブログランキングをクリックして頂けると、より一層管理人が喜びます。(笑)

blog ranking

ブログランキングに参加中!皆様のクリックが励みです。1日1クリックお願いします☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
FC2ブログランキング
rankingバナー

ご協力ありがとうございます!

recent articles

recent comments

archive

category

with photographs

写真と共に載せた記事です。カテゴリー「写真」には入れていません。写真を見たい方は、こちらからもどうぞ。

・the taj mahal (India)
・麦わら帽子 (Guatemala)
・純真 (Honduras)
・ダージリンの夜明け (India)
・秋葉原の夜 (Tokyo)
・歓喜 (India)
・Marlboro man (Honduras)
・お昼寝 (Mexico)
・標識 (Canada)
・チチカカ湖 (Peru)
・アンデスの母子 (Bolivia)
・菜の花畑 (China)
・夕暮れのグアナファト (Mexico)
・姉弟 (Peru)
・車窓から (Chile)
・Budda (Nepal)
・Stand by me (Bolivia)
・廃線 (Bolivia)
・弟 (Peru)
・お爺さんとドーナツ (Mexico)
・小休息 (China)
・古代インカの壁 (Peru)
・並び雲 (Bolivia)
・ステンドグラス (Spain)
・父子 (India)
・お母さん (Mexico)
・アマンタニ島から (Peru)
・母なる河、ガンガー (India)
・夕暮れのグァナファト (Mexico)
・リスボンの大通り (Portogal)
・冬のナイアガラ (Canada)
・リスボンの夕暮れ (Portogal)
・コパカバーナ (Bolivia)
・ジェロニモス修道院 (Portogal)
・乗馬 (Peru)
・メキシコの車窓から (Mexico)

注 : タイトルは記事タイトルではなく、写真のタイトルです。

counter

since 2007.8.28

RSS-feed

links

このブログをリンクに追加する

 

search in the blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。